ファクタリングについては闇金も参入している

ファクタリングについては、最近話題が多くなっています。その理由は、事業資金の調達方法としてかつては大企業相手のものですが、中小企業や個人事業主にも適用できるようになったからです。

国が推奨する資金調達手段?

あるファクタリングの情報では、国でも中小企業が簡単に資金調達ができるとされる内容があります。それは、融資とは違うことでは返済義務がない。融資審査がない。売掛債権があれば、債権から手数料を引いただけで、現金化が可能になる。

売掛債権と言えば、取引企業からの回収を待たずに現金化が叶うことになります。資金調達したい方にとっては、売り上げがすぐに現金になる点と返済不要の点では、多くの資金繰りに悩む事業者には嬉しい対応です。

国で推奨しているかは不明ですが、売掛債権の現金化が中小企業も個人事業主もできることでは、融資以外の資金調達手段としては、ありがたいものです。

融資ではない

ここが肝心です。売掛債権を買取現金化。それができるファクタリング会社では、独自の審査体制で売掛債権を買い取ってくれることになります。

債権譲渡をすることになります。そして、ファクタリングの儲けとして、手数料を徴収します。100%の売掛債権の現金ではない点では、ある程度仕方のない手数料です。その手数料の点でファクタリングの良し悪しが決まります。

例えば、融資の場合は利息制限法で上限が20%と決まっています。ところが、ファクタリングの場合は、手数料上限が決まっていません。100万円の売掛債権がある場合、A社では30%、B社では20%という手数料の違いが出てきます。しかも、その提示が審査次第というのですから、手数料に関しては闇になっています。

そこで台頭するのは

最近、闇金ターゲットがファクタリングであるとの口コミが横行しています。

現に、ネームバリューがあるファクタリング会社で訴えられた。ファクタリングによって高い手数料が徴収された。ファクタリングは融資ではないはずなのに、毎月返済の形で高い金利が取られたなどの口コミがたくさん出回っています。

そこで、どうやらファクタリングの業界には多くの闇金が参入していて、高い手数料徴収などを行っているとの情報があります。

ファクタリングの情報は、最近多くなっています。中小企業も個人事業主も健全なファクタリングでの資金調達をするためには、ファクタリングが闇金に遭わないよう注意が必要です。口コミもありますが、事前にファクタリング会社のリサーチを徹底的に行うことが必須でしょう。

ファクタリングの支払いが毎月あるというのはおかしい

ファクタリングの契約をしたけれど、毎月の支払いが大変です。その契約はファクタリングではありません。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、事業者が持つ売掛債権を現金化できるものです。

例えば、今月の売り上げとして100万円あるとします。売掛債権として、それぞれの取引企業に請求をしていますが、支払いは翌月払いなどです。この方法は一般的です。

ファクタリングでは、その売掛債権を買い取って、100万円の現金に換えることができます。その際に債権譲渡を行い、100万円の中から一定の手数料を差し引きます。この手数料はファクタリング会社の儲けです。そして、残った現金を手にして、実際の取引企業からの回収金をファクタリング会社に渡します。

それで、ファクタリングは完了です。ですから、支払いというのはないはずです。しかも、毎月と言えば融資です。

実は、回収金の支払いができなかった

ファクタリングでは、融資ができない金融事故がある事業者などの利用が多いです。そこで、ファクタリングでの現金を使い切り、売掛債権の回収金を使い込む場合もあります。それは完全な違反です。

しかし、一部のファクタリングではそれもOKとする場合があります。その時に、毎月の返済に高い金利をかけるというもの。いつまにか融資の形になっていますが、契約書もないといういい加減なものです。

こんな話はとても危ない

この形は、闇金ファクタリングの仕業です。経営が危ない、ブラックリスト事業者に対して、回収金の分割OKと言ってきます。

とてもありがたい内容ですが、とんでもない金利になっていたり、全てが闇金内容のビジネスローンになっていることがあります。

そもそもファクタリングでは、回収金の分割などは認められるものではなく、申込者も違反です。あくまでも、回収金は100%のファクタリング会社の支払うものです。その自覚がなければうかつに利用ができないでしょう。

