闇金の借金、どうしようという方へ

闇金の返済ができない。そんなことで弁護士に相談にくる方も多いと言います。しかし、これは一番健全な方法であり、ぜひ弁護士や司法書士等に話しをして下さい。

闇金に借りてしまった

どんな事情があるかわからないのですが、闇金から借金をしてしまう。そのような状況になってしまう方も存在しています。

多分、カードローン申し込み、銀行カードローンも消費者金融も借り入れができないことでは、次いで誰でも借りれる闇金に手を出してしまう。そこまでして現金が欲しかったという方もいます。

そのことについては、本人が返済が出来るというのなら、闇金との取引がうまく行くのなら、選択肢としては間違っていないことでしょう。しかし、現実的な話しとしては、そう簡単ではないようです。

キャッシングについての情報サイトでは、闇金についての恐ろしさも十分紹介されています。それでも借りなければならない方もいるでしょう。

イケナイことだとわかっているけれど

情報サイトでは、債務が多いのなら債務整理が良い。返済ができないのなら、弁護士や司法書士に相談をしましょうと呼びかけています。法律事務所でも、診断方式で匿名対応しています。それは、冷静な立場では当然のことです。

しかし、どんなに超ブラックリストだとしても、どこも借り入れができないとしても、今すぐ現金がほしいんだという方もいます。第三者から見るととんでもないことですが、ブラックリストだとしても、「闇金では現金の借り入れが出来る」ことにどうしてもフラフラと借りてしまう方もいます。

簡単には責められないことであり、その際には絶対に後悔すると書いてあったとしても、借りてしまう。

1週間に30%

これが、現在闇金での最低金利だとされています。大手消費者金融では最大でも年率で18%になっています。それも理解した上で、どうして闇金なんかに借りるの?と言いたい方もいます。

しかし、ブラックリストで現金というときには、闇金に行くことで、1週間に30%の返済が出来るのなら借りる。それは止められないことです。

ところが、これが金利が上がったり、契約内容がいいかげんになっていたり、利息分がとんでもない数字になっている場合もあります。日に日に金利が大きくなって行くことで不安になり、催促電話や嫌がらせが続くこともあります。

もう返済できないと言って逃げることもできない。ただ、闇金との契約もしてしまった。それでも、必ず闇金対応の弁護士等に話しをしてみて下さい。それが解決が出来ることがあります。

返済できない闇金からの借り入れをしてしまった。ブラックリストで現金が欲しかったということの闇金選択が間違っていることがわかった時点での弁護士や司法書士の相談は妥当です。とにかく、すぐに、闇金から借りてしまって困っていると言えば、解決策が見つかります。

ブラックリストなのに借りてしまったことを後悔した。弁護士に叱られることもなく、早くに気がついて良かった、これからは弁護士のアドバイスに従うことです。

闇金の返済できないことから起こる非常事態

闇金の取り立ては非情です。カネを貸したのだから返せということです。

確かに、闇金に申し込みしてしまったのは自分ですが、あまりにも高い金利で、少し待ってほしいということも言えません。もちろん闇金の債務整理もありません。

どうしたら良い?

闇金に借り入れしたとき、高い金利は覚悟していた。しかし、その利息分が異常に高くなったり、理不尽な言い訳が続きます。

そして、取り立てなどは、1日昼夜問わず電話がかかってきたり、家まで押しかける。勤務先のFAXに連続して送信だったり、ピザや寿司が100人前も届くことがあります。全て闇金の取り立てや嫌がらせの数々です。

法律での違反行為ばかりですが、融資してやった。返さない方が悪いということでは、警察が来ても埒が明かない場合も多いです。そんな、返済できない借金、闇金の取り立ての嫌がらせは簡単に止めることができません。

契約のときの緊急連絡先

闇金では、申込者の家族や友人A、友人B等の電話番号等を聞き出します。それは、本人が返済できないときに取り立てをしたり、多大な迷惑を賭けることになります。勤務先にも被害が出ることもあり、闇金取り立て体験談はとんでもない内容のものがあります。

ほぼ強盗に近い取り立てもありますが、どうしようもない状態は自分だけではなく、周辺の人たちにも迷惑がかかることがあります。返済できない借金が闇金にあるだけで、それだけの多大な被害が及ぶことになります。

