そもそも闇金とは?その手口とは?


闇金の利用者は、債務整理ができません。これは、出資法や利息制限法に違反をして利息を法外な者にして貸付を行っている業者です。

また、貸金業法で必ず義務とされている登録をせず、違法な業務をしているところです。一応、出資法の定めである20%の金利を破ると刑事罰がありますが、そのようなことも無視した業務をしているのです。

債務整理は、この法律に基づき利息軽減などをするのですが、闇金はその法律に準じた業務ではないため、債務整理もできないのです。国では、わかっているだけの闇金情報も公開しています。

あるいは、正規貸金業者、事務所なども登録番号とともに公開していますから、お金を借りたい方は確認して見ると良いでしょう。まるでお金を貸すところではなく、法外な利息でお金を無心するところという立ち位置の闇金。弁護士や司法書士も太刀打ちできない場合、警察ですら対応しきれないとされています。

主な手口としてこれらがあります。

090金融

貸金業者は、必ず固定電話が存在します。
以前は電話ボックスに携帯電話のチラシが貼られていましたが、今はホームページなどで集客しています。その時の連絡先が携帯電話しかない場合は危険です。

トイチ金融

これは、東京都に登録をしているように装う偽の登録番号を「都(1)」としている金融業者です。登録番号もあるのですが、実は出資法無視の高い利息が特徴です。
あやしいと思ったら、事務所が正規貸金業者なのかを確認してください。

口座買い取り業者

闇金に連絡してしまう方は、ブラックリストの方が多いです。
どこからも借入ができないとわかると、あなたの銀行の口座を高いお金で買い取りしてくれると誘ってきます。これは、犯罪に使用する架空口座のためで、これに引っかかるとあなたも犯罪の加担者になってしまいます。

携帯電話詐欺商法

個人間融資などでよく聞かれることです。
お金を貸しますという掲示板で連絡をすると、あなたのブラックリストを解消するために、携帯電話の契約をした実績=積めば良いと言われます。

言われるままに携帯電話の契約をして、その代金を支払う形で対応するのですが、携帯電話契約後、何も連絡がきません。あなたは、携帯電話の支払いを続けなくてはならないことに。最近、よく見かける詐欺です。

このように闇金と行ってもさまざまな手法があり、全て巧みな話術で迫ってきます。
もし、縁した相手が闇金だと分かったら、必ず闇金対応の弁護士事務所に相談に行きましょう。同時に警察にも連絡をして、必ず解決できるよう働きかけるのです。
何もしないで泣き寝入りだけは絶対にしないことです。

闇金相談は弁護士に


もし闇金に手を出してしまったときには、警察に連絡をすることですが、同時に弁護士にも相談をしてください。CMも行っているネームバリューのあるところのホームページでは、闇金に対する手段が記載されていまし、弁護士事務所などの質問でも弁護士回答で、様々な方法で解決策が書かれています。

闇金でありながら、一番嫌な事は自身が逮捕されること、摘発されることです。もし違法であることが弁護士などにバレて、法的な手段が入ることで、ヤミ金行為が完了してしまう事もあるようです。

そんなに簡単に解決ができた?という解決事例もありますから、すぐにでも弁護士に相談をしてください。また、弁護士の中には闇金専門も力強い味方もいて、債務整理の依頼を断られる場合、最初からこのような弁護士に行くことも最良な方法です。

ただ、闇金を利用する方の中には、その事自体を隠してしまう方もいます。家族や勤務先に多大な迷惑をかけてしまうとか、なんとか自力で解決しなくては、何と言っても自分がこんなことをしてしまって、責められたら、なんて言うことを考える方も少なくありません。

しかし、闇金に手を出した時点でまわりに迷惑をかけることになります。無事に返済をしたとしても、元金+利息20%以上は、単なる寄付をしているようなものです。それも強制的にあなたから取れないとわかると、家族にも請求が行くのです。

