闇金からのお金は返済しなくても良いのだけど

闇金からお金を借りてはならない。これは法律で決まっているわけではありません。

貸金に関しては、どの金融業者でも自由に借りても良いです。

キャッシングは自己責任

キャッシングでは、消費者金融や銀行カードローンが一般的です。借入ができることでは、審査次第です。

消費者金融も銀行カードローンも貸金業法範囲内であり、利息制限法20%範囲内で借りれる。それ以上の金利がありませんが、総量規制では年収3分の一の借入になります。審査次第ですが、こうした法律の範囲内のキャッシングになります。

闇金では、悪徳業者だけではなく、このような法律は一切無視したキャッシングになります。高い金利だけではなく、貸金そのものが違反行為です。しかし、それをわかって申し込みをするのは自己責任ということです。

自己責任で行うのですが、闇金の中には理不尽な請求も多いです。嫌がらせもあり、不法な取り立ても平気で行うことがあります。ですが、それが自己責任においての借入ができることでは、基本的には自由なキャッシングです。

国内では、闇金では借りては危険です、ダメですよという啓発程度であり、実際インターネット上では闇金天国という部分もあります。そこで、法律事務所のサイトや弁護士、借入サイトでは闇金が危険だと啓発しているだけです。借りてはならないという法律はありません。

実際に借りている人も多い

貸金業法を守っていない貸金に関しては、返済をしなくても良い。これが法律です。

では、闇金に申し込みして貸金してもらい、返済しなくて借りパクは良いということ?それは、人道上では詐欺でしょう。しかし、実は闇金の貸金では違法であり、法律では返済不要です。

取り立てや嫌がらせに耐えられるのなら、あなたは闇金行為なので返しませんと言えるのなら、たいしたものです。事実上では、そうした行為ができますが、闇金の多くは個人情報を入手して、次々と嫌がらせもすることが多いです。

貸してほしいと言ったのはお前だろう。返さないというのは詐欺であり、おかしいだろうということですが、法律ではと名言しても法律行為としては正当です。

素人ではできないけれど

そこで、闇金対応の弁護士や司法書士の出番です。彼らなら、闇金の貸金が違法であり、返済義務がないことを伝えることができます。

そこで、闇金で借りてしまったときには、弁護士などに依頼して解決されることです。その多くは元金だけを返済して、この闇金キャッシングの事実をなかったことにすることです。

返さなくてよかったんじゃない?

確かに法律上ではそうなりますが、闇金としては弁護士が介入したときには、請求はしないけれど元金だけ返せと言います。そのほうが、その後の対応も良いでしょう。

闇金からお金をせしめたとしても、あまり良い気分ではないはずでしょう。

ブラックリストになったら債務整理ですが

 
銀行カードローンも消費者金融、楽天カードなどのクレジットカードでは個人信用情報機関で事故歴が多いと審査落ちです。

カード会社では、個人信用情報は重要なポイントです。そこで審査落ちが続くと、どうしたら良いのだろうと思うところです。自分がブラックリストになった時にはどうしたら良いのでしょう?

その多くが債務整理の提案

キャッシングができないほどの金融事故がある場合は、個人信用情報をきれいにすることが理想です。

金融事故をきれいにというのは、返済をすること。それができないときには、債務整理です。任意整理でも個人再生、自己破産では個人信用情報機関の金融事故の部分が解決できます。それで、再び申し込みができるとされています。

ところが、まだ借入先を探していると

闇金融にぶつかってしまうことがあります。

インターネット上にも、お金貸しますというサイトが多数あります。はっきり言って、消費者金融なのかもしれないと申し込みしてしまう方もいます。応募フォームも消費者金融のようですし、きれいなサイトでは騙されることがあります。

ちなみに、ブラックリストでも借りれるとされる消費者金融があります。中小消費者金融ですが、ここは大手消費者金融と同じ貸金法であり、登録機関です。闇金とは違います。

ここは闇金かも?