闇金利用が他人にも迷惑がかかる

家族だけではなく、友人たちの情報も入手してしまうこと。それがどれだけ迷惑がかかることか。家族にしたってそうです。

どうしてもお金がほしい、闇金でも良いから借りたいと言うのは自由です。しかし、その先に待っていることは、他人に迷惑をかけること。返済できないことが、自分だけではなく、他人に取り立てが行き、嫌がらせもハードになってしまうことがあります。そのことを考えてほしい事態です。

返済ができないとしたら

闇金対応の弁護士や司法書士に相談をして下さい。そこで言われることは、目から鱗が落ちるでしょう。そして、闇金からの離脱ができます。

本当は、闇金に行く前に債務整理などで弁護士等に相談ができればよかったことです。それがわかることになりますが、それでも返済できない。苦しい時点での弁護士、司法書士でも良いです。家族や友人たちの情報が知られている以上、自分が立ち上がることです。

闇金とは戦うことができないので、ここは法律家に任すことです。警察は犯罪がなければならないのですが、法律家ではキャッシングそのものの解決が出来ることでしょう。

闇金なんか怖くない? 

知っていますか?闇金への返済義務がないということを。

正規の金融業者からの借り入れでは、返済をしなくてはならないです。債務整理も法律範囲内のことです。闇金では全てが法律外なので、貸金も法律範囲内であり、返済しなければならないということはありません。

闇金に借りたけれど

返済しろよと言われたとしても、「お宅は法律違反で貸金してますよね?じゃ返済しなくてもいいんじゃない?出るところにでますか?」なんてことを言えれば良いのです。

確かに、ブラックリストで借入先を闇金に行きました。その時に、返済すると言ったとしても、このキャッシングそのものが法律違反です。ということは、返済もしなくても良いと開き直りができます。

実は闇金もこれが怖い

堂々とこんなことが言えるのが、弁護士や司法書士、闇金たちです。弁護士等が、闇金の返済できないことで解決が出来るのが、このことをはっきりと告げることが出来るからです。

闇金で借りたお金で困っているときには、弁護士等に相談ができます。その時の解決が、弁護士に上記のようなことを言うからです。

たいていの闇金はひっこみます。闇金営業ができなくなってしまうのですから。

闇金が怖いのが闇金?

闇金が闇金に借りることがあります。それは信じられないことですが、携帯電話で貸して下さいと弱々しい声で申し込みをします。

約束どおりに貸した闇金ですが、その時に口座封鎖と携帯電話の番号を捨てます。そして、住所等は全てウソでありという闇金の行為です。

闇金では、違反行為でのキャッシングですが、逆手に取る闇金が、こうした申し込みをする。闇金が闇金を騙すこともあります。

全て法律違反だから

本当に強いひとであれば、法律によると、闇金キャッシングは返済できないでいいんじゃない?だから返さないと言えれば、怖がることもありません。

ただし、詐欺罪になってしまうこともありますが、理論的に言えば、闇金の借り入れは返済義務がありません。ということで言えば、やはり闇金からの借り入れではその後の取り立てを止めるのなら、こうしたことを公言出来る弁護士等に依頼することです。

とても頼もしい反社会的勢力等の知り合いがいたとしても、一声で闇金をやっつけることもできますが。それは、なかなかできない方が多いことでしょう。

法律の観点から言いまくることが出来るのが、法律事務所の存在です。ぜひ、弁護士や司法書士にすぐに相談をしてみて下さい。法律違反している闇金に対しての解決法を知っています。

実は法律に弱い闇金

闇金では、金利何ていうのはとんでもない数字です。返済できないものも多いです。だから借りないことです。情報サイトも言われていることは多いのですが。

金利が高いのは昔の闇金?

