闇金と押し貸しについて

 
闇金による押し貸しの被害の報告が最近多くなっています。押し貸しに対しては、絶対に反応してはならないと言われています。

まずは闇金のこと

闇金というのは、大義としては貸金業法を守っていない金融全てを言います。これは業者でも個人でも同じであり、人にお金を貸して不当な金利を取る行為です。それが、貸金業法の利息制限法を守っていたとしても、生業としているのなら、全て闇金です。

ということは、個人間融資などでお金貸しますというのは闇金行為になります。ホームページだけではなく、金融会社として審査があり、貸金業法を厳守していて貸金しているところ以外では、闇金になってしまいます。

その闇金から借りること

審査もない闇金では、好き放題な金利で貸すことができます。そこで、貸付条件も自由であり、法律で禁止されている取り立てや違法な利息で暴利で貸しています。

しかし、貸金業法厳守の消費者金融で審査落ちしてしまうときには、闇金でコソコソと借りようとする。その申し込みでは、高い金利もある程度納得しているのですが、現金の借り入れできることでは、つい借りてしまう。ブラックリストの心理としては、闇金がありがたいと思ってしまうことでしょう。

様々な悪行は多い

悪行というのは行き過ぎた取り立てだったり、個人情報の悪用、詐欺などもあります。その悪行の一つが押し貸しになります。

押し貸しというのは、押し売りです。闇金に個人情報を渡してしまったあとに、貸してやるから返せよというのが押し貸しです。いりませんというか、申し込みもしていないのに、過去に闇金に借り入れしたり、他の闇金からの個人情報の提供によって口座番号に入金という事態が起きます。

これは、闇金からとわかった人なら、闇金経験者がある方がほとんどです。そのときに、そのお金には絶対に手を付けないことで、闇金対応の弁護士に相談をしてください。その押し貸しのあとには、取り立てが開始されることは容易に想像が付きますが、それにも対応しないことです。

あとは弁護士の指示に従うのですが、押し貸しに関しては闇金にあなたの個人情報が拡散していて、これからも悪用される可能性が高いことを言います。

闇金で1度だけ借りたあとに、押し貸しという恐怖がまだ待っています。ブラックリストでどうしても借り入れしたくて、闇金に行く。法律が全く通用しないキャッシングしてしまったことが、押し貸しの事態を起こすことになります。

遠い過去の闇金キャッシングだけでも、今になって押し貸しという行為があるということ。闇金の存在は怖いものです。

押し貸しに遭わないために

押し貸しとは押し売りのことです。押し売りとはこれ買えよと執拗に言われるものですが、押し貸しは金貸すから返せという行為です。もちろん貸してくれとは言っていないのに、です。

闇金の押し貸し

闇金では、勝手にお金を貸すから、高い金利で返せという行動に出ます。押し貸しでは、過去に闇金の借り入れした方のデータを持っています。

そう言えば、闇金に借りたときには、個人情報を提供するでしょう。その時に、銀行の口座番号を教えてしまう。それがないと借り入れができないでしょう。そして、すでに縁が切れているはずの闇金から、また貸してやるから返せと言ってきます。あの忌まわしい闇金返済をやっとできたというのに。

肯定的な言い方ではないのですが

世の中には、闇金で借りなければならない人もいるでしょう。悪いキャッシングですが、完済ができる場合、それで事情が改善されることもあります。

良い闇金というのはないはずですが、闇金キャッシングの市場としては現存しているのは確かです。

完済しました。闇金とは縁切りというのは、自分だけであり、その後連絡もこないでしょう。しかし、忘れかけたときに押し貸しという行動があります。

特に、完済できた方に関しては、また借りないか?と来ますが、それが口座に勝手に入金することです。上客だからということですが、それはこちらとしてはありがたくないことです。過去には助かったけれど、もう二度と関わりたくないということになります。

闇金で完済したとしたら

闇金キャッシングしました。それはそれで、その後の対処法を行いましょう。

闇金に与えた個人情報の中で、削除することができるものがあります。それが、メールアドレスを変える、闇金の入金で使用した口座凍結か解約です。

また、連絡は電話で行うので、電話番号も変える。できれば、引っ越ししてしまう、転職してしまうことで、闇金とある程度縁切りができます。少なくとも、電話での勧誘も受けることはないでしょう。