中小消費者金融にしても申し込み後では、担当者から話しが来ますが、どんなに借りたとしても金利が20%以上になることはありません。

そこで、なんだかわからないサイトで応募したときに、担当者が意味不明なことを言ったり、20%より高い金利設定では、必ず闇金です。闇金なのかわからないけれど、申し込みしてしまったときには、そのまま対応しないことです。

しかし、借りてしまったときには

すぐに闇金対応の弁護士などに連絡してください。電話で良いので、こうしたサイトの応募フォームに申し込みをしたけれど、どうしたら良い?ということです。

借りてしまったとしても、まだ返していない場合でも、この金融業者は中小消費者金融かと思ったけれど、実は闇金だった、怪しいという段階での相談でOKです。あとは、弁護士に従ってください。

キャッシング審査落ちでは道を間違えない

中小消費者金融などは、ネームバリューはありません。世間的には知られていないのですが、大手消費者金融審査落ちのブラックリストでも借りれる場合があります。

もし借りたい時には、きちんと確認が必要ですが、情報サイトが多数公開されていて、大丈夫という保障のもと、申し込みしてください。金利が20%以上行かないというのもポイントですが、中小消費者金融に関しては多数の口コミサイトがあります。

闇金とは異質であり、ここは危険と思ったら、すぐに弁護士などに相談ができます。

闇金トラブルの解決は闇金対応弁護士に相談して

最近良く耳にするのが、弁護士の仕事として債務整理の無料相談ができることです。債務専門とする弁護士や司法書士、法律事務所では、債務整理の代行ができます。そして、闇金対応という弁護士も存在しています。

闇金対応というと

弁護士の中には、債務整理の相手が闇金の場合は断る場合があります。そこで、闇金から貸金してしまったり、トラブルに遭っている時には、弁護士も闇金対応であることが必要です。

基本的に、闇金解決では電話だけで対応しています。直接弁護士と面談の必要もなく、電話やメールで無料相談ができます。債務整理も同様ですが、相談だけが無料であり解決の依頼したときには料金がかかります。

闇金解決では平均5~6万円程度です。お金の困った相談なので、基本的に分割対応です。

闇金のトラブルとは?

まずは闇金ですが、消費者金融のような法律の下のキャッシングではありません。大手消費者金融、中小消費者金融、街金でも貸金業法範囲内のキャッシングしかしていません。

そこに存在する審査ですが、個人信用情報機関の内容を確認した上で申し込み内容では返済能力を見ます。そこで債務が多い、とても返済ができそうもない時には容赦なく審査落ちです。

闇金では、この審査がありません。あるとしたら、勤務先を聞いて、在籍確認をする程度です。それもない場合があり、貸してほしいという申し込みに関しては、個人情報を集めて、高い金利のキャッシングを言われることになります。それがとても返済ができないとなると、嫌がらせや取り立てが激しくなります。

要するに、違法キャッシングを申しつける。消費者金融で借りれない人をカモにして、高い金利で脅迫しながら返済を迫るということです。

違法ですから

すべてが違法の闇金です。それを法律の観点から締め上げることができるのが、闇金対応の弁護士や司法書士です。

申し込みしてしまった人にしてみれば、嫌がらせも取り立ても恐怖そのものです。そこで、こんな闇金に自分が申し込みしてしまったということを無料で相談ができます。

基本的に高い金利のキャッシングでは返済不要になることもありますが、あとは弁護士の指示を待ちましょう。闇金のトラブルに関しては、早い方では即日で解決してしまう場合があります。

二度と闇金から借りない

甘い言葉で勧誘してくる闇金では、一度渡した個人情報で再び借りるように勧誘が来ます。弁護士を介入した時には、違う条件で言い寄ってきます。

そこで、多くの弁護士の提案では、闇金の貸し金で使った電話番号や口座を変えることです。これで、その後も被害を大きく少なくすることが可能です。

闇金から借りてはダメとは言うけれど

相手が闇金だとは知らなかった。消費者金融のようなサイトで、キャッシングを勧誘している場合があります。

思い余って申し込みしてところ、とんでもない金額の請求で驚くことがあります。どこにも闇金とは書いていなかったと言います。しかし、同時に消費者金融とも書いていなかったと思いますが。

最近の闇金は巧妙

闇金とはわからないようなサイトが多いです。

消費者金融審査落ちのブラックリストでは、借入先を検索していると、雰囲気が良いとか借りやすそうな闇金が待っています。または、闇金だとわかっていて、少しくらいならいいかなと借りる方もいます。

そのときの事情では必死でしょうが、やってはならないことでした。と、言っても仕方がないことです。闇金から借りてしまったことの重大さを知ったことでも解決をしていきましょう。

