新たな被害を出さないためにも、早期解決で被害を最小限に!闇金からの取立を止めさせます!最短1日でご家族や職場に知られずに迅速に解決させます。闇金問題解決、090金融解決、事業者ローン解決!闇金に強い弁護士が対応します。

闇金相談!ヤミ金取立止めさせます!専用フリーダイヤルへ相談無料

728x90.jpg
320x100.jpg

闇金問題相談 大阪

大阪って街金業者がとても多いイメージがします。

ナニワ金融道という金融のドラマのロケ地でも有名になっているだけあって
さすがは大阪
それだけ貸金業者も溢れ返っている事なんだと思います。

善人からお金を借りられれば苦労はしませんが
やはり金貸しが多いとされている大阪でも無登録の闇金は活動している模様です。

やはり闇金の被害者は全国何処にでもいると思って良いのかもしれません。

知らない番号から電話がかかってきたら電話を簡単に出ない事をおすすめしたい所ですが
万が一それでも電話に応答したり闇金と接触してしまったような場合

大阪の闇金問題解決どころとしてかもめ司法書士事務所という所がありました。
大阪の地域密着型で相談出来る所で面談は3回まで無料のようでした。

ヤミ金被害者が真っ先に出来る事はそれは"相談"だと思います。

大阪にはいちょうの会という多重債務や貧困者の救出をサポートするヤミ金対策団体も健在していたりしますので
合わせて検討してみるのも良いでしょう。

ここは借金解消として債務整理の特定調停による解決をオススメしている所としても印象的でしたが
ヤミ金の問題なども随時サポートしてくれる団体なので一度ホームページをご確認してみると良いでしょう。

又はヤミ金相談所として国民生活センターなどもあり
ヤミ金被害相談の受け付けを随時行っている模様。

直接ヤミ金問題解決をしてくれるわけではありませんが
解決方法を考えくれたり案内する役目を担っていると言っておいても良いでしょう。

敷居が高くて事務所に行けない
又は司法書士や弁護士などへ相談が出来ないといったような人へおすすめ出来るサポートセンターとなります。

又法テラスのサポート・ダイヤルをご利用する事でもオペレーターが法的トラブルの解決案、悩み、わからない事の質問などに対応してくれているようでしたので
自分の出来る方法からまずはヤミ金相談をまずは実行すると良いです。

サポートセンター関係ならば直接会わずに相談が出来るので
ヤミ金が怖くて一歩も外へ出られない人にとっても安心して相談出来る事だと思います。

誰にも話さないでヤミ金と戦う事は無謀に近いと言っても良く
ヤミ金からお金を借りた以上は怖がらない気持ちを随時持って余裕に構えておく為にも相談をしてヤミ金の解決方法を知っておく必要性があります。

自分一人で考え続けても正解がわからなかったり
判断を誤まって余計に被害が酷くなる事だってあるのではないでしょうか?

ヤミ金の借金が払えないなら無理はしないでいいんです
だからと言って逃げていいというわけではありません。

ヤミ金の借金は返さなくていい
ヤミ金は怖がらないでいい
ヤミ金とは話さないでいい

でも逃げるな。

ヤミ金って結局一人では立ち向かえないんですよね。

でも弁護士などの力をうまく借りてヤミ金問題からは決して逃げないで
相談してちゃんと解決するからこそ全て丸く収まるんだと言いたいです。

被害者被害者と言いながらも一度でも地域又はインターネットなどでヤミ金の携帯サイト、PCサイトなどからヤミ金利用してしまった前科がある以上
借り手も違法と言えば違法なのです。

ヤミ金だと知らなかったから
知らないうちに被害に遭っていたから
だから被害者という見解も決して間違いではありませんが

例え少額であったにせよヤミ金からお金を借りたらもう犯罪だという事になると思います。

それ位の罪意識は持ってても良いと思います。

インターネットならばすぐにヤミ金を検索して意図的にお金借りる事も可能でしょう
しかし甘く見ていたりヤミ金を軽い気持ちで利用などすれば人生を狂わせたり、恐喝、脅迫、返済の嵐などに見舞われる事だってあるんです。

あげくの果てには元の生活も出来なくなるという情況にまで陥れば
自分の人生はなんだったのかという事になるでしょう。

これ以上苦しむ位なら死んでやる・・・。
大抵の追い込まれた人が捨て台詞的に言うものだったりしますよね。

卑屈になったり皮肉めいてしまうと
つい投げやりにそう言ってしまうものは仕方のない事なのかもしれません。

しかしそういう事を言う前にまずはヤミ金被害につくづく追い詰められた人ならば
"相談"で一時を乗り越える所から一歩踏み出してみる事が大事だったりします。

相談第一です。

今後のヤミ金への逆転劇もそこから始まるといったものなのではないでしょうか?

 

このカテゴリには記事がありません。

320x100.jpg
160x600.jpg