ですから、高い利息、しつこい取立など本来の貸金業者以上の行為がある時点で、弁護士や司法書士に相談に行きましょう。弁護士は、まずは取立をやめるように働きかけます。そこからはびた一文払わないで済みます。警察だけでは、なかなか動いてくれないので、必ず弁護士に話しをして、あとは経過を待ちます。普通の債務整理とは違い時間もかかることですが、必ず解決してくれると信じるしかないでしょう。

有名法律事務所などは、威信をかけて取り組んでくれることでしょう。また、普通の借金相談とは違う形になるため、報酬も高くなってしまう事もありますが、それは仕方ないことです。闇金と縁が切れないということは、その先の人生に関わる重大事項ですから、多少の高い報酬だとしても最後まで戦ってもらうことです。

弁護士に連絡をしたあとは、闇金との付き合いはなくなります。
こうして、安心した生活を取り戻すことができます。

闇金弁護士事務所の存在 きっと解決してくれる


消費者金融等からの借入ができている間は、返済ができなくなってしまったときには、債務整理ができます。

債務整理は、任意整理や自己破産などの方法がありますが、もし債務者からの申し立てがあった場合、返済軽減のための方法を考えてくれます。もし、自分でできない場合には、弁護士に相談することが解決します。

しかし、返済金の中に闇金業者があるとしたら、対応は変わってきます。普通の債務整理ではない方策を取ることになりますが、これは自力では絶対にできないことで、弁護士に必ず依頼をしてください。

◯◯という金融会社からの借入がありますと言った途端、依頼を断る弁護士回答もありますが、そんなときにはホームページなどで闇金専門のところを探してください。弁護士や司法書士の中には、借金相談をすると言いながら、闇金があると忙しいからと断る方もいます。それだけ大変だということですが、地方に行くほど腰抜け弁護士は多いです。全国対応の弁護士の場合、どこからでも相談を受け付けています。

闇金に対しては、債務整理をする必要がないと断言する弁護士もいます。法律に則った貸金をしていないことから、必要以上の返済は無用とはっきりいう頼もしい文言が書かれているホームページなどもあります。是非このような弁護士になら、闇金被害を解決してくれることでしょう。

解決事例なども多くありますが、闇金に手を出してしまったと気がつくことが必要ですが、ネームバリューのない消費者金融であっても、闇金ではないことが多いです。ただ、法律で貸金の金利は20%までと定められているのに、それ以上の要求がある場合は、絶対に怪しいです。

年率20%が境になっているのですが、それ以上の利息は違反行為ですが、闇金は堂々とトイチ、10日で10%などという要求をしてきます。それをしないと、携帯電話に1日中かけてきて取立をしたり、大量のFAX、家族や勤務先まで取立を行う完全な違法行為が続きます。

それをやめさせるためには弁護士の力がどうしても必要です。特に、闇金専門の弁護士の場合、解決法を心得ているため、資金回収も期待できるかもしれません。

ただ、多くの弁護士の解決例では、闇金と縁を切ることだけが精一杯の内容も多いですが、それだけでも十分と言えるでしょう。必ず解決ができますから、闇金を使ってしまったと思ったら、弁護士事務所と警察に即連絡をしてください。

個人間融資は危険な行為 闇金がうようよしている


個人間融資をご存知ですか?消費者金融や銀行カードローンで借入ができない方などで、審査が全くないとされる個人が、お金を貸してくれるというものですが、ここは闇金ばかりがいると言われています。

審査に通らないブラックリストは、どこの消費者金融でも相手にしてくれません。信用情報で信用がないので、お金が必要としている方は、信用情報が関係ない個人間融資でなんとか融資をしてもらおうと連絡をします。

とても親切に対応してくれる相手も、徐々に本性を見せてくると、実は闇金業者の事はとても多いです。闇金としては、待っているだけで連絡がくるのですから、個人間融資は集客手段として最高です。

ここでは、口座買い取り詐欺、携帯電話詐欺なども横行していて、いずれも自分が犯罪に加担してしまうほど恐ろしい事に巻き込まれることがあります。最初はとても紳士的ですから、自分や家族の事を話してしまい、会社の電話番号なども告げて、身の上をばらしてしまうことで、全て闇金の思うがままです。