闇金と言えば、消費者金融以外の金貸し屋の異名があります。カードローン審査に落ちたからとか、怪しい街金等もありますが、それは情報サイトを確認してほしい方です。

街金や中小消費者金融と言われる金融業者では、大手消費者金融と同じ審査があります。この審査は、金融庁の登録業者であり、キャッシングをするには審査基準に達することが必要でするそこで借りれたとしたら、利息制限法範囲内のキャッシングです。ここに法律という立場が出てきます。

ところが、闇金では法律も審査もないキャッシング。だから、どんなブラックリストでも借りれるとされています。そこが、どうしてもお金がほしい方では闇金に行く場合が多いです。

そして、金利が高い

法律外の高い金利で取り立ても激しい。そんなのが闇金です。ウシジマくんにあるような怖い人達がいる事務所でのキャッシングです。

それが、今では個人情報の入手、それによっての脅し。詐欺、ひととき融資、口座買取等の犯罪にも及びます。単に高い金利で返済できない、取り立てが激しいだけではなく、とんでもない事例がたくさんあります。

以前の単純なキャッシングではない点では、返済できない人に対しての執拗な攻撃がとても多いとされています。

解決しないとエスカレート

それが、個人情報のインターネット拡散。周辺の人たちへのバッシングもあり、引っ越ししなくてはならない、退職しなくてはならない事態も言われています。

要するに、返済できないと思っているけれど、当に元金もそれなりの返済もしている場合があります。考えられない言い訳だったり、利息分の請求があります。

全く理不尽な対応でありますが、闇金が最も怖い立場になっている。しかし、闇金は法律には弱いという事実もあります。

法律外のキャッシングは違反

違反行為していることを激しく責められたとしたら、闇金は終息します。それが出来るのは弁護士や司法書士になります。

闇金相談者としては、弁護士等に法律の観点からの闇金対応を止めることができます。司法書士でも良いのですが、ホームページで闇金対応と記載があれば、即解決してしまうことがあります。

その時に、どういった方法なのかの詮索をすることなく、法律家の指示にしたがって下さい。多くは、法律でグイグイされたとしたら、闇金は面倒な奴だと見放すということです。

返済できないと困ってしまったというときには、こうした法律事務所の相談が妥当です。

闇金からのキャッシングの解決は弁護士や司法書士に

闇金の高い金利のキャッシングで悩んでいます。そうしたときに弁護士や司法書士にこのキャッシングの契約を解決することができます。

その時に、弁護士に怒られると思う方もいます。

怒られるというよりは

借金に関しては、国内では法律の範囲内で行うことが妥当だとされています。消費者金融では貸金業法、銀行カードローンでは銀行法です。この法律のキャッシングでは審査がありますが、これが法律であるべき姿です。

どうしても借り入れができない多重債務者では、任意整理や自己破産での債務整理をしたら良いのです。闇金で借り入れの前に法律のキャッシングができない事実は見直すことが必要でしょう。

せいぜい闇金に借り入れしたときに弁護士や司法書士に言われたとしたら、この程度のことです。怒られるというよりは、そういうことなのですよと諭す程度のことです。

怒らないから

法律事務所のホームページでは、闇金で借りた人は怒らないので相談してほしいとの記載がありました。笑ってしまうようなことですが、弁護士事務所としては、それ以上の闇金の借り入れは危険ということです。

返済できないことで不当な取り立てや迷惑行為で困っている方もいることでしょう。そこで、弁護士や司法書士は怖いと思っている方に対しては、決して怖くないので相談してほしいとのことです。

すでに多大な被害も

法外な暴利なキャッシングの場合もあります。法律外の闇金に申し込みしてしまったことは悪いことですが、だからといって責めたり、怒られることはありません。解決方法としては、弁護士や司法書士はわかっています。

融資に関しては、誰でも出来ることではありません。法律範囲内では審査落ちで、法律外の闇金で借りた。そこが良心的で低金利だったら良いけれど、高い金利で困っている。そんな調子良いことを言っても良いのかとまだ心配している方もいます。

ただ、大丈夫。どんな場合でも、闇金のキャッシングしてしまったときには、相談しましょう。

闇金が嫌がる営業妨害

弁護士や司法書士の闇金対決というのは、被害者の申告によるものです。その時に弁護士たちは、真っ向から闇金と戦います。

闇金はそれが自分たちの営業妨害となって、とてもややこしいことになります。場合によっては、闇金行為ができなくなってしまうこともあり、あなたの被害はなくなります。弁護士や司法書士の携帯電話1本で、解決してしまうことになります。

決して褒められることではありません。返済できない闇金というのは、当然と言えば当然です。ですから、どんな場合でも闇金からの借り入れの事実だけでも弁護士や司法書士での解決を求めて下さい。返済できないではなく、返済しなくても良いということもあります。