闇金のことは闇金専門弁護士へ

闇金と言えば、怖い人が取立に来たり、近所にビラを貼ったり、借金返済を執拗に追いかけ回すイメージがあります。恐怖心を煽り、人間の極限に達するほどとことん追い詰める非道な手口がTV番組などでも放映されることがあります。

しかし、あれは現実のものです。そんな闇金に手を付けてしまった方は、今すぐ弁護士に相談をしましょう。とは言っても、実は全ての弁護士が闇金対策ができるものではなく、闇金専門弁護士が存在しています。必ずそのようなところへ迅速に相談することです。

違法な闇金に対しては、素人が相手できるものではありません。意外なことですが、そこで弁護士が入ることにより話し合いで解決することが多いのです。もともと違法な利息で返済を迫っていますから、普通の債務整理などは通用しません。それは、闇金も弁護士も分かっていることです。

闇金解決で弁護士が行うことと言えば、闇金の行為自体をやめさせることです。たまたま相談に来た方については、弁護士である自分が介入してしまったことで、今後の活動が不利になってしまう。今の状態が続くことで、自分たちがデメリットになってしまうのではないか?ということを説得するのです。

そして、闇金解決で弁護士が入った場合、もっと怖いのが仕返しですが、基本的にこれは一切ないと言われています。弁護士が介入してしまった事案に関しては、手を付けないことが多いです。今後の闇金活動に支障が出てしまうことで、次のターゲットを見つけることから、闇金から無事に解放されるということです。

一度弁護士に相談をすると、後は関わることなく弁護士報告を待つだけです。ただし、返済額が返ってくるかどうかについての保証はありません。そのようなことは基本的に求めず、とにかく闇金と縁を切る事ができる、それが弁護士にできる最大のメリットといえます。

多重債務でどこからも借り入れができなくなったときに、たまたま闇金から借りたお金が100倍以上の利息の請求をされた。そんな話はゴロゴロとしています。闇金専門弁護士では、そのような相手に対して、一切手を引いて、かかわらないことを約束させることができます。

闇金被害に遭っている方は、とにかく今すぐ取立をやめさせてほしい、それだけでも安心と思っている方が多いですが、弁護士に依頼するとそれが可能になります。

無法地帯の闇金と戦うのは

闇金は、普通の消費者金融と大きく違う点が2つあります。

  1. 金利の上限がない
  2. 人権を無視した違法な取立を行う

です。

現在、消費者金融などの貸金業者では、最高20%の金利が決められています。それ以上は違法ですが、闇金は無関係です。貸付のときにはすぐに対応(審査などなし)、超高金利を平気で取立た上に、完済させないで永遠に返済を迫ってきます。

闇金の看板を掲げ、そこに借り入れを申し込んでくるのは飛んで火に入る夏の虫です。誰もが違法だとわかっているのに、ここしか借りられるところはないと判断をした方が闇金に手を出すのです。

もちろん高い金利の条件も飲んだ上での話ですが、一度入ったら蟻地獄。普通は逃げ出すことができないのです。法律的に言えば、しっかりと利息も返済しているけれど、闇金はそんな決まりはありません。

ある意味、闇金に捕まったと言うよりは自ら借りに行く方が多いです。町でお金を配っているわけではなく、自分がどこの消費者金融等からの借り入れができないことの後ろめたさから、闇金にいく方も多いのが現実です。だからこそ、誰にも相談ができず1人で悩んでいることが多いのです。

最初は高い金利でも払えている間は良いでしょう。しかし、金利はエスカレートしていき、改めて自分が闇金の恐ろしさを知るのですが、その時にはもう遅いのです。隣近所に迷惑をかかる取立があったり、犯罪者まがいな行為に悩まされることになります。ですので、そのきっかけを作ったのも多重債務で苦しむ自分なのです。

そのような方を救えるのは、法律事務所などでの闇金専属対策チームや、闇金対応の弁護士の存在です。警察に被害届を出しても無駄ですが、弁護士なら闇金と戦うことができます。

警察は実際の事件が起きない限り動けませんが、弁護士は法律を盾に説得に入ります。その説得の技は、闇金経営を揺るがすものであり、闇金にとっての恐怖と言われています。

闇金では、もし本人が返済できないときには、実家の父親や家族に執拗に返済を迫ります。口ぶりはTV番組などでおなじみの怖いものですが、あまりの恐怖心で親が立替えてしまうこともあります。なので、そんなことになる前に必ず闇金専門の弁護士に解決してもらうことです。

自分が起こした罪の一つですから、必ず解決しなければならない、それには弁護士の力が絶対に必要なのです。

闇金は暴力団?


正規消費者金融以外の貸金業者は全て闇金と思って良いでしょう。お金を人に貸して経営している金融機関は必ず金融庁に届け出を出しています。そこは、金利や取立などの決まりを守っている業者の集まりです。それをしていないのは闇金融であり、不当な儲けで経営しています。

こうした闇金融はネットワークを持っていて、たまたま借りに来た客に対して、その情報を闇金融ネットワークに流します。よく闇金融などに連絡をしたら、急にスパムメールなどが増えるのはこの影響です。ネギを担いだカモ状態となり、貸し金誘いがきます。また、債務整理後も同じで、金利の低い貸し金がありますよとの勧誘スパムメールが一気に増えます。

ところで、闇金は暴力団とつながりがあるのでしょうか?存在自体暴力団そのものですが、TV番組などで見かけた場合でも、◯◯暴力団という名称はありません。しかし、申込者のリスト共有などのつながりも否定できないとされています。警察は暴力団に対しても、事件が起きなければ何もできないことから、闇金経営にしても同じです。

