押し貸しって何?闇金からの融資です

押し貸しという言葉を知っているでしょうか?
闇金の手法で、勝手にお金を振り込んでおいて、返済しなさいと請求や取り立てを行うことです。押し売りの闇金版と言っても良いでしょう。

誰でもターゲットにはならない

とはいっても、銀行口座を知らないと振込はできません。

押し貸しではある日突然ポストに現金が放り込まれることは少なく、たいてい銀行口座を利用したり、現金封筒などで送りつけてきます。いずれも身の覚えがないお金であり、借金申込をしていないので、速やかに対策を講じる必要があります。

そもそもどうして私の銀行口座を知っているのか?

それは、以前闇金が借り入れをしていた場合がほとんどです。
または、申込はしなかったけれど、口座情報を教えたことがあるなどの記憶があれば、犯人は彼らです。現金封筒などでは、住所を教えてしまった場合などです。

闇金被害に遭って、弁護士や司法書士に解決してもらった方は、その口座は解約をすることが必要です。あるいは、口座買い取りなどをした時は、勝手に銀行に振込がある場合もあります。
その時には、銀行に事情を話して解約をすることです。

いずれにしても、この対応は弁護士や司法書士に相談することです。
現金があなたの口座に振込されたり、手元にある場合には何もしないでもらうことはしないでください。押し貸しも闇金の手法であり、闇金対応の弁護士や司法書士は解決ができます。

以前、お世話になった弁護士などがいる時には、再び同じ要領で話をしてください。
対処法としては、自分でなんとかしないことです。

事前に連絡がくることも

勝手に行うことなく、事前に電話がきて振込ますという場合もあります。
それも相手にすることなく、弁護士に相談です。

多分、弁護士などに解決された闇金問題がある方は、電話番号も口座も解約してしまうことが必要です。たまたまそれをしていないことで、押し貸しの被害に遭うことになります。
間違っても、そのお金は手にしないことです。

不法原因給付だからではなく、闇金との取引には応じないことです。いりませんからと言ったとしても、相手にされないですから、とにかくここは法律家に相談をしてください。

押し貸しも闇金被害であり、勝手に振込と返済という卑劣な手段です。
そのままにしておくのは絶対にしないことで、闇金からの解決では、今まで関係していたものをすべて捨てるようにしてください。あとの対処は弁護士などにお任せをして、電話番号を変えて、口座は解約でひとまず様子を見ます。

闇金に申込したのは私ですから… 

闇金では、申込をしてきた方の個人情報は、闇金ネットワークで共有することがあります。
ですから、闇金に連絡をした時に、あちこちからのスパムメールや電話がやってきます。
これは、個人情報の流出を意味します。

知らないお金が入っている

闇金と取引をしたとします。2万円だけ借りたとします。
その時に、5万円の振込がある場合、契約と違うのですが、別の闇金があなたの口座情報を知って、勝手に振込をしている場合があります。

または、取引している闇金で、あとの3万円を押し貸ししている状態です。
これは親切心ではなく、2万円の取引ではないから5万円貸した。
だから返済もとても膨大になってしまうというものです。
いりませんからと言っても、そんな理屈は通らないでしょう。

とにかくいきなり5万円の借金に無理やり箚せられている状態です。
別の闇金の可能性がありますので、その時点で闇金相談をしてください。
すでに闇金と取引していることが問題ですが。

無料相談OK

自分は闇金と2万円の取引をしたのに、勝手に5万円の振込がある。相談内容としてはこのようなものです。

利息は暴利であり、それでも自分が闇金に申込をした事実を伝えてください。
弁護士や司法書士では、あなたの行為を否定することになります。
5万円の問題だけを解決したいと言っても、闇金取引を止めさせます。

2万円は必要だけどということになるのですが、この場合は、闇金申込そのものが悪だと言うことに気がつくことになります。あとの対処法は、全て任した方が良いですが、押し貸しの事実は、後でとんでもない事態になります。

2万円を借りた時の個人情報がも多くの闇金に知られていて、あなたは闇金のカモになっている。債務者としての信用情報ではなく、個人情報として勤務先や住所、口座番号も知れ渡っていることになります。

