闇金とは(ヤミ金の意味)

闇金は、今の時代なら知らないという人もそんなに多くないと思います。そんな中でも実は今現在、無知でお金を借りて被害に遭っている人がいるのです。

闇金というものは、ほぼ無審査で簡単にお金を貸してくれる反面、借入後は違法金利や違法請求、迷惑行為を連発してくる悪徳貸金業者となっています。更に貸金業登録を行っていないので、正規の消費者金融ではありません。

法律自体に逆らって業務を勝手に進めている為、存在自体が正に無法地帯と言っても良い程身勝手な集団なのです。出資法の制限を越える金利を平気で払わせたり、勝手な返済ルールを作るなどしてお金を借りた人の人生を狂わせます。

闇金の動き方の特徴としては、官報に掲載されている破産者へ何度もダイレクトメールを送ったり、携帯電話などによる勧誘をしてくる事が多いようです。その他公衆電話、電柱などの道中の対象物に違法広告を貼り付けて、お金に困った人を誘導するパターンなどがあります。

闇金は主に会社がありませんので、固定電話を構えていません。代わりに、携帯電話(090金融)で活動している事が多いのも特徴です。お金を仮に貸してもらえたとしても、小口での貸し付けがほとんとで、その後は高金利で返済するだけが精一杯となる事が確実といえるでしょう。あるいは、逆にお金を振り込ませておいて、お金自体は貸さない融資詐欺も有名です。

どうしてもお金が借りたいからと、闇金に手を出して人生を失敗する人が多くいますが、はじめから闇金からお金を借りる位であれば死ぬ気で働いたり、周囲に必死に頼み込むという事をした方がご自身の為だと思います。

闇金の被害者の中には、いくらお金を借りても闇金は違法だから返済しなくてもいいんだと、軽はずみに手を出す人もいるようですが、結局お金を返さなくて良いにしても被害に遭ってしまっては大変危険です。司法書士や弁護士の力など無くして立ち向かえる相手でもありませんので、出来る事ならば闇金の利用は一切しない方が身の為です。