法律外の闇金の退治は弁護士か司法書士に相談を

闇金からの借入れしたときには、激しい取り立ての被害に遭うことがあります。被害というのは言い過ぎではなく、不当な請求になります。

ちなみに、消費者金融やカードローンの場合は、取り立て行為そのものは法律で禁止されています。

取り立ては法律違反

闇金そのものが法律違反なので、取り立てがどうのということは無関係です。

本来、貸金業者でなければ貸金してはならないのですが、闇金ではそんなことはお構いなく、好き勝手にお金を貸して、高い金利を付けて取り立てをする。そのお金を借りることそのものも法律違反です。

まずは、法律外のキャッシングをしていることを自覚してください。

良心的な闇金なら

しかし、闇金であったとしても、被害と感じないことがあります。それが、消費者金融より多少高いだったり、取り立てもなく債務者にとって都合の良いキャッシングの場合です。こうした場合では、法律外だけど、互いに良心的なキャッシングができるとしています。

そんな闇金はどこ?と聞きたいところですが、世の中には取り立てもない闇金が存在していることは確かです。しかし、たいていの闇金では、とても返済が大変な金利設定になっています。

ブラックリストの苦悩

闇金の借入れしてしまった方の話しを聞くと、たいていブラックリストでどこの金融業者からも借入れができないブラックリストだったり、消費者金融に申し込みすらできない無職などです。

こうした本来法律の範囲内で借入れができない方の受け皿となっている闇金ですが、とても取り立てが厳しいときには、すぐにでもストップさせたいと思うところでしょう。

話せばわかる相手ではない

取り立てが来るということは、債務者が返していないという証拠です。約束どおりの返済ができるのなら、取り立てもありません。

その点では契約違反となるのですが、金利設定がおかしいこと。法律外のキャッシングですが、貸金ではこうした闇金の返済はしなくても良いという法律もあります。

そこで、闇金に借入れしてしまって、不当な金利で悩んでいるとしたら、闇金対応の弁護士や司法書士にすぐに相談をしてください。闇金の解決、取り立てストップを宣伝している法律事務所も多いので、全国対応ならどこの法律事務所でも対応してくれることになります。

ここは、法律の専門家に相談をした上で、取り立てストップだけではなく、闇金の返済そのものもストップするように依頼することです。

今のところ、言われる金額の完済をしたとしても、多くの闇金はまだまだ取り立てが続くようです。

闇金取り立て電話のストップさせることができるのは?

最近の闇金の取り立ては、暴力というよりは、精神的な攻撃が多いです。こう言うと、被害としては大したことがないようです。

しかし、24時間電話のなりっぱなしとか、インターネットで個人情報の拡散などで、実はとても悪質な内容になっています。

執拗な電話攻撃

1日に100回以上の電話。携帯電話の音を消したとしても、執拗に電話をしてきます。

闇金の申し込みのときに勤務先や家族の電話番号も聞かれますが、そちらにも同様の執拗な電話で取り立てをしてくることがあります。電話はしないでというと、すぐに返済をしろということ。それができないから困っていると言ったら、執拗な電話は止まらないでしょう。

電話の取り立て

消費者金融などでは、電話で請求するときには、日曜日の昼間、平日でも夜8時以降はかけません。それは、やってはならないからです。また、勤務先の電話も禁止されています。

闇金はこうしたやってはならないことはありません。あっても無視しての取り立てが続きます。もし、消費者金融という名前の金融業者で、取り立て電話があるようでしたら、そこは消費者金融という仮面をかぶった闇金です。

取り立て電話をストップさせるためには

本人が何を言っても聞く相手ではありません。ここは警察?と考える方もいますが、事件性がないことには警察は動きません。そこで頼りになるのは、弁護士や司法書士という法律家です。

どうして弁護士が良いの?

