ヤミ金と言えば高金利すぎるキャッシングと取り立ての恐怖 

ヤミ金からお金を借りる時には、その人なりの事情があります。自分でここはヤミ金だけど仕方なく借りる場合もあります。

最近では巧妙なヤミ金サイトもあり、正規の消費者金融だと思って申し込みしてしまう場合もあります。

どちらにしてもヤミ金はヤミ金

ヤミ金からの借り入れでは、たいてい返済の時にその怖さがわかります。たとえ、事前にヤミ金の内容がわかっていたとしても、実際の返済の時に改めてこの借金が本当に良かったのかの認識があります。

正規の消費者金融であれば、利息制限法があり20%以上の金利はありません。それでも高いと感じられるのですが、ヤミ金では最近は1週間30%超という金利です。

説明されてわかっていたけれど

1週間に30%という高金利。少し前までは、ヤミ金ではトイチという10日で1割という時代もありました。

消費者金融よりも高い数字ですが、この1週間に30%というのはとんでもない数字の金利。説明されて納得行くとしても、返済に時には、こんなに支払いがあると自覚してしまうことも多いです。

インターネットと電話で解決

最近のヤミ金の借り方は、全て携帯電話とインターネットを使います。振込口座で、事務所に行くことはありません。

そこで、実態としてヤミ金の人たちと顔を合わすことがないことでは、なんとなく逃げることもできると考えてしまう。それも高い金利で返済ができないと思うからでしょう。

鳴り続く取り立て

携帯電話の取り立ては24時間続きます。電話に出ると罵倒の嵐であり、とても対応は困難です。高い金利でも借りたいと申し込みしたのは本人であり、どこかに借りたお金は返さなければならないとの常識もあります。

しかし、実際にはとても返済ができない金額になっていて、取り立て電話も厳しくノイローゼになってしまう方も多いです。

わかっているけれどは甘い

消費者金融の金利は20%であり、取り立てなどもそんなにありません。また、返済ができないことでは相談にも乗ってくれます。これ以上は貸せないけれど、完済までのプログラム対応はあります。

ただヤミ金はこうした対応はなく、一方的に取り立てでがなりたてるだけです。逃げ切ることは可能ですが、それでもいつもビクビクした生活になってしまうのが現状です。

だからヤミ金はだめということ

ヤミ金でお金を借りたいと検索していると、ヤミ金からの借り入れはだめという記事が多いです。その1つが高い金利と取り立ての執拗さです。体験者が語る内容は壮絶であり、本当にノイローゼから体を壊してしまった方も少なくないと言います。

簡単に消費者金融からの借り入れができないからとヤミ金からの借り入れは検討しないことです。

ヤミ金からの取り立て、実は借金は返なくても良い?

ヤミ金からの借り入れでノイローゼになってしまった方の話しを紹介しましょう。

最初は軽い気持ち

消費者金融の借り入れができなかったのは、ブラックリストだから。

しかし、返済をしなくてはならないので、ヤミ金で数万円のキャッシングを申し込みした。1度借りて返済をしたら、あとはなんとかしようと思ってのことです。担当者はとても親切であり、ブラックリストの事実にも同情的でした。

3万円だけの借り入れしたいこと、返済前に電話をしてくださいとのこと。事務的な話しでした。

金利は1週間で30%

この方は、3万円借りて、1週間後に39,000円で完済と見込みました。高い金利ですが、これで消費者金融の遅滞も防止できるので申し込みしました。

なんと、即振込をされたことで信頼してしまった。そして、1週間後なんとか39,000円を作って、所定の電話をしたところ、電話に出ない。1日かけても出ないので、次の日に掛けると、昨日電話しなかったことで、遅延損害金が発生したと言われた。しかも、39,000円の20%増しという内容。今すぐ返済ができないと、明日からも遅延損害金が発生するという内容です。

39,000円も必死で作ったお金ですが、この先ずっとこの形が続くと見た。明日、所定の電話をするとまた出ない。そして、遅延損害金の請求ということになります。

永遠に完済させない作戦

申込者は間違っていないです。ヤミ金でこうした返済金を大きくしていくことになりますが、利息、遅延損害金だの最もらしい言葉で釣って行くことになります。

ここで言いましょう。この方は、3万円ですら返済しなくても良いのです。

ほぼノイローゼ

膨らむ返済額。毎日の取り立て電話。消費者金融の請求も来てしまい、部屋に閉じこもり、ノイローゼ状態になりました。ヤミ金の返済だけではなく、消費者金融も遅延損害金も多くなることでは、どうしたら良いかわからないと言ったことに。

