闇金の金利

通常の大手の消費者金融であれば、大体が17%前後で銀行ならば14%前後です。そして、これは金融業界においての金利のお話となります。つまり、出資法の制限を越える金利での取引は全て違法となっておりますので、実質20%以上の利息は取ってはいけないという法律が実在致します。

本来であれば、20%以下の金利でお取引をするのが消費者金融や銀行となっております。けれど、これを当たり前のように打ち破る非常識な闇金がいたりするのです。

闇金では20%以上の金利は当たり前で、おかまいなしです。更には違法業者ですので、法的な事一切無視で暴利でお金を貸したり、有り得ない返済期限で借り手を苦しめる事でしょう。

一番有名なのがトイチという仕組みで、50000円借りたとしたら10日後に1割の利子がつき、5000円が利息となります。消費者金融であれば実質年率20%と考えましても、10日で273円程となります。トイチだと5000円で、消費者金融なら273円ですので、明らかに闇金が違法に利息を奪っているかがわかりますよね。

今の時代ともなってくるとこれが更に進化して、トニ、トサン、トヨン、トゴと更に闇金の金利は異常化していたりします。仮に、トサンで50000円を借りたとすれば、10日にはなんと65000円の返済となりますね。さらに、これがトヨン、トゴとなってるだけで身に震えを感じずにはいられない事だと思います。

一時期流行っていたトイチでさえ可愛い金利と思えてしまう程、今ではそれ以上の違法暴利となっているのです。しかも、大体が小口融資なので、闇金じゃなくても頑張ればその分を作る事は可能ですよね。

闇金を利用したら更に進化した違法な金利に泣く事になります。これは立派な犯罪となっているので、闇金相手にまともに払うだけ損だという事を知っておきましょう。