闇金が行うことに対しては、不当な暴力行為であり、法律で取り締まることができます。闇金にしてみれば、うるさい弁護士が介入することで、自分たちの不正がバレるのが怖い場合もあります。

ある闇金では、弁護士に言っても無駄というのですが、法律の知識があれば、この言い訳も論破ができます。具体的には、弁護士が闇金に対して不当な行為に当たっては、全て弁護士が相手をする。被害者との遮断をすることで、弁護士からは返済ができません。そこで、闇金が諦めるということです。

それで、取り立てもしない、電話もかけてこないという解決をみることになります。最悪警察が出ることがあれば、闇金としても必ず逮捕されるという行為をしています。

そこで、弁護士などに依頼して、闇金と直接話しをしただけで、引き下がることが多いです。闇金は債権者などではなく、勝手に貸金して不当な金利で返済をするカツアゲ行為に過ぎないのですから。

弁護士依頼のときには、闇金と対決ができることが公式サイトなどに書かれていることを確認してください。普通の債務整理とは違いますので、闇金対応の弁護士、司法書士への依頼が必要です。

闇金攻撃、こんなにひどいとは思わなかった

闇金からの電話では、借りたお金を返せというものでしょう。ところが、知らない闇金からも電話がかかってきたり、スパムメールも多く来ます。

どうしてもお金が必要だった

消費者金融などでは、申し込みしたときに審査をします。実際の借入れでは、利息制限法20%の金利を超えることはありません。しかし、毎月決まった日に返済が必要です。この返済をしないと、請求が来ます。

言葉を汚く言うと、取り立てになりますが、あくまでも事務的です。返せないときには、説明もできますが、闇金はそういうわけにはいかないでしょう。いつ返すのだ、返さないと殺すなどの暴言を吐き、脅してきます。この電話がストレスになりますが、闇金の金利では利息制限法も何もなく、とんでもない金利であり、返せない数字です。

それでもどうしてもお金がほしいときに、うっかり闇金に申し込みしてしまう方もいます。

闇金ネットワーク

闇金では、申込者がお金に困っていることを知っています、そこで、脅迫したらお金を取れる。高い金利だけど、とにかくお金を取ろうとだけ考えています。

もともとがこうした闇金からのキャッシングが間違っていますが、実際に現金を貸すので、闇金利用者は後をたたないのが現状です。

お金に困っている人の個人情報を他の闇金にも知らせて、みんなで攻撃をします。借りた闇金からは取り立てであり、他の闇金からは勧誘です。

電話番号を変えたら?

これがベストです。闇金からお金を借りた。とても返せない金利であり、取り立てが嫌だから電話番号を変える。闇金から逃げるのですが、この方法も正解です。

ところが、既に勤務先、住所、家族の電話番号などを知られていると、そちらに取り立ての電話をします。また、あなたが闇金キャッシングしていることを流布するなどで、もっと炎上してしまうこともあります。

助けて

取り立ての電話が厳しくなると、ほぼ助けてという気持ちです。個人情報を知られてしまっている以上、逃げられないというのは本当です。

解決としては、法律家に相談です。闇金対応の弁護士、司法書士にすぐに相談してください。そのときギャンブルが講じてお金を借りたとか、遊興費の貸金だとしても正直に話しをしてください。弁護士としては、違法な闇金行為に対しての解決であり、闇金キャッシングそのものを責めることはないでしょう。

闇金からの取り立てが激しいときには、間に弁護士などが入ることで、交渉を依頼できます。その要領では、弁護士は闇金の弱い点を突くことができますので、あとは指示に従ってください。

闇金の取り立て解決法はあるけれど

闇金からお金を借りてしまったときには、返済もしていない場合でも、弁護士や司法書士に相談してください。

債務整理ではない

弁護士も借金問題に強いのではなく、闇金問題の専門法律家です。

債務整理というのは、貸金業者の返済ができないときに法的に減額をする方法です。しかし、闇金の場合は、正式な貸金業者でもなく、勝手に貸金をして高い金利で返済の請求をしています。

実はこうした闇金には返済義務はありません。ですから、元金だけの返済で法的には正しい方法です。それを、闇金相手に言ったとしても、相手は引き下がらないでしょう。

ところが、弁護士がこれを言うことでは、闇金の態度が変わります。

確かに借りたけれど

契約のときに、1週間で30%の金利とか、手数料として5,000円などの請求があります。その時には借りたとしても、この金利も手数料も貸金業者ではないため、全て返済はしなくても良い事になっています。