逮捕者もあり

ファクタリングでは、闇金がこうした分割対応で高い金利で闇金行為をしている場合が多いです。逮捕者もいますが、実は申込者の台所事情ょうまく利用した行為です。

100万円の売掛債権ですでに高い手数料をとっている。その上、一括返済は良いからと高い金利の分割で、100万円の売掛債権では1000万円以上の支払い請求を受ける場合もあります。

どうしても苦しい事業資金の中で、ファクタリングでの現金化を狙う。しかし、回収金の支払いをきちんとできないときのこうした甘い誘いには乗らないことです。取引企業からの売掛債権の回収金はきちんと返すことができないのであれば、ファクタリングもしないほうが良い場合もあります。

闇金ファクタリングの手口

最近の闇金の活躍の場はファクタリングだという情報があります。

金融業者として認定されていない闇金は、個人間融資掲示板サイトで不当キャッシングをしたり、公式サイトを作り堂々とキャッシングをしています。新開拓地としてのファクタリングでも、巧妙な形で事業者に迫っています。

ファクタリングについて

事業者が持つ売掛債権を現金化できるサービスです。個人事業主でも請求書があれば、手数料を差し引いて現金化ができます。

最近では、全てネットで行うことができるファクタリングもあります。手数料が取られるのですが、それも公式サイトで明記しているファクタリングもあります。上限手数料が不明なファクタリングとしては画期的な動きです。

ファクタリングの審査

審査では、申込者の内容ではなく、売掛債権の支払いを行う取引企業の信用情報が肝心です。ですから、ファクタリング申込者では融資ができない金融事故がある事業者も資金調達ができます。

融資では審査に通らない金融事故があるとしても、ファクタリングでは自身の信用情報は問われないことになります。しかも、個人事業主対応のファクタリングもあり、どうしても今欲しいキャッシュフローをファクタリングで実現ができます。

闇金の手法

第一に手数料がとても高いです。ファクタリングの手数料の法律はありません。せいぜい高くて25%程度と相場がありますが、中には上限で20%をきる場合もあります。

ところが、あるファクタリングでは、50%近い手数料もあります。しかも、売掛債権通知書も勝手に取引企業に送るなどと脅迫するケースもあります。

100万円の売掛債権で50万円のキャッシュフロー。あまりにも詐欺に近いのですが、それが巧妙な説明だったり、事業者の足元を見て判断してしまう場合もあります。

やはり、とても事業が危ないと判断されたときには、ファクタリングも断れる場合があります。そうした事業者に対してうちでは対応しますが、多少高い手数料ですという内容です。闇金のトークでは、ブラックリスト事業者などは簡単に騙されることも少なくないといいます。

法律がないこと

融資のように法律がないことと、どちらかというと売掛債権の譲渡という取引企業には知られたくないという弱みを見せることになります。

そして、融資ができない事業者に対しての騙しの申込に対しては、高い手数料だけではなくその後の支払いでも文句をつけることがあります。

宣伝は素晴らしい

ファクタリングでは大小のサイトがあります。とても宣伝が良い。低い手数料だったり、うますぎるファクタリングには要注意です。

最近のファクタリングでは、口コミもありますので、ぜひ参考にして、絶対に闇金ファクタリングには申込しないことです。

知らないで闇金ファクタリングに引っかかっていた?

ファクタリングの中には、売掛債権を担保にして貸金をしている場合があります。これは、貸金業であり、本来のファクタリングとは違います。

契約書の見方もわからない

ファクタリングと融資は違います。

ファクタリングの契約書と言えば、売掛債権の譲渡の内容。額面から手数料の差し引いた現金の支払いがあること。また、売掛債権の金額回収に関しては、期日までのファクタリング会社に入金すること。手数料の額、事務料金などもありますが、売掛債権の譲渡で、支払いの入金で完結という内容です。

ところが、売掛債権担保での貸金となると、取引企業からの回収したとしても、まだ金利の支払いがあるとか、最初から分割の支払いなどの明記があります。

うちが申込をしたファクタリングでは契約書もあるから大丈夫という場合でも、実はファクタリングの内容ではなく、ファクタリング担保貸付になってしまっている場合があります。

