妹がヤミ金にひっかかって悩んでいる


どうしても支払いの返済をしなければいけないという妹が、延滞をすればブラックになってしまうとの理由から、大手の金融の支払いの為に止むを得ず、街金だと思ってキャッシングを利用していたそうです。

しかし、知らず知らずヤミ金に手を出してしまったという事で、それを知ったお姉さんによると、妹曰く取引した後でヤミ金と発覚した為、気付いた時は契約されていて手遅れだったそうです。一度お金を借りてしまっている以上、執拗に追いかけられたりしないかどうかや、妹本人以外の被害なども考えると、いてもたってもいられない状態となりますよね。

妹はヤミ金とわかった後に弁護士へ無料相談の予約をしたようですが、ヤミ金に対して契約する手続きの際に、実家の電話や父とお姉さんの番号なども伝えている為、いつ脅迫が来るかを考えると夜も眠れない程だそうで、ヤミ金に対してどう対応すれば良いのかを非常に困惑されていた模様です。

これに対しての強きアドバイスとして、番号を変えるとのご意見がありましたが、姉妹共に連絡先を変えたとしても実家を突き止められる可能性があるでしょう。ですので、こういった場合には、弁護士に相談しつつ警察にも通報する手段を取りましょう。何かあってからでは遅いと思いますし、事態は深刻だと思うので、この場合先手を打っておく必要があるのだと考えられます。

結果としては、弁護士さんがこの後の対応はしてくれるようで、電話は出なくて良いとの事でしたが、姉妹さんとその家族のその後が心配な所ですね。

普通にお金を借りたつもりがヤミ金だった


利用した金融機関が大手では無かった為か、凄く低層の部類のタチの悪い会社と遭遇してしまったようです。本人曰く、一度お金を借りるだけの関係のはずだったのに、しつこく対応してくる業者のようです。

二万だけ借りて返済日に返して終わりとの事だったのですが、借金完済以後も口座に、保証料を差し引いた一万五千円が勝手に振り込まれたらしいのです。そのお金を一旦下ろしたものの怖くて使えず、再度返済日に同額振り込んだそうです。すると、利子が足りないし返済金額が足りないと、カマをかけてきたそうで、これにはびっくりされたようです。

ヤミ金が法外な利息を取るとは、正にこの事を言うのでしょうか。一方的にお金を振り込んで、払えもしない利息を上乗せして請求してくるのです。そして、それからしつこく10件以上の罵声の留守電と着信履歴で、本人も相当参っていたとの事です。

仕方なく相談センターに問い合わせた所、このヤミ金に直接交渉してくれたみたいでした。これで終わったと思いきや、その後又しつこく電話がかかってきていたみたいです。相手方は違法団体だから心配しなくて良いとは言われたものの、こればかりでは身が持たないという現状で、振込めば終わるのか無視しておいて良いものなのか、大変苦悩する状態に陥ってしまいます。

ヤミ金に一度関わってしまうと、腐れ縁といいますかなかなか切っても切れない関係となってしまうのです。なので、一番良い相談所は「法テラス」となります。ここは債務整理なども対応してくれる所なのですが、ヤミ金被害に悩む方の多くもここへ相談されております。

ヤミ金を断ち切るのであれば怯えるだけではだめだと思いますし、やはりここは法的に手を打つべきなのかもしれません。

パチンコが止めれずヤミ金に手を出してしまう


自己破産経験者であるにも関わらず、パチンコにお金を注ぎ込んでは負けて、一文無しを繰り返されている事に反省はしているものの、ギャンブルから抜け出せないで悩んでいる30歳半ばの女性がおります。

普段の仕事は普通にしているらしく、パチンコさえしなければ生活はそれ程苦しくはならないとの事でしたが、どうしてもパチンコをしてしまうと悩んでおられました。しかし、お金も好きなだけ使える現状ではないようで、一度の破産経験者という事もあって、母が厳しく本人の口座を管理されているようなのです。お金に関しては良い大人なのですが、小遣い制のようです。

本人曰く、精神的ストレスからのギャンブル依存症かもしれないと言うことです。そして、父も自己破産をされていたみたいで、鬱になってパチンコ依存症になったらしいのですが、自分もそうなるのではないかと心配されておりました。今は普通に仕事は出来ているが、とうとう親に管理されて小遣いの足りない分をヤミ金で借りてまで、パチンコを打ってしまうまでとなっているようです。

ちなみに、ヤミ金は数年前法律事務所で解決してもらっている為、今の借金はゼロだという事です。さすがに母の貯金には手は出していないようでしたが、日に日にギャンブル依存は悪化しているようなのです。