ヤミ金からの借り入れでは、ノイローゼに至ってしまうのは、どうしても返済をしなければならないという常識的な考えからです。

勇気を出して

ヤミ金からの借金は返済無用。極端なことを言えば、借りっぱなしでも法律的には違反ではないということ。ですから、上記の彼も最初の39,000円も返済しなくても良いことになります。貸金業法を無視したキャッシングでは、債務者もきちんとした契約したことにならないからです。

勇気を出して行うことは、消費者金融に電話をして今後の返済の話しをすること。ヤミ金からの取り立てには対応することはありませんので、ヤミ金対応の弁護士などに仲裁をしてもらうことです。電話番号も変えて、口座も凍結してしまうことで取り立てもこないのですが、ここはしっかり解決してしまったほうが良いでしょう。

ヤミ金しか借りれない、借りたとしたら大変なことに

お金を借りる際に、自分は多少後ろめたいことがあるので、ヤミ金でしか借りれないと豪語する方もいます。

ヤミ金の実態

ヤミ金のサイトでは、基本的にどんな人も借りれるとあります。特に、普通の消費者金融でも借りれないとしても、相談に乗りますと良心的です。

しかし、ここはヤミ金であり、闇金です。とても普通のキャッシングではないことは、大人であれば理解してください。

ヤミ金の何が悪い?

それは、法律違反です。ヤミ金の定義は、法律の範囲のキャッシングではないことです。反社会的勢力の資金源だったり、他の目的の集金の可能性があります。消費者金融などでは、貸金業法の下での貸金ですが、厳正な審査があります。

ちなみに反社会的勢力の方は、貸金業はできません。そこで、ヤミ金としてどんな人にも貸すけれど、金利は高いよ。これが、消費者金融審査落ちのブラックリストなどにとってはありがたいというのですが。

法律違反だから好き勝手なキャッシング

高い金利は当たり前です。ただし、百歩譲って、ヤミ金が高い金利だけが悪いことをしているのなら、まだかわいいものです。百歩譲ってのことです。近所の金持ち爺か高利貸しで商売しているようなものです。これもヤミ金ですが、返せば問題がないということです。

最近のヤミ金の手法では、申し込みの時に高い金利の提示だけではなく、個人情報を知りたがります。同時に勤務先、家族、友人の個人情報も聞き出します。完全な個人情報抜きであり、これらの情報は闇金ネットワークで拡散されることになります。

すべてはお金のため

こうした個人情報を掴むことで脅迫にも使えます。他人を巻き込むだけではなく、勤務先にもいられないことにもなります。家族の家にも取り立てが行くのですが、早朝夜間もお構いなしです。

とにかく返せという内容ですが、逸脱した高金利の上、遅延損害金だの取り立て料だの好き勝手なキャッシングになっています。全ては、どんな人も貸すけれど、とにかくお金を引はだす戦法です。

法律が関わっていないことの恐怖

これがヤミ金の実態です。取り立ての頻度ではノイローゼになってしまう方も多いことです。

そこで、どうしてもヤミ金に借りたい時には、債務相談ができる弁護士など法律事務所に行くことです。少しのお金で高金利だけどヤミ金で借りたいと言うのは、愚かな行為です。わけありでヤミ金ではしか借りれないと豪語する方は、あまりにも知識不足です。それが、とんでもない行動の1つだと気が付かないことです。

消費者金融で借り入れができないのなら、債務整理をした方が良いこと。それでもお金がないのなら、借りないことを受け入れることです。ヤミ金キャッシングは他人にも大変な迷惑をかけることになります。

なぜ債務整理をしないでヤミ金で借りた?

法律事務所の記事やサイトでは、ヤミ金の解決例があります。死闘といえることになりますが、支払いができない借金の債務整理とは大きく違います。

弁護士が解決できる理由

ヤミ金からお金を借りて、高い金利で返済できずに、法律事務所などに相談をする方がいます。この方の選択は大正解ですが、弁護士などはヤミ金対して、法律を持って対決ができます。

それは、法律以外のキャッシングをしていること問うことができるからです。そんな弁護士に対抗するヤミ金もいますが、たいていは弁護士の前にひれ伏します。

民間人は甘い

ヤミ金の手法は、高い金利でキャッシング。返済ができないと、取り立てをするのですが、それがほぼ脅迫です。

個人情報を聞いていることでは、全てのこところに取り立てしたり、闇金で借りていることもバラすという内容です。冷静になれば、それは犯罪ではないか?ということですが。

ヤミ金からお金を借りる時は正気ではないかも?

