どんな借金でも困ったら相談ができる

 
もし借金した業者がおかしいと思ったときには、どんなことでも第三者に相談して下さい。

これは、ネームバリューのある消費者金融でも良いです。相談先としては、弁護士、法律事務所などです。

弁護士は敷居が高いかも?

普通、弁護士というと、世間ではセンセイと言われる立場の方です。しかし、本来は庶民の大きな味方であり、最近では債務相談なども無料で行っているところはとても多いです。

この弁護士などの債務相談とは、債務整理の事が多いのですが、おかしな借金、取り立て、そして闇金ではないかな?という相談も安心して行って良いのです。

自治体で言うと、消費者センター、役所の福祉課でも対応しています。これらの公共機関では、然るべき法律家に対応する事になります。それが結果的に法律事務所への相談ができることになります。

おかしな融資相談とは?

融資、キャッシングなどでは、貸金業法、銀行法の法律下で行われることになります。ですから、弁護士だけではなく、司法書士でも正しいアドバイスができます。

ネームバリューがある大手消費者金融、中小消費者金融などでは、法律違反をする事が極めて少ないのですが、闇金被害に関しては法律がないキャッシングです。何かの機会で闇金で借りてしまった、闇金に関わったときにこそ、こうした相談をしていくことが必要です。

困った融資

キャッシングについては、自身で何が闇金なのかを確認して行う事が必要です。

多重債務者などでは、消費者金融の審査に通らないので、インターネットのホームページにある誰でも借りれるとされるホームページで借りたい方も多いでしょう。そこは知らない金融業者だけど、そんなところもある。その金融業者の情報も入手しないで、ホームページの勧誘に乗ってしまって、闇金から借入してしまう事があります。

このとき、自分が申込してしまったからとか、説得されてしまったから、弁護士に言うなと言われた方もいます。しかし、もともとキャッシング融資では、法律下で行っていないことそのものが違反です。

自分で申込をしたとしても、借りてしまったとしても、法律を違反してキャッシングであれば堂々と解決が出来ます。それが、闇金と交渉ができるのが、弁護士や司法書士になります。法律違反で貸金しているから、そんな交渉をすることで、それ以上の返済も困った借金問題を解決する事が出来ます。

確かに、自分が申込はしました。それは罪ではなく、貸金している事事態が闇金の大きな罪になります。ですから、困った借金の場合は、弁護士や司法書士などに相談して下さい。

そのときに、消費者金融として名乗っている場合でも良いです。どんな借金でも困った事があれば、どんな事でも相談が出来ます。

債務専門の弁護士には何でも相談できる

債務を専門としている弁護士や司法書士、法律事務所では、主に債務整理を担当することが多いです。その中で、うちは闇金対応しているところがあります。

闇金の金融業者

闇金とは、金融業者として世間で認められていません。

どんな金融業者でも、金融庁に登録して認められている事が必要です。それは法律を厳守する事で、審査体制があり借りれる事になります。その代わり、利息制限法で20%までの金利設定での貸付をします。

法律で認められている消費者金融では、審査があり、最大金利が20%です。その範囲内での貸金しても良いとされています。ところが闇金は、審査もなく、金利も好き勝手に設定をします。

それだけではない

消費者金融では、もし返済をしない契約者に対しては最低限の請求しかできません。それが、常識的な時間の請求、勤務先には行かない。

契約者本人だけの請求であり、同居している家族にさえ請求することがありません。早朝、夜中の電話もなく、自宅に行き、取り立てすることもありません。これも法律で決められていますが、闇金では返済しない事実があると、24時間電話がなりっぱなし、自宅に取り立て、勤務先にも電話が来ますし、嫌がらせがとにかくすごい内容です。

メールアドレスにスパムメールがくるというだけではなく、勤務先のFAXが壊れるくらい送信していくという事もあります。上記の事は、全て法律違反です。

警察に訴える?