闇金に個人情報を知られる怖さ

闇金の中には、個人情報を売買している業者もいます。

また、全く関係なく単に1万円貸して2万円返済してもらう。基本的に個人情報などは興味がない方もいます。そして、女性をターゲットにして体目的のひととき融資を企んでいる場合もあります。これらは闇金被害から浮かび上がったことであり、まともにキャッシング、返済はありません。

世の中のキャッシング、ローンの返済では法律範囲内であれば、決まった数字が存在しています。闇金はすべて無視した対応ですが、そのときに高い金利の無謀な返済と個人情報の流出が大きな問題です。

個人情報が売れるだけではなく、恐喝の材料として使用ができることでは、取り立て嫌がらせだけではなく、犯罪に発展してしまう場合もあります。こんなに闇金からの借入で怖いことが多いということですが、弁護士などは解決ができます。

どうして弁護士は解決ができる?

それは法律を知っているからです。無法地帯の闇金に対しては法律で縛ることができるのは、闇金が営業できない場合も出てきます。

弁護士などでは警察に直結していることもあり、実際に弁護士が出てくるととても面倒になります。嫌がらせも止まりますが、弁護士などに相談なんかするなよ。もう相手にしないよという闇金の反応があります。

弁護士としては、闇金に対しては、正しい人の道と法律を使って剣をかざすことができます。そのことにより、闇金からの借金返済に関しては、おかしいキャッシングの事実を壊滅してくれます。

基本的に闇金のキャッシングは返済しなくてもいいですが

これは法律ではそうなっています。ただし、交渉に関しては弁護士の腕にかかっています。

どのようなことで解決ができるのか。相談のタイミングもありますが、もし今闇金から借入している場合では、無謀対応ではすぐに弁護士などに相談されることです。

ソフト闇金は闇金じゃない? 

闇金ではなく、ソフト闇金も登場しています。公式サイトでは、スペックも表示しています。詳細な内容での説明ですが、なんていうことはない、総合して50%もの金利を徴収する闇金です。

わかりやすいように

闇金との区別では、こんなに良心的に貸しているということ。

堂々と法律違反はしていますが、完全な違法です。そして、高い金利だけではなく、返済対応などはすべて闇金でする

消費者金融などでは、1ヶ月ごとの返済ですが、闇金もソフト闇金もたいてい1週間です。50%の金利が1週間でということは、それだけで違反であり無謀金利です。

返済しないと

取り立てと嫌がらせがオンパレードですが、夜中でも取り立て電話が来ます。

ある方は勤務先のFAXに何千枚も送信してきて、業務妨害の被害に遭ったと言います。こうなると、闇金の取り立ては卑劣です。

自分だけではなく他人に家族を巻き込むことはあってはならないことです。当然会社にも迷惑がかかりますが、とても許しがたいことです。

とても返済ができない

1週間が50%という金利では、とんでもない返済額になります。待ってくれということになりますが、その借金はなしにすることができます。

債務整理ではありませんが、もともと違法な闇金のキャッシングは返済義務がないということ。嫌がらせや取り立てにも屈さないのであれば、法律を守っていないキャッシングなんて返せないと言えるでしょう。

代弁者として

法律家である弁護士や司法書士です。闇金から借入してしまったという時点で、無料相談を受けてください。すぐに止めたい時には、弁護士が動きます。

多分言われることは、もうだいじょうぶですから、闇金からの電話は受けないことでしょう。あとは弁護士にお任せしてしまうだけです。

闇金返済の問題では、多くが闇金対応の弁護士や法律事務所に連絡をすることで大方解決です。あとは、闇金の嫌がらせに耐えることも必要です。ソフト闇金も同様です。

申し込みの時点では柔らかそうですが、内容はバリバリの闇金仕様のキャッシングです。多分借りてしまったら、後悔してしまうでしょう。

理由があったと思いますが

闇金からは借りないことです。ホームページがある、個人間融資掲示板書き込みなどのキャッシングもすべて闇金です。犯罪に巻き込まれたり、詐欺に遭う報告もありますが、高い返済額は無理ですし、闇金に対しては返済しないというのが鉄則です。

消費者金融で借入ができない時には、借りない。借りれないという事実を受け入れることも必要でしょう。