闇金への返済はしなくても良いのは本当?

闇金から借りたお金は元金ですら返さなくても良いです。
意外にも正規の金融業者から借りた場合、そのままにしておいても違反ではないようです。
2008年に最高裁でこのような判決が出て以来、弁護士や司法書士などの専門家の間でも、強気の発言となっています。

本当に返さなくても良い?

2008年以前にも同様の判決が出ています。
司法の場での闇金の存在は、公序良俗違反の存在です。
貸金そのものが違反であるため、債務者はその違反に従うことがないということです。

堂々と利息の請求があろうとも返済もしなくても良い。
借りたお金はキャッシングではなく、勝手に貸付をした行為であるとも取れます。
実際に、闇金では執拗な取り立てが存在し、返さないと酷い目に遭わすと脅してきます。

その行動にビクつくのが一般市民ですが。
本当のところは、闇金から借りたお金も高い金利も返す必要がありません。

そこで弁護士の登場

闇金にお金を借りる方の多くが、消費者金融や銀行カードローンなどでも借りられない人です。
中小消費者金融の甘い審査でも借りられないことで、闇金に手を出してしまうことが多いでしょう。

上記の判断からは、そんな闇金に申込をしてお金を借りたとします。
その後は知らないフリをして、あなた達は違法の貸金業者だとわかって申込しました。
ですから、返しませんと言い張ることができます。一般人はそれが言えないのですが、弁護士や司法書士では、そのことを堂々闇金に対して言うことができます。
したがって、闇金対応の弁護士や司法書士に債務整理を依頼することで、闇金から抜け出す事ができます。

ここで警察にいくと、借りたものは返しなさいと言われることがあると言います。
弁護士などは、そんな人は一切言わないです。

違法業者からお金を借りてしまった

闇金対応の相談をうけると、弁護士や司法書士の指示は、これからは1円の返さないでくださいと言われます。それが正しい対処法であり、闇金がこいつからはお金が取る事ができないと諦めるのを待つだけです。

それが、最大の闇金との縁切りであり、闇金対応の弁護士や司法書士では、それを行うことができます。ですから、闇金からお金を借りたかもしれないと思ったときには、闇金対応の法律事務所や司法書士事務所に相談をしてください。

仮に闇金ではないとわかったとしても、返済ができない状態ですと債務整理ができることもあります。こちらは、正規の方法で行うので、自己破産意外では返済をしなければならないことになります。しかし、話しはきちんと聞いてくれるので、納得できる債務整理を選択することができます。

闇金からの嫌がらせを止めさす方法とは?

闇金からのお金は返さなくても良い。
それはわかっていたとしても、闇金では納得が行かないことです。
高い利息を付けて請求をしてくるだけではなく、秩序のない取り立てをしてきます。

嫌がらせも当然ある

自分の携帯電話に請求の電話をしてくるだけならまだ良いでしょう。
申込のときに、勤務先や緊急連絡先として実家や兄弟や友人の電話番号も教えてしまった方もいます。そのような所には必ず連絡が入ります。

また、近所に嫌がらせをしたりと、取り立ての仕方はえげつないです。
そんな嫌がらせを止めさせたいのにはどうしたら良いのでしょうか?

警察にいく

少なくとも迷惑行為ですから、警察に相談する方もいます。
しかし、対処法は何もないです。

もし怪我をしたりなら傷害事件、モノを壊されたのなら器物損害などがあります。
ですが、単なる嫌がらせでは警察は動いてくれないです。

しかも、あなたはお金を借りたのだから、仕方ないとまで言われることがあります。
冷たいようですが、警察では闇金行為だけでは、証拠もないためどうしようもないのが現状です。

ここは法律の専門家

では、弁護士や司法書士などはどうでしょうか?
ここで注意しなくてはならないのが、債務整理を専門としているところで、しかも闇金に対して、きちんと話しができる専門家でなければならないことです。

債務整理ができるのなら、どの弁護士でも司法書士でも良いわけではありません。
自分は被害者ですが、救うことができるのは、闇金対応の弁護士と司法書士になります。

どうして闇金問題を解決できるのか?