全く情報を変えることで、名前や身分証明書のコピーなどは残ってしまうのですが、口座がなくなってしまうことでは押し貸しの被害もなくなることでしょう。

押し貸しの被害

過去に闇金でキャッシングしてしまった人が押し貸しの被害を受けるのは、闇金で利用した削除できる情報を持っているからです。闇金そのものは悪ですが、自分から悪から逃れることでは、その後の被害をなくすことができます。

少なくとも押し貸しの被害に遭うのは、口座をそのままにしておくこと。すぐに凍結してしまう、解約してしまうことでは、ある程度解消ができたり、押し貸し被害に遭うことがないのは確かです。

過去完済の闇金からの押し貸しは弁護士に相談を

思い余って闇金からキャッシングをしてしまった。しかし、なんとか完済ができて、二度と関わりを持ちたくない。実際に闇金からの借り入れした方は、こんな思いになることでしょう。

ところが、闇金は完済して終わりではないケースがあります。

それが押し貸し

押し貸しとは、過去に闇金の借り入れした方のデータを元に、またキャッシングをしない?と勧誘するものです。

口座番号をそのままにしていると、勝手に振込されるものです。その上取り立てをするというのですから、無茶な話しです。この手口で、また借りて闇金キャッシングが続くことがあります。

下手な動きはしない

この振込された押し貸しについて、また連絡をするというのはしてはならないことです。

過去のキャッシングでは、自分から闇金に貸してほしいと言ったことです。今回は勝手に貸しておいて返せと言うのですから、話しは無茶なことです。

まず、闇金からの押し貸しの事実があるとそのままにしておく。弁護士などに相談をすることです。警察に行くのも良いですが、対処法としては解決しないことが多いです。闇金対応の弁護士に話しをすることが最善です。

どうしてこんなことが起こるの?

闇金にキャッシングしたときに、個人情報を提供しています。それは、ほぼ永遠に押し貸しができる人として保存されています。

特に闇金完済している方は、また良いカモになっている。高い金利で完済ができるのであれば、また一儲けできるとされます。多少脅迫をしたり、エスカレートした取り立てなどで、返済を迫ってくることでしょう。

要するに、個人情報が知られている限り、いつでも押し貸しだったり、個人情報が他の闇金に知られることがあります。ブラックリスト、押し貸し候補のリストも存在しているとの話しです。

弁護士に解決を依頼

多分、押し貸しを受けたときには、弁護士に相談をすることで闇金対応は弁護士がしてくれることになります。普通の闇金対応と違うのは、お金が存在していて、その対処なども考えなくてはならないです。

また、金融機関との関係では、自分が闇金は関わりがあるとの疑いなども出てきます。ちなみに、闇金などと関係しているとわかったら、国内の金融機関の口座開設ができないことがあります。日本で銀行口座を作れないということは、考えもしないことです。

それらの問題も弁護士なら解決ができます。ですから、過去の闇金からの親切な押し貸しがあるときには、すぐに弁護士に話しをしてください。

闇金対応の弁護士の場合は、話しをすることで対処を開始することになります。全ておまかせであり、対応してもらってください。事前に費用などの確認はしておくことです。弁護士は無料では対応しないでしょう。

闇金とは関係しないこと 

闇金とは、違法なキャッシングですが、審査もなくブラックリストも自分のことは適当に話した上でキャッシングができることがあります。特にカードローン、キャッシングの審査に通らない場合には、闇金に申し込みしてしまうことがあります。

普段では考えられないことですが、自分が窮地に立たされたときに、つい利用してしまうこともあります。それは一概には責められないことですが、その後良いことはないとだけ言いたいです。

闇金に借りれるとろくなことはない

ブラックリストでありながら、現金を借りることができる。これだけがメリットですが、高い金利の返済請求、取り立て、嫌がらせなどが続きます。金利が途轍もなく高いことでは辟易してしまうほどであり、とても無理という場合でも執拗な取り立てがあります。

