闇金は所詮タダの違法業者

闇金からお金を借りる人はまるで奴隷のように扱われ、毎週返済を要求してくるといったものです。それが例え何かの間違いだったとしても、闇金からお金を借りているという現実は変わりませんからね。

自己破産をしてブラックになれば、ローンが組めずお金を借りる宛も失った。多重債務者であれば返済に追われ追われで、つなぎ融資が必要となるといった事かもしれません。こういう時に闇金が、さぞかし優しく手を差し伸べてくれた事でしょう。

ただ、お金を借りる時は仏に見えても、お金を借りた後に闇金が鬼となるのもの正に定番です。どんなに簡単にお金を貸してくれたといっても、肝心の返済日に返せないという一言で、鬼モードONとなるのが闇金なのです。

それからは精神的に辛い日々が続き、法律ギリギリ寸前の手段を使ってまで借金を回収してくる事でしょう。闇金による取り立ての電話などは、自宅だけでなくご自身の携帯電話にもかかってきたり、職場への嫌がらせ、実家への嫌がらせなど好き勝手に暴れてくれる事だと思います。しかし、いつまでも幼稚な行動に振り回されていてはこれを止めない限り明日はありません。

結局の所、闇金は違法業者です。善人はいなかったという事になるのだと思います。こんな闇金に対して真っ先に取るべく手段は法的対処です。弁護士への無料相談が、ご自身の心も精神も救ってくれる第一歩という事になるでしょう。出来るだけ二度と同じような過ちを犯さず、闇金からお金を借りないと決意してから、弁護士へご相談される事をおすすめ致します。