闇金でこんな被害に遭っていたら即相談

闇金に騙されたり脅迫されているような方々は、このままずっと相手の要求に答え続けて我慢していても、きっと何も変わらない事だと思います。

今すぐに被害を止めたいのであれば、法律事務所に相談する以外で他に良い方法はないでしょう。それでも、まだそこまで被害に遭ってないとか、一回目の返済日が来てないから実際の闇金被害にまだ遭っていない人もいるかもしれません。そのような中でも、闇金の代表的な手口を知っておく事が出来れば、これに該当した時が法律事務所への相談するタイミングの目安になると思っておく事が出来ます。

では、一体闇金の手口ってどんなものが流行っているのでしょうか?まずは、会社名を大手金融と思わせる名前でお金を貸すといった具合です。大手らしい名前だから安心と思っていたら、全然安心出来る業者じゃない場合があります。ですので、会社名がそのように聞こえても勘違いしないようにされて下さい。しかし、これは諸段階の事ですので、まだ闇金被害の前兆程度となります。

次に、お金を借りた後の被害としては、返済日に指定口座を教えないまま業者とも連絡がつかない状態にしておき、その翌日に入金されていないと一点張りで、高い利子を付け完済出来ないように仕組みます。

こうならないようにする為にも、闇金からお金を借りてはいけません。と言っても、お金を借りる前でも被害に遭う事もあるようで、闇金での一応の審査を終えた後に違法金利だからと相手との契約を拒否すると、審査時に教えた個人情報などから家族、職場へ嫌がらせ行為をするぞと脅迫されたり、キャンセル料なども支払わせるという大変極悪な手口もあります。

他にも、デリバリーサービスなどで明らかに食べきれない注文が自宅に送られてきたり、押し貸しと言って闇金業者同士が個人情報を転売し合って、身に覚えのない振込みをして勝手に利息をつけて返済請求してくる手口などもあるのです。

闇金被害は誰にでも突然に起こり得るものなので、これらに該当される方が一人でもいましたら、法律事務所への相談をしましょう。これ無くして何も変わらず、明るい未来はやって来ないという事となるでしょう。