同じように、もう一度ヤミ金に借りるかもしれないと考えると不安でたまらないようで、親孝行するべき年齢に達しているこんな自分は一体どうすればとの訴えであります。

これに対して、ギャンブル依存はやはり病気の一種だと捉えるべきとの事で、病院に行って暫くは賭け事をしないで、自宅と会社の往復をされてみてはとのご支援の声がありました。こういう人こそ今後において多重債務の可能性が実に高いですし、ヤミ金の操り人形となる可能性が高いですからね。

後に取り返しのつかない大惨事を招く前に一刻も早く病院に通って、心のケアをしていきながら健全な生活を取り戻してほしいというものです。

ヤクザからお金を借りてしまった理由


お金に困っていた時期もあったのか、会社の同僚にヤクザ経由でお金を借りるかと言われて、頷いた数日後に簡単に紹介されたそうなのです。

そして、200万円という大金を即金で貸してもらったそうなのですが、札束に目が眩んだバチとも言うべくそれからが大変だったとの事で、利息が月に二割近い金利で苦しかったようです。

他にも、普通の大手金融で300万借りているそうなのですが、これでは毎月の均等な返済の見込みなんてあったもんじゃありません。なので、司法書士に相談を持ちかけてみました所、債務整理又は自己破産を余儀なくすすめられてしまったとの事でした。

しかし、今は特にヤミ金からの借金で悩んでいるようで、司法書士にこれを言うも警察へすぐ通報して下さいと言われたみたいですね。この方には妻子と子供いたのですが、これを機に離婚をする羽目となってしまったようです。

ヤミ金に手を出した時点で人生が終わったも同然です。自業自得の反省も空しく、こんな結果となってしまったわけなのですが、まだ人生を諦めたくないと思っている気持ちもあるみたいで、これを機に逆に人生やり直ししたいとの事でした。

警察に相談すれば、ヤクザから解放されるかどうか知りたがっていたようですが、確かに警察への相談が優先的ですよね。ヤクザが絡んでいるという点で、もはや一人で太刀打ち出来る相手では無くなっている為、警察に後は任せるべきなのかもしれません。

一番怖いのは警察に通報後、何らかの報復があるかもしれない件です。結果がどうであれ警察に言わなければ、どちらにしてもリスクはゼロにはならないという事のご指摘もあります。さらに、最終的には強制的に全てチャラにする為に自己破産をして、ヤミ金諸共踏み倒すしか方法が無いとも言われております。

確かに自己破産をすれば取れるお金も取れなくなるわけですし、ヤミ金も責めようがありません。今回のような状況においては、本人のやり直したい思いも考えると、自己破産によって救われる事があるのかもしれませんね。

ヤミ金をチャラにする為に自己破産


自己破産は、払えないし抱えきれない程の借金をされている方の最後の救いとも言えるでしょう。ある人は、ヤミ金のしつこい取立て請求から解放されたくて、自己破産を検討されているそうです。

ヤミ金に対して出来る我々の行動はこの二つしかありません。

  • 自己破産
  • 無視
  • 無視をするというのは確かに一番良いのですが、因縁をつけてくるといいますか、時間があればすぐにでもやって来る気がしてなりません。

    そして、放置しておいた分、周囲に迷惑がかかってしまうのも明らかでしょう。そうなってくると、本人の無視は周囲に対しての被害を招く恐れがある為、これではヤミ金の問題は解決しないという事となります。

    では、残された手段である自己破産しか無いという事となりますよね。勿論、警察が取り締まってくれたり、相談センターが解決してくれそうならそれに祈るのみとなりますが、思ったようにいかない事もあるかもしれません。相手が相手ですから、ヤミ金は本当に手ごわいと考えられます。

    実際、自己破産をされた人の意見によれば、自分がいつ殺されるかわからない位追い詰められていて自己破産をしたというのです。官報に載ったり、以後のお金の貸し借りの支障も命には変えれないものがあるとのご意見で、思い切って自己破産をされる事を強く推薦されておりました。

    しつこく追いかけてくるヤミ金を一瞬で黙らせる事が出来る為、自己破産はかなり効果的との事です。ヤミ金以外にも借金があれば、多重債務からも開放されて一石二鳥でしょう。

    この件に関しては、命や周囲の安全も考えると自己破産で解決するべきかもしれません。勿論、ヤミ金だけの借金であれば払う必要もないのですが、もしご自身が多重債務などで苦しんでいた場合に限っては、迷い無く自己破産するべき時なのかもしれませんね。