取引企業からの回収金の支払いをしたけれど、いつまでもファクタリングの請求が来たときに、契約書では貸し付けになっていたとの事実もあります。

ファクタリングの内容をきちんと確認を

こうした貸金業の差し替えでは、完全な違反です。そうして、このようないい加減な契約書を作成するのは、ほぼファクタリング闇金の仕業です。貸金業法としての登録金融業者でもない場合、こうした行為は禁止されています。

最近では、ファクタリングではこうした闇金行為があちこちで展開しています。おかしいなと思ったときには、弁護士などにすぐに相談してください。

売掛債権がお金になる

ファクタリングの勘違いとして、回収日を待たずに売掛債権がお金に変わるという口コミもあります。確かに間違ったことではありませんが、審査もあり、ファクタリング会社としての信用と申込者に対しても回収金の100%支払いという義務も生じます。

ネームバリューのあるファクタリング会社の逮捕劇だったり、実はものすごい高い手数料をとっているという闇金ファクタリングも横行していると言います。ファクタリング会社も大小ありますが、最近の口コミだったり、情報サイトでの確認は必須です。

売掛先には言わないで行うことができるファクタリングです。どうしても資金調達手段として、融資ができないブラックリストにはありがたいのです。

だからこそ、闇金が目を付けている。所在不明での闇金のファクタリングには要注意です。必ず口コミ評判があり、それなりの実績があるファクタリング会社の選択が不可欠でしょう。

こんなファクタリングは闇金?

闇金らしいというファクタリングの見分け方はあります。

手数料の数字が不明

これは、正規のファクタリングでも不明です。最低手数料は5%~という提示がとても多いです。

この5%のファクタリングというのは、売掛先の企業も巻き込んだ3社間ファクタリングの場合で、なおかつ売掛先が確かな企業のときで、なかなかありません。そうして上限手数料がない場合も多いです。

新規でのファクタリング会社では、たいてい上限手数料も提示があります。その数字があるほど、安心して申込ができます。

契約書がない

最近でこそインターネット対応の申込ができます。しかし、それでも契約書がデータ上でもあるはずです。

そこには、ファクタリング会社の概要がありますが、それもなく住所も電話番号もないというファクタリング会社もあります。これは完全な闇金対応です。インターネット完結と言ったファクタリングでも、契約書もあります。

また、公式サイトで即日対応とありますが、それでも順序だててファクタリングをしていくことになります。それも簡単なものであり、契約書もなく、急いで高い手数料でのファクタリングをしているところは危ないです。売掛先に勝手に債権譲渡通知書を送ったりという会社もあります。

闇金では、債権譲渡も二重でファクタリングをしたり、申込者だけではなく、取引先にも迷惑がかかる行為もあります。

2社間ファクタリングでは、取引企業には知られないで行うのですが、脅迫のように、取引企業にバラすというようなあくどい手段もあります。高い手数料だけではなく、こうした汚い手段も行うことで、多くのお金を手にしようとする闇金もいます。

いつのまにか融資

ファクタリングのはずが、分割対応になっていたり、返済の請求をする。

もし、ファクタリング会社で貸金業者であれば、別の契約書で対応することができます。その際には別の契約になります。ファクタリングではなく、売掛債権担保という融資もあります。

闇金ファクタリングでは、そうした金融業者でもなく、最初のファクタリングとして貸付の契約にしてしまうことがあります。担保融資では上限金利20%になっていますが、闇金ではもっと高い金利請求だったり、そもそも融資ができないのに勝手に行う場合もあります。

闇金には気をつけて

闇金はファクタリングの業界に大きく参入しています。条件が良いファクタリングもありますが、口コミもないファクタリングの場合は、申し込みはしないことです。もともとは資金調達手段の一つですが、ファクタリングしたいときには、きちんとした会社選択が不可欠です。

売掛債権は、大切なキャッシュフローになります。少ない手数料ほどよいのですが、宣伝文句などで騙されないことです。