ここで1万円ほど借りたとしたら、その先何十万円、何百万円という支払いをしなくてはならない運命になってしまうのです。恐ろしい返済悲劇が待ち受けています。

どうしてもお金が必要で、仕方なく個人間融資に連絡をしてしまう方もいるでしょう。しかし、相手がおかしい奴、闇金かもしれないと思ったら、すぐに警察と弁護士事務所に連絡をしてください。警察は正直すぐには動きませんが、話しは聞いてくれます。

そして、犯罪に加担をしていないかなどを調べますが、どうしてそんなところからお金を借りたの?と叱られることもあるようです。弁護士は具体的な行動を始めてくれます。そこで、弁護士に言われる事は、「これから絶対にお金を返さないでください。安心してください。解決できます」です。

もし、この言葉がない弁護士事務所は当てになりません。弁護士に依頼をしたら、たいてい取立は止まります。もちろんそのまま返済も無視して、銀行口座の解約しなければなりません。要するに、闇金と金銭面で縁を切ります。取立も弁護士からの交渉が始まると何もなくなります、

しかし、ここからが精神的にも辛いところです。すでにトラウマになっている場合もありますが、あとは弁護士に任せるだけです。弁護士に言われるままに生活をしていれば、闇金問題は必ず解決できます。

闇金に手を出した人たちへ


債務整理は、借金相談の中でも最終手段の一つですが、自分が契約をした内容を書き換えることです。支払いができない状態になったので、なんとかしてくださいというものです。

金融業者としては、それが法律で定められた方法で訴えられれば従うしかないのです。その変わりに債務整理をした方は、しばらく金融業者からの出入り禁止のペナルティを受けます。個人信用情報機関に債務整理の報告が行き、俗に言うブラックリストです。

闇金はそんなブラックリストに対して、ここならお金を借りることができるよ、個人信用情報機関なんか関係ないよと誘ってきます。そこでまともに物事が考えられるのなら、いやいやそんなところは危ないと思いましょう。

どうしてもお金が必要であり、1万円でも良いから貸してくれるのであれば、なんとか返せるからとフラフラと闇金で借りてしまう方もいます。そして、何と言っても審査がない、個人信用情報機関は無関係というところに惹かれるようです。

ここで大切な事があります。法律が無関係なところでお金を借りるということはどういうことか?債務整理は法律で定められていることですから、闇金では通用しないことが分かります。

ということは、返済ができない自体になった時にどうしたら良いか?永遠に支払いを続けるしかないということになります。えっ?だって1万円しか借りていないから、せいぜい2万か3万円の返済じゃダメなの?闇金では、そんな事は通用しない世界なのです。多分、ずっとずっとお金を返済していくことになります、何かと理由を付けられて。

ブラックリストは、あなたは消費者金融でお金を借りられない人というレッテルがあるために、闇金では簡単に借りやすいと考えてしまいます。それは大きな間違いであり、ペナルティがある間は貸金をしてはいけないのです。お金を借りない生活をすべきで意識改革をしなければならないのです。

それができずに、ブラックリストでも借りられることを考えていると、到達点は当然闇金になります。それは身の破滅を表します。

そんな方に対して、闇金専門弁護士は立ち上がってくれます。ブラックリストであろうと、警察が動かなかろうと、借入と法律で決められた利息だけを支払ったあとの取立をストップさせてくれます。

闇金では自宅や携帯電話、会社などの電話番号を知らせているので、不当な取立が続いたり、勤務先に乗り込んでくることもあるでしょう。それらを徹底的にやめさせることができるのが弁護士です。詐欺商法、口座買い取り業者、不法な携帯電話契約などの悪質な犯罪にも巻き込まれることもありますが、全て弁護士が解決してくれることでしょう。

そこで言われるのは、二度と闇金とはかかわらないことです。絶対に返済をしない、怖がらないこと。そして、ブラックリストは年月が経てば消えてしまうことですから、しばらく待つことです。そうして、闇金問題が解決した時、お金を借りる重要性を認識することが大切です。それがわからずにいると、再び闇金に行ってしまう方もいるようです。