警察としても闇金行為は許すことができないことです。しかし、事件化にならないと動く事ができないので、闇金対応には頼りにならないでしょう。

そこで、やはり弁護士などの法律家です。どんな借金に関しても弁護士で、闇金対応しているのなら、どんな相談もできます。その根本としては、そんなに高い金利で返済をすることがないということです。

弁護士と闇金の交渉も対応しているので、こんな被害がある。闇金からキャッシングしてしまって、とにかく困っているという相談をして、解決依頼をするだけでも取り立てが止まる口コミはとにかく多いです。

依頼しなければならない事ですが、黙って闇金の言いなりになることはありません。それは、弁護士のホームページの弁護士回答であり、どんな闇金にも従うことはない。とにかく解決ができるので、すぐに電話を下さいという内容が多いです。

しかも、携帯電話からすぐに連絡ができますし、24時間対応している場合があります。すぐに相談に乗ってくれますので、取り立てが来ているので助けてという内容でも訴える事ができます。融資を受けたという場合でも大丈夫です。

闇金の嫌がらせに遭っていない気がするけれど

闇金は嫌がらせをします。この言い方は言い切っても良いのですが、少なくとも利息制限法20%以上の金利設定の時点で嫌がらせになります。それは、国内でキャッシングしたときには、金利21%にしたとき、20%以上の金利の支払いをしなくても良いわけです。

そんなことは言えない

闇金が怖いと口コミで多いのは、すごく高い金利の請求があるからです。

最近の口コミでは、1週間で30%、40%程度の金利設定になっています。これは、年率でいうと1000%以上の金利設定です。それでも、ブラックリストで消費者金融の審査に通らないので貸して下さいと言ってるのだから、仕方がないと思う人もいます。

それは、間違った事です。本当のことを言えば、消費者金融も甘い中小消費者金融の審査落ちの場合、借りようとしないで債務整理か正解です。

しかし、それができなくて、闇金、ソフトヤミ金に対して借入してしまうことになります。それはいけない事だとわかっていても、闇金で借りてしまうことがあります。

弁護士、司法書士に相談

はっきり言って、消費者金融の審査落ちで債務整理をしないで、訳のわからないホームページなどからキャッシングしてしまった時点で、そこが闇金と気がついたときに弁護士などに相談をしてください。

債務相談として無料のところもあります。キャッシングをしてしまった、高い金利を言われたけれど、そんなに高い返済をしなくてはならないのだろうか?そんな事でも大丈夫です。

弁護士、司法書士などでは適切なアドバイスをしてくれます。まだ返していないのであれば、その借りたキャッシング分はそのまま返して下さいという事で解決します。そのときに弁護士や司法書士が、介入する事で、闇金が退散してしまうでしょう。

借りたは良いけれど、高い金利の請求を受けた。その事実だけでも良いので、返していないとしても相談ができます。

僕が返さないと言っても

申込者が、そんな高い金利というのはおかしいだろうと闇金に対峙する事ができれば良いでしょう。それができないので、弁護士などに言ってもらう事が必要です。

そのときに、弁護士などの法律家はポイントを知っています。それで、高い金利の返済をしなくても良くなります。

被害としては、単に高い金利設定だけです。詐欺に遭ったわけでもなく、嫌がらせもされていません。しかし、このときに高い金利設定にされるだけでも大きな被害と思って下さい。消費者金融より高い金利ですが、それがおかしいと思うことです。

それでも高い金利で従うこともなく、弁護士相談で間に入ってもらう事が解決ができます。高い金利の設定、利息制限法21%以上は間違いなく闇金になります。

弁護士依頼したらお金がかかるしなぁ

闇金からの借入してしまったときには、とにかく相談をして下さい。弁護士や司法書士では、インターネットを通じてメール、電話でも対応しています。無料相談ができますが、依頼したのなら費用はかかります。

弁護士依頼はしたくない

消費者金融の審査落ちで、多重債務者、延滞遅滞者などはすぐに債務整理が必要な方は多いです。

それは面倒な手続きになりますし、放っておけば良い。そのようなブラックリストもいます。それも罪なことですが、審査がない闇金から借入してしまう、申込してしまう方もいます。

弁護士に相談は無料だけど、依頼では費用がかかるからしたくない方もいます。債務整理に対しても費用がかかりますので、自分でどうにしたら良いと思っている場合があります。