この時点で、闇金に申込したことに深い後悔をすることが必要です。
解決は法律で、弁護士や司法書士が担当します。

本当に怖い押し貸し

押し貸しでは、こうした事態でおくのお金で、多くの返済や恐怖の取り立てが待っています。
絶対に手を付けないで、弁護士や司法書士に事実を伝えてください。
お金を闇金から借りようとしていることも間違った行為であり、その解決も提案があります。

押し貸しの被害では、口座番号の情報が知れわたっていて、解約などの対応をします。
自分で歯解決ができませんし、闇金問合せもしないでください。
何もせずに、弁護士と司法書士などの闇金問題解決ができる方に相談をしましょう。

お金がないのですが

2万円の借り入れも事情があることでする
闇金対応の弁護士や司法書士は、借金問題にも強いので、債務整理を含めた相談ができます。
そして、ここで闇金からの2万円も借りない選択ができます。

ネットオークション経験者が押し貸しのターゲット? 

今まで闇金との接触もなく、金融業者との借り入れもなし。
なのに、銀行口座に現金の振込がある。知らない人からのものです。闇金なのですか?

以前、ネットオークションサイトを利用しませんでしたか?

ネットオークションサイトの個人情報が流出していたり、たまたま買い取りした相手が、あなたの個人情報を闇金に売ったとも考えられます。たくさんのネットオークションをしたり、口座情報を教えている場合は、あなたの個人情報がインターネットで出回っている場合があります。

そんな時には、そのお金は確実に闇金からの押し貸しです。
知らない振込では、必ず放置しないことです。
ネットオークションの際に、住所や電話番号も伝わっていれば、すぐに取り立てがきます。

なぜ取り立て?

闇金では、押し貸しで振込をしてそれに暴利な利息を付けて返せときます。
勝手に客になっている状態です。連絡をしないとしても、あなたの情報は握られています。

勤務先や家族に被害が及ぶことは少ないですが、近所に嫌がらせをすることもあります。
卑劣すぎる行為ですが、押し貸しの形態として、このように勝手に個人情報をかき回すこともします。

法律の専門家に相談を

これが、先に電話がきて、あんたにお金を振込むと予告があれば、口座解約、凍結で問題が広がらないでしょう。

弁護士ではなくすぐに警察に連絡をして、闇金の接触もなく、過去にネットオークションサイトなどの利用をしたことを伝えてください。住所は知られているので、引っ越しができれば良いのですが、電話番号を変えましょう。

もし、振込前にこれだけのことができれば、押し貸しの対処法としては万全です。
わざわざ自宅にまでくることは少ないとされていますが、勝手に振込されている時には、法律家の手助けが必要です。

弁護士費用はかかる

一応、弁護士や司法書士に依頼をして、押し貸しの解決をしてもらうと、5万円ほどかかります。大金ですが、そのままにしておくのは得策ではなく、再びターゲットにされることは考えられます。一度弁護士などに押し貸しの解決をしてもらうと、相談ができます。

費用に関しては、後払いや分割ができると思われます。
無料相談OKのホームページなどがあると、相談をしてみてください。

ただし、早く解決することが必要であり、押し貸しはすぐになんとかしてほしいです。
ネットオークションサイトなどの利用では、こうした個人情報の売り買いの事実があります。
なかなか相手を見定めることは困難ですが、一応個人情報を教えるリスクはあります。
そして、こうした押し貸しの事実では、弁護士などに依頼して解決しなければならないでしょう。

自分でできる押し貸し対策

以前闇金との取引があり、口座解約をしないと、勝手にお金が振り込まれる押し貸しの被害に遭うことがあります。

この場合、振り込まれたお金はそのまま返したい。
もう取引はしないと思うのは当然ですが、闇金はそんなことは許さないです。

供託制度の利用

法務局に返還の形が供託制度です。
これは、振込されたお金は私は受け取っていないと法律的に認められた行為です。
手元はすでに法務局に供託することで、返済もできないことになります。
この手続きは、自分でも行う事ができます。

供託制度の是非

私は押し貸しをされましたが、供託制度を利用しました。
電話番号を変えて、もう連絡を取れないようにして銀行口座も解約します。
これで、闇金では諦める可能性がありますが、全ての行為で不安な方は、法律家などに相談をしてください。供託制度を利用しようと思っていますが、どうでしょう?でOKです。