闇金対応の弁護士や司法書士は、闇金が恐れる内容を知っているからです。

それは警察の出番となります。
闇金から借りて取り立てがしつこいと訴えたとしても、警察は動かなかったです。
しかし、弁護士や司法書士が法的な立場で警察にいくことで、闇金業者に対して、警察が動くことになります。

闇金では、これがイヤなのです。自分たちが違法行為をしていることがわかっているので、警察が介入されることを極端に嫌がります。

弁護士の登場で逃げ出す

闇金では、弁護士などが債務者に変わって電話をすることで、請求を止めるだけではなく、返済もしなくても良いという場合がほとんどです。中にはまだしつこい業者もいますが、それでも一度弁護士や司法書士に闇金の相談にいくことで、的確なアドバイスと行動の指示があります。
それが絶対に返さないことです。

そして、警察に被害届を出すことで、今後の嫌がらせに対処することになります。
この方法が最強の闇金からの脱出方法であり、全ては弁護士などへの相談からスタートします。

あなたの個人情報が蔓延してしまっている

闇金でお金を借りた人は、その法外な利息に驚くことになります。
もし、違法業者でお金を貸していたとしても、それが利息制限法範囲内であったり、取り立てがない場合は、大した問題にはならないでしょう。

闇金が恐ろしいと思うのは、請求金額が極端に高いことと取り立ての方法が、常識ハズレであることが原因です。高い金利も年利計算で1000%なんていうのは可愛いものです。

1週間で10倍になることも

1万円の借りたお金が1ヶ月で100万円超になる場合もあります。
返さないと、どうなるかわかっているよね?と言いながら、脅してきます。

カツアゲ状態ですが、この1ヶ月間に不思議な現象が起きます。
それが、他の金融事務所からのダイレクトメールなどです。
申込もしていないのに、今なら30万円お貸ししますとか、知らない金融業者からの勧誘がとても多いです。不思議なことですが何ていうことはない、情報源は最初に申込をした闇金です。

被害者をみんなでいたぶる

ヤミ金業者では、申込してきた人の情報を闇金仲間に流します。どうせ返せないのだからと、次々とダイレクトメールを送ってきて、困っているから貸すとの甘い言葉で勧誘します。

自転車操業的に借り方と返し方でも、気がつけば10社近くの多重債務者になっていることがあります。この時点で、あちこちからの取り立てが朝から続き、弁護士などに駆け込むことになります。

弁護士にはすべてをはなしてください

例えば生活保護者で、正規の借入ができないから闇金に走った。ギャンブルのお金欲しさ。
自己破産をして、借りられるところがここしかなかった。
バイトだけでは生活費がなかった。夫に内緒でお金を借りたなどです。

どんな理由にしても、闇金から借りてはならないのですが、借りてしまったのなら解決しなくてはならないことです。そこで、弁護士や司法書士に相談するだけではなく、依頼をすると対処法がわかっています。

あなたが行うこと

それは、闇金には一切返済をしないことです。
どこかのヤミ金業者に返済をしたのなら、別の闇金業者からの取り立てがきます。
それでは同じことなので、もう返しませんとの態度をはっきりとさせましょう。

依頼を受けた弁護士は、それぞれの闇金に対して被害者から話しを聞いたので、返済しないからと伝えます。そうすると、大方の闇金では引き下がることになります。
弁護士や司法書士には、そうした力があることで闇金からの取り立ても不当な請求もなくなります。

そして、こう言われることでしょう。
「もう絶対に闇金からお金を借りてはならないです」と。

闇金との関係は徹底的に絶つ

闇金は法律を守らない、貸金もしてはならないのに行い、不当な利息を言いつけてきます。
借りた自分を責めることはないのですが、相手は普通に話しをしてもわからないと思ってください。そこでの挑発行為は絶対にしないことです。

弁護士や司法書士でしか解決ができない

もし、自分がヤミの世界の親分の知り合いがいれば、解決ができるかもしれません。
というのも、闇金の多くは、警察やヤミの世界の上層部には逆らえないからです。
法律を守っていないことは確かですが、逮捕されるのは資金源が絶たれることなのでしたくはないはずです。