暴力団かどうかについてあまり関係ないことですが、少なくとも一般人が利用する金融機関ではないことは確かです。マスメディアなどで言われているように、暴力団は非道な方法で一般市民を苦しめる存在です。その一つが闇金だと言っても良いのですが、もし、間違って利用することがあれば、すぐに弁護士に相談をしてください。

10万円の借金なのに、100万円の返済を迫られて、職場や隣近所にも迷惑がかかっています。こんなことは闇金では当たり前のことです。どこからも借りることができない方が、やっとの思いでも闇金で10万円借り入れをしたというのに、100万円の返済は馬鹿げたことです。しかし、それが闇金の手口であり、返済できないときにはどんなことだってしてしまうのです。

弁護士は闇金に対して非道な取立をやめさせるだけではなく、取引自体を中断させることができます。もうこの方法しか、闇金から抜け出す事はできないと言っても良いでしょう。警察に行ってもムダです。隣近所に詫びをいれて、すぐに弁護士に依頼をすることです。

相手は暴力団ですから、普通の方では太刀打ちできませんし、時には傷つけられてしまうこともあり、生命の危険という恐怖感も味わうことになります。

ソフト闇金とは?


闇金は恐ろしい存在ですが、最近ソフト闇金と言う業者が目立ってきました。ホームページにも、我が社はソフト闇金であり闇金ではありませんとあります。しかし、ここも闇金です。

ソフトの意味は、不当な金利の幅が少し低いだけで、正規消費者金融などの最高20%は遥かに超えています。ですから、ここで借りたとしても返済は大変になります。

審査らしいものはなく、誰でも貸します的な宣伝をしていますが、一度申込をすると闇金スパムメールの山になります。ただし、取立などはあまり激しくないのが特徴です。職場や隣近所への迷惑は少ないですが、1日中鳴り響く携帯電話や電話口での強い口調はヤクザそのものです。

ソフト闇金の存在では、小口融資が専門です。あまり高くない金額を貸し付けるのですが、高い金利と言っても闇金のような無謀はしません。ですから、頑張れば返済できてしまうことから、利用してしまう方も多いです。

問題なく借金返済ができてしまうのも問題なのですが、やはり高い金利で悩まされている場合は取立なども厳しくなっていくようです。ソフト闇金も正規消費者金融ではなく、貸金業は違法行為です。ですから、弁護士に相談することで、解決することが考えられます。

現在、正規消費者金融などで多重債務などを行い、審査の甘い正規消費者金融でも断られたときにソフト闇金にいく方が増えていると言います。どう考えても、今現金を手にしたとしても、返済ができないから正規消費者金融の審査に落ちる現実を見ていないと考えられます。

ただし、債務整理後等のブラックリストは、別問題です。働いていることでお金はあるけれど、単に借りられないと言う場合、借入先がソフト闇金だけになってしまうと言われています。

闇金では10万円借りて100万円の返済だとしたら、ソフト闇金では10万円借りて50万円程度の返済の金利の高さです。しかし、ブラックリストにしてみれば、ここで借りれるのであればとすがりつく方も少なくありませんが、結局返済できずに悩むことになるケースが多いです。

闇金に対して、国も力を入れて取締などを強化していますが、根本的に借りたい人がいる限りなくならないということです。ソフト闇金の存在は、そんな証明とも言えることでしょう。

借りたい人がいるから経営してる、ソフト闇金で助かった人も大勢居るんだ、そんなことを言う方もいますが、あながち間違いではないということが大きな問題となっているのではないでしょうか?

ウシジマくんとミナミの帝王は本物?


漫画や映画にもなった闇金ウシジマくん。あの世界は漫画だけではないと言う方も多いです。取立や貸付方法などを演技で行っているとは言え、基本的には内容は合致しているとされています。

怖いよね?と笑える方は良いのですが、ほんとうの闇金の姿を忠実に描いているとしたら、闇金には手を出さないと思う方が多いと思います。借金の教訓としては、良い映画であり、あれが現実だと思って正解です。

ミナミの帝王は、以前マスメディアにも取り上げられた漫画ですが、ドラマとしてTV番組もありました。法律問題にも詳しく、リアリティあふれる内容ですが、あれもほぼ現実ニあるものだと思って良いでしょう。特に闇金の構造も知ることができ、法律をかいくぐった貸金業としての話や取立なども現実にあることです。

ともに作り話しだと笑い飛ばす方もいますが、闇金経験者はまさしくあの世界でもっとエグい部分もあるということです。一応、闇金を借りたいと本気で思っている方は、ウシジマくんとミナミの帝王は一度確認をしてから、考えてみましょう。

すでに闇金地獄にはまっている方は、今すぐ抜け出す方法を考えましょう。闇金は借金返済がゴールではありません。正規消費者金融は完済した時点で終わるのですが、闇金は完済がないのです。ということは、一生くっついてきてしまう、抜け出せないのです。

しかし、闇金専属対策チームである弁護士などに依頼をすると、闇金と手が切れます。警察は相手にならないですし、普通の弁護士もダメです。必ず闇金専用の弁護士に依頼をしなければ解決できません。

そして、もし今借金がたくさんある上、まだお金を必要としている方は、そこお金を借りないことです。返済しなくてはならないものがあるのに、まだ借りると言うのはおかしなことだと気がつくことです。ですが、どうしようもなく返済もできないのなら、この時は普通の弁護士に債務整理の相談にいくことです。

闇金の相談は闇金専門弁護士ですが、正規消費者金融などの借金相談は普通の弁護士でOKです。そして、絶対に正規消費者金融からの借り入れはしないことです。必要としているお金の解決で借りるのではなく、まずは返済しなければならない部分の解決から考えることが大切です。

闇金に絶対に手を付けないことが大切です。正規消費者金融でダメだったから、ソフト闇金や闇金で借りようと言う安易さが一番のガンなのです。