形としては、自宅に押しかける、24時間電話がなり続く、勤務先や家族や友人にも取り立てに行くこ戸になります。そこで、支払いをしてしまったり、中には他界してしまうまで追い詰められてしまう方もいます。

全てとんでもないことですが、最近では個人情報が盗られることのデメリットが大きいとされています。闇金に自分のことを知られるということの恐怖です。

闇金に借りようとしたけれど怖くて止めた

これが正解ですが、すでに個人情報を話した上では、申し込みリスト入りしています。

このときに個人情報として、氏名、電話番号、振込口座があれば、後で押し貸しの形でお金を無理やり貸付することがあります。貸すと言っても、勝手に振り込みして返済しろという脅迫です。

はあ?なんですか?ということですが、それでも闇金としては連絡してきた人たちにはこうした電話や押し貸しをしてくる傾向にあります。フィッシング詐欺のようなもので、このお金どうしようと言って、連絡してしまうと大変なことになります。

どうして?闇金からは借りなかったけれど

借りたかどうかは問題ではありません。

現在の闇金では、個人情報の売買が盛んです。個人間融資だけではなく、10万円プレゼント企画のツイッターのアカウントなども闇金では個人情報として収集しています。そして、こうした押し貸しだったり、詐欺をしています。

闇金申し込みだけではなく、不審サイトに個人情報を提供してしまうことで、押し貸しのターゲットになってしまうことは多いです。闇金は借りたかどうかの問題以前に、個人情報を提供、こちらから連絡してしまうことがNGです。

そして、あなたの個人情報はたくさんの闇金が共有していて、押し貸しだけではなく脅迫のターゲットになってしまっているというのが現状です。とにかく、闇金とのアクセスはしないことです。個人間融資の申し込み、書込みも危険です。

闇金の失敗?押し貸しされたお金はどうしたら良い?

押し貸しとはみの覚えのない振り込みを受けた上で、不当な返済を迫られることです。貸してとは言っていないのに、あなたの個人情報を取得した闇金が勝手に貸付することです。

過去に闇金の利用はしていない

中には、闇金申し込みはしていない方もいます。

銀行口座に入っているお金、その相手も全く知らない場合もあります。心当たりが全くないのですが、消費者金融から個人情報が漏れることはありません。

中には、キャッシングすら経験がない方もいます。それなのに押し貸しというのは、闇金の仕業と言えます。

闇金ではないけれど

過去の悪徳商法に引っかかったという場合があると、そのときの個人情報が流出してしまっていることがあります。また、AV関係の情報での個人情報なども流出してしまうことがあります。

毎日、出会系関係、お金あげます関係のスパムメールが来てしまう。そんなときには、アドレスが闇金関係だけではなく、あちこちの情報屋に流出し共有していることになります。

キャッシング、闇金利用はしていない場合も押し貸しの被害に遭うことがあります。とにかく銀行口座に知らない不審なお金があるときには、引き出さない、そのままにしておくことです。

自分でできること

法務局の中にある供託制度の利用があります。人からお金をもらったけれど、返済ができない。そのときに法律的には一時預かる形にするだけです。

ただし、これが闇金からの押し貸しだとしたら、不当な請求を受けるという理不尽なことがあります。面倒なことですが、実は口座がそのままで電話番号などを変えていると、闇金では請求もできないことになります。

闇金のおバカな行動

これが、過去の闇金利用者だとしても、口座だけがわかっていて、彼らが持つ個人情報がすぐに過去の場合があります。電話番号も変わり、引っ越しして、勤務先も倒産している。

闇金が持つ個人情報が何の役も立たないのに、口座だけが残っていて押し貸ししている。多分何も連絡がこないのですが、そのお金を使うというのはおかしな話しです。

闇金に返すということもできないので、供託制度の利用で、法務局にお金を預けることが妥当です。ただ、この行為が不安であれば、弁護士などに相談をしてください。多分、使い物にならない個人情報を持つ闇金が相手なら、このままにしておくことでしょう。

おバカな闇金の奴らは、電話で取り立てもできずにイライラすることでしょう。まさか追ってはこないと思うのですが、この手の困りごとは闇金対応の弁護士にすぐに相談をしてください。間違っても、お金は1円たりとも使用しないことです。