弁護士などの回答

闇金対応、債務整理対応の法律事務所や司法書士事務所は全国に存在しています。
良く相談だけでもOKとありますが、以前闇金の利用をしていた方で、こうした弁護士などに依頼せずに解決できる場合もあります。闇金で取り立てをもうしないという対応を取れば、弁護士なども無用です。

そして、今になって押し貸しをして、供託制度などで解決したいと相談したとします。
この時に、弁護士や司法書士の回答は必ず数社にして確認してください。

本来は、自分で行うことができる内容であり、弁護士や司法書士でなければならないことはありません。また、闇金からの連絡がこないように対策ができるのであれば、供託制度では自分が押し貸しされた事実がなくなります。

しかし、ここは弁護士がやらなくては解決しないとか、個人ではできないと言い張る弁護士もいるでしょう。それは完全な勧誘であり、依頼をしなさいと言っているようなものです。
ですから、無料相談OKとある場合、数社に同じ質問をして、相談をすることです。

ベストな回答

とりあえず行ってみてください。
携帯電話情報は変えて、口座解約もしてください。一応警察にも連絡をしてください。
「何か困ったことがあれば、連絡をください。また、いつでも相談をしてください」
このような回答がある弁護士や司法書士であれば、OKでしょう。

どうしても私がやりましょう。という態度であれば、その弁護士や司法書士は費用目的です。
ただ、供託制度だけで解決をしない場合は、弁護士などに改めて相談されることをおすすめします。ここは、闇金対応の弁護士や司法書士を試す機会でもあります。

闇金押し貸しに無視は絶対にNG

押し貸しとは身の覚えのないお金が闇金から振り込まれることを言います。
以前闇金と取引があった、インターネットに個人情報が流出している、ネットオークションなどの利用者にも多い被害です。

詐欺被害の一つであり、もし押し貸しがあった時には、すぐに行動をすることが必要です。

まずは行うこと

銀行口座に入っているお金の確認です。
口座情報を知られているので、すぐに凍結をします。
同時に警察にいくことが必要です。

そして、ここまでしたとしても、今度は電話がかかってきます。
電話番号を変えて、供託制度でお金を受け取っていない手続きをします。
自分で押し貸しの対応はこのあたりまでです。絶対にしてはならないのが無視です。

闇金取引がある場合

無視をしていると、勤務先や家族に連絡がいくことでしょう。
お金を貸したけれど返済をしていないという取り立てが始まります。
供託制度で受け取っていないと言ってもダメでしょう。
取り立てが始まったのなら、弁護士や司法書士に相談をしてください。

もし自分で解決したいと思っても、自分以外に被害や迷惑がかかるのなら、社会的名解決が必要です。この場合、何も返す必要がありません。

供託制度では、お金は法務局に預けていますから、自分は借金もしていないことになります。
返せと言われたとしても、返すこともないのですが、取り立て開始では、決着を付けなければならないでしょう。

弁護士などに依頼

すべての事実を話した上で対応を依頼します。
弁護士がいることで、闇金ではそれ以上の取り立てもしないことが多いです。
数万円の押し貸しで、ビビッて返済をしたら儲けもの。
それ以上のことはしないことが多いです。

弁護士などが電話で、供託制度もして本人は受け取っていない。
だから、この取引は成立しないことを告げることで、解決してしまうことは多いです。

あとは、勤務先などに事情を話しておくことです。
居づらくなって辞めたとしても後味は悪いですが、闇金はそうしたことはお構いなしです。

闇金取引した方は

押し貸しをされないようにするのは、個人情報の内容で、口座情報と電話番号は変えることです。これだけでも、押し貸し対策になります。

すでに解約されている口座に振込ができないです。
ネットオークションなどでも個人情報が流出してしまうことがあります。

こちらも普段使用している口座は利用しないことです。
これなら押し貸しの可能性も少ないので安心です。
電話がくることがありますが、イヤなら番号も変えることです。

押し貸しではないのですが、出会い系サイト詐欺被害などもあります。
振込ではなく、何やら怪しげな電話がかかってくることもあります。
弁護士や司法書士では無料相談も実施していますから、気になる方は相談をしてみてください。