ヤミ金キャッシング経験者が言うには、どうしてもお金が必要な時に、審査落ちが続くと、ヤミ金でもいいかと本気で思うと言います。

完済ができればよく、多少の高い金利はガマンしようと思うこともあると言います。とんだ大間違いですが、正気ではないのは確かです。既にお金がないことでノイローゼになってしまっていることもあります。

まずは落ち着いて

消費者金融や街金からの審査落ちになってしまった時には、これ以上の借り入れができないことを再認識してください。難しい話しですが、この先は債務があるのなら、債務整理をすることです。

これは、消費者金融では、法律で借金の減額ができます。この時に弁護士などに相談ができますので、借りる必要性がなくなります。自らヤミ金にいかないことの状況を作り出す。これは、借金行為上で大切なことです。キャッシングの審査落ちが続くと、ヤミ金にフラフラと行きたくなってしまうのは、当然です。

まだお金を借りたい、借りなくてはならないという事情があります。しかし、審査落ちという現状では、まだ借りたいと言うのではなく、債務整理して借金をなんとか少なくして、借りなくても済ませることが不可欠です。

なんと1日が解決

しかし、ヤミ金からなんとか借りてすぐに返すと考える人は多いです。弁護士などは面倒だし、色々言われるのは嫌ということです。

確かに大人になってから叱られるのも嫌ですし、ヤミ金で少しのキャッシングならいいやという考えはあります。これが大間違いになってしまうのです。

少なくともカードローンなどの借金をろくに返すことができないのに、ヤミ金で借りる。その行為そのものでは反省が必要なはずですが、審査落ちしてしまう個人信用情報機関の内容は債務整理が妥当です。

弁護士などは叱りつけることはありません。ヤミ金で借りてしまって、恫喝されるよりはずっとましであり、人道的です。

ヤミ金ノイローゼにはならないで

ヤミ金からお金を借りると毎日落ち着かないでしょう。これは、ヤミ金では消費者金融のような金融業者ではないからです。

高い金利で納得したはず

まずヤミ金は申込者が自らお金を貸してくださいと依頼をします。消費者金融などで借り入れができないことで、ここしかないというのですが。まるで、他人にお金を貸してと言っているのと同じです。

ヤミ金は好き勝手な金利で、契約らしいことはしますが、その代償として多くの個人情報を伝達します。個人情報と言えば、消費者金融も提供しますが、保護される事になっています。プロミスなどから個人情報流出となれば大問題です。なぜなら、きちんとした会社だからです。ヤミ金ではそんな保護もなく、全て取り立て、脅迫材料にします。

はっきりといえるのは、ヤミ金では利用できるものは利用して、高い金利でのキャッシングをしている人たちです。まともに申し込みをしている方がバカを見ます。こうした情報は多いのですが、ブラックリストなどでは未だにヤミ金でお金を借りて困っている人たちも少なくないでしょう。

ヤミ金対応の法律事務所へ

ヤミ金からのお金を借りた時には、ヤミ金に対抗できる弁護士や司法書士では、この取り立ても高い金利の返済も止めさせることができます。それは、法律の専門家である彼らは、真っ向からヤミ金に対して、違反行為であることを言うことができます。

そこで、ヤミ金の行為は申込者に対してしないことを注意することができます。警察ではありませんので、罰則はないのですが、ヤミ金では弁護士などの登場で、それ以上の取り立ては中止します。

弁護士に相談に行くのなら

ヤミ金に借りるのではなく、債務整理を検討してください。お金が必要な時に、消費者金融などで借りれない時には、債務整理が最適です。自己破産をしたのなら、今支払いしている借金がゼロになります。

ヤミ金からお金を借りてどうしよう、ノイローゼになっていることを考えると、自己破産で法的に借金がゼロになる。まさに天国ですから。

ある法律事務所の口コミ

ある弁護士が言ってました。債務整理もしないで多くの借金を持ってヤミ金で借りる。ノイローゼになってしまい、法律事務所に駆け込んで来て解決しました。しかし、程なくして、またヤミ金から借りてしまうという実態があるようです。

そこで、どうしても借りなければならないというよりは、審査落ちになってしまうことでは、早々に債務整理の必要性を感じてほしいとのことです。

弁護士などは、債務整理依頼だけではなく、借金相談も行っています。無料の場合もありますので、ヤミ金かな?と思った時には、弁護士などに話しをしてください。