弁護士では、逮捕はしないです。
依頼者、被害者に対しての行為を止めさせるだけなので、従えばまた新しい客を見つけることになります。新たな被害が出ることになります。

しかし、今は、自分のことを解決してくれることが、弁護士の仕事です。
どんな闇金でも、弁護士や司法書士では、闇金対応であれば交渉をしてくれます。

最短1日で解決

こうしたことがあるので、弁護士が闇金に対して交渉すると最短で1日で解決する場合もあります。

取り立てはしばらく続くこともありますが、もう怖いことはないです。
電話にもでなくても良いですし、何か取り立てで被害が出れば警察にいくこともできます。
その手はずは、弁護士や司法書士が指示をしてくれます。

ギャンブル依存症で借りてしまった

ギャンブルでキャッシングを始めてしまうと、負けたときに取り返そうとしてどんどんと深みにハマります。そして、最終的に闇金で大変なことをしてしまったと自覚することがあります。
こんな場合、ギャンブルが理由では弁護士などには話しができないと思っている方もいます。

実はそんなことはなく、ギャンブルの理由で闇金で借りてしまって、弁護士などに助けてもらうケースもあります。どんな理由にしても、正規の貸金業者では返済ができないと債務整理ができます。

また、闇金のお金は1円も返済する必要がないです。ギャンブルで使ってしまってもです。ですから、どんな形でも闇金で金を借りてしまった場合は、すぐに弁護士や司法書士などに相談してください。

取り立てが激しくなる前に、まわりの方に迷惑をかけないうちに、です。
勇気がいる行動ですが、闇金自体違法性が高い存在であり、従う必要は全くないです。

解決したと思ったのに

ある弁護士が話していたことですが、闇金から抜け出すのは本当に勇気が必要だと言います。
弁護士などが請求をしないように話しをしたとしても、申込したときの情報があちこちに流出していると言います。ですから、取り立てなどがしつこかったり、請求、ダイレクトメールなども続きます。

そんなときには、弁護士や司法書士に相談をしてください。
徹底的に戦う姿勢がある法律家では、最後まで闇金と追い出す覚悟があります。

闇金から抜け出す解せない取引?

債務整理では、借金減額の具体的な内容が決まっています。
任意整理は利息カット、自己破産で全額返済ゼロなどです。

ところが、闇金から抜け出すには、1つの方法だけではないです。
その方法を色々と駆使して、被害者との縁切りをするのが弁護士の仕事です。

元金も払わなくて良いはずだけど

闇金には利息だけではなく元金の支払い義務もないです。違法業者なのですが、申込者との深い関係ができている場合は、交渉が決裂してしまうことがあります。
特に、被害者が地位のある方、上場企業に勤務している、市町村単位の議員などで、闇金利用がバレるとまずい場合があります。

弁護士などは、立場を考えた上で判断をしますが、元金だけの支払いはして、あとの返済はしないことを手を打つこともあります。これは、元金支払いはしなくても良いとされていますが、取引の問題です。

弁護士が交渉に入ると、おとなしく引き下がる闇金であれば良いですが、警察も怖くないとする組織では、方法を変えなくてはならないです。

ベテラン弁護士などでは、その術をいろいろと持っています。
また、弁護士の間でも闇金情報共有ができている場合があります。
解決法は1つではないのですが、最悪支払いが多少残る場合もあると言います。

闇金としても解せない取引

消費者金融でも借入ができない本人が、ヤミ金に泣きついてきたわけです。
約束の利息の支払いができない。弁護士を連れてきて、違法だから返さないと言う。
それはないでしょう。申込のときに散々良いことを言っておいて、騙したな?ということになります。

完全な逆ギレですが、本当のことを言えばヤミ金とわかっていて、返済する気もなく借りている場合もあります。ですから、ここはおとなしくさせる必要があります。
逆なでする行動はしないほうが良く、最悪1万円程度で話しを付けましょうという展開もあります。

ところで弁護士費用は?

平均1件5万円程度です。高い安いの基準は人それぞれです。
借金で悩んでヤミ金に手を出した。
弁護士に5万は高いと感じられる方もいますが、返済方法などは分割もあります。

はっきり言って、弁護士も仕事の1つです。
それなりの収入が必要であり、債務整理の費用についても格安で引き受けますというところはありません。ヤミ金にしても同じであり、5万円だせば、取り立ても請求もなくなり、ヤミ金から抜け出すことができます。こう表現をしたのなら、5万円の見方も変わりませんか?