それを堂々と言う。請求の電話はすべて録音をしておくことで頑張れるのなら、対抗もできます。法律では、闇金からの借金の返済はしなくても良いということになっているらしいですね。

このセリフで言えるのなら、弁護士や司法書士の依頼も必要ないかと思えるのですが。

堂々としていたとしても

闇金としては、理路整然と説明をされることを嫌います。

違法行為の貸金をしていて、お金を借りた。そう言えば、貸金業法ではないキャッシングなので、金利の支払いはしませんと元金だけの支払いをする。教えた勤務先も家族も適当であり、闇金との連絡電話番号も変えてしまう。

闇金からお金は借りたけれど、元金は返した。文句ある?ということです。それが言えないので、弁護士などの助けを借りるのですが、要はそういうことです。

法律を知っているので、不当な金利の支払いもしないし、元金だけは返済をした。それだけのことです。

嘘の情報を教えたとしても元金は返したでしょう。それは見事という展開ですが、多くの闇金からのキャッシングではここまでの対応はできないでしょう。

闇金からは借りないで

消費者金融でキャッシングができないブラックリストになった。債務整理でもして、闇金から借りるということはしないことです。

元金だけで金利の支払いはしないということは言える。それができるのなら、闇金キャッシングも怖くはないのですが、おとなしく引き下がる輩ではありません。

もし借りてしまった。相手が闇金だとわかったら、弁護士や司法書士に依頼して、理路整然と説明をしてもらい解決してください。ブラックリストであるのなら、そのまま普通の債務整理を依頼しましょう。

理論的にはわかっているけれど

確かに、闇金の返済は不要ですが、脅されて返済しなければならないとオロオロするだけです。そうならないため、闇金対応の弁護士などに依頼してください。

闇金相談は無料、依頼は費用がかかる

ある法律事務所では、闇金で悩む方の相談を受付ています。

基本的には無料相談

相談が何度でも無料です。これが大きなポイントですが、闇金からの取り立てをストップさせたいと言う前に、この闇金キャッシングについて話しを聞くことができます。

キャッシングでは普通審査を受けて、利息制限法20%の範囲内で行うものです。闇金は、20%なんて守ることなく、取り立ては厳しいです。24時間対応の取り立てでは、理不尽な高い金利の請求です。不当なことですが、最初にそれでも良いと借りてしまう場合も多いです。

そんな状態でも、弁護士では依頼されたとしたら、即日ストップの可能性もあるといいます。

取り立ての恐怖

取り立ての電話で恐怖におののいているのは、闇金もわかっています。それでも執拗な取り立ての電話をかけて、高い金利の返済の請求を続けてきます。

弁護士では、この行為についての指摘ができます。無料相談から、依頼してしまうと費用がかかりますが、それでも取り立てがストップしてしまうことも多いです。取り立ての恐怖というのは、闇金の被害者であり、それが返済しなければならないことはありません。

要は違法行為している闇金に対して、それが間違っていることを勧告できる弁護士の登場は闇金が嫌なことです。

もうお金は取れない

弁護士が介入することで、返済ができない。弁護士は、依頼されると闇金に返済してしまう、連絡をすることも禁じます。

被害者の窓口が弁護士になることで、闇金としては、返済がこないことを知っています。そこで、もう関わらないと思います。そこまでの説明を無料相談のときにわかります。早ければ、即解決してしまう闇金ですが、弁護士や司法書士に依頼することが妥当です。

1件5万円~

現在の弁護士や司法書士の闇金解決費用は1件5万円程度です。それで、取り立てストップの期待がありますが、精神的に取り立てがなくなることでは、地獄から天国の気分です。そしてこの方法が最適であり、5万円という費用も高いようですが、闇金の解決ができるのですから、妥当でしょう。

弁護士の5万の費用はたいてい分割も対応していて、すぐに解決ができます。アフターフォローもしていて、二度と闇金から借りないという強い信念を持つことも必要になります。

闇金からは借りない

闇金はインターネットのサイトに無数にあります。消費者金融のような顔をしていますが、おかしいなと思ったら、すぐに弁護士などの無料相談に行きましょう。そこできちんとした金融業者であれば、返済しなければならないのですが。

闇金の場合は、取り立ての電話が来る前でも関係は断つことです。