よく考えてみて

債務整理にしても闇金にしても、弁護士に依頼しなくても良いでしょう。債務整理では、債権者に交渉をして、裁判手続きも自分で行えば諸経費だけで済みます。

ただし、闇金の場合は、素人相手でつけあがるでしょう。多分、最初の段階で法外な金利であり、返さないと非常識な取り立てが続きます。債務者として他の返済もあったり、1万円借りて10万円以上の完済金額を求められる事もあります。

支払いができないと遅延損害金などもあり、返済額が膨れ上がる事も多いでしょう。多重債務者にとっては、地獄の日々です。しかし、弁護士に相談をすることで、こうした弁護士の横暴な対応を止める事ができると言います。それに対しての費用は、弁護士の仕事に対してのことです。

自分ではどうしようもないことも弁護士だから解決ができる。それに対しての報酬は当然です。

もともとは自ら闇金に借りた

闇金にしてみれば、申込者が貸してほしいというから貸した。それに対しての金利請求は当然だといいます。

弁護士は貸した行為、その法外な金利はおかしいのではないか?というところから攻めていくことになります。あなたが闇金に行く、危険な融資を受ける。それで助けてほしいというのだから、費用支払いは当然です。

闇金対応解決では1件5万円程度です。それが高いから弁護士や司法書士依頼しないで、毎日闇金からの取り立てにおびえてしまう。そんな人生はとんでもないことだと思いませんか?

債務整理できない多重債務者も、債権者からの請求が来ます。こちらは法律範囲内であり、債務整理をすることが解決ができます。

弁護士依頼では費用がかかります。債務整理では低収入では法テラスでの費用が低くなります。闇金に関しては、長期間の分割返済ができます。そして、闇金に申込してしまった自分の人生を取り戻すことができるとしたら、5万円程度で解決できるのなら良かったと思うでしょう。

ブラックリストで債務整理もしないで闇金で借りよう。これが間違った選択であり、もし間違った道に行けば、弁護士依頼での解決が理想です。

闇金に関わったら、すぐに解決を

闇金の問題では、様々な内容があります。

弁護士依頼で解決を

借金の場面で弁護士とか司法書士というのは、多重債務者、延滞遅滞者が返済ができない事でブラックリストになることがあります。

その解決としては、速やかに完済していくことです。それができないのなら、債務整理をすることです。そのときに自分で行う事もできますが、弁護士などに依頼をすることでスムーズに行う事ができます。

そして、闇金に借りてしまった、闇金からの被害があるときには、やはり闇金対応の弁護士に依頼して解決ができます。法律事務所で闇金に対して交渉ができるところでは、どんな闇金にも対決してくれることになります。

闇金のキャッシングでは、交渉ではなく対決という内容になります。

すでに被害として

高い金利請求、24時間の取り立てがある。

闇金に対しては、勤務先の情報提供だけではなく、緊急連絡先として家族や友人の情報提供も求められます。当然ここにも請求が行くことになり、それが24時間の電話の場合もあります。

勤務先にも嫌がらせが続くことがあります。返せ、返せということですが、返したとしても、イチャモンを付けられる事になります。

ほぼ犯罪

闇金はこうした嫌がらせを続けるのですが、法律違反であることは自覚しています。そこで、返せなくて困っている契約者に対して、弁護士などに言っても何もならないぞと言います。

警察は確かに解決ができないのですが、弁護士には知られたくないので、こうした脅しをしてきます。これは、弁護士が出てくることを嫌がっています。詐欺なども行っている場合があり、弁護士や司法書士は闇金の弱みを知っています。

そこで、どんな闇金の嫌がらせに対しては、弁護士などに相談して下さい。

基本の相談

あるホームページでキャッシングをしようと思ったのですが、1週間で30%の金利と言われました。その返済をしなくてはならないでしょうか?これだけでもOKです。1週間30%の金利というだけで被害になります。

もし支払いをしないのなら、執拗な取立てが続くのですが、その前段階の相談ができます。取り立てが始まった、嫌がらせがすごい。口座を買い取るからよこせ、携帯電話の契約したら、返済額を小さくする。全て法律違反であり、闇金被害になります。どんな事でもキャッシングで不審な事があれば、弁護士などに相談して下さい。

そのとき、弁護士などに行く事ができないときには、自治体の消費者センターなどに相談に行くことです。法的な手段が必要なら、法律家の紹介があります。
不安なことがあれば、即行動することです。