闇金取り立て解決は法律家に相談

闇金からお金を借りている方は、今すぐ弁護士や司法書士に相談をしてください。
取り立てが始まってしまって精神的に参っている方は当然ですが、ひょっとして正規の消費者金融以外からの借り入れをしてしまったかも?という方も相談をしてください。

闇金とは?

違法な貸付をしている業者、個人を指します。
普通お金を借りるときには、金融庁に登録をしている業者からの借り入れが妥当です。

しかし、多重債務者だったり、審査で借り入れができないと断られてしまいます。
インターネットや新聞の広告では、そのような消費者金融からの借り入れができない方でも借りれるとの広告があります。そして、そこに申込をしてしまう。

消費者金融で借り入れができないとしても、今お金を必要としているのですから、仕方のない状態は多いでしょう。

高金利はある程度妥協したとしても、尋常ではない貸し方をしてきます。わかっていたとしても、借り入れしてしまう方も少なくないですが、闇金とわかったらその時点での決別が必要です。

法律は無関係ですが

闇金はもともと法律は関係なく貸金をしていますが、解決法としてはやはり法律が必要です。
弁護士や司法書士の相談をすることで、闇金からの違法な取り立てを中止することができます。

そこは素人ではできない技術が存在していて、闇金対策ができる弁護士などの法律家の腕次第です。ネームバリューのある法律事務所以外にも、相談を受け付けている弁護士に話をしましょう。

闇金の取り立て対策としては、自分で解決ができないばかりではなく、下手な動きをすると家族や勤務先、近所にも迷惑がかかります。嫌がらせは当然ですが、日常生活ができないまでに精神的に追い詰めることもあります。

弁護士に相談をすると

相談だけではなく、取り立てストップの依頼をすると、弁護士が動きます。
法律の観点からの行動では、多くの闇金がそこで取り立てを止めると言います。
交渉は、弁護士と闇金の間で行うため、傍観しているだけで良く、あとは指示に従うだけです。
少なくとも、今の取り立ての状況を改善す事ができます。

闇金かもしれない

そんな憶測だけでも良いので、消費者金融からの不当な取り立てなどがあるときには、弁護士や司法書士の相談をしてみてください。

相談だけなら無料のところが多く、事務所にいかなくても電話やメールで対応しているところも多いです。全国対応であれば、どの地域からも相談ができますので、でかけて行く必要はありません。時間も24時間受け付けしていることもあります。

警察に行くのも良いですが、解決ができることはありません。
事件としての扱いがなければ、警察では闇金取り立て対策にはならないでしょう。

闇金の嫌がらせは自分だけではない

闇金にお金を借りることは、はっきり言ってしないほうが良いです。

しかし、ブラックリストではどうしても借りなければならない事情の場合もあります。
良心的な闇金であれば、取り立てもなく完済ができることがあります。
金利は高いですが、一応は約束を守る闇金の存在です。

闇金のお金の貸し方

トイチは10日で1割の利息が付きます。1週間で1割の利息もあります。
大手消費者金融では年利17.8割ですから、とんでもない金利です。

闇金ではこうした高金利で貸付して、返済ができる人であるのなら、最後まで搾り取ろうとします。途中で返済ができないと脅迫と取り立てです。それが、債務者の携帯電話だけではなく、自宅、家族、近所にまで展開していきます。小学生の子供にまで被害が及ぶことがあります。

事件ではないので警察の取締の範囲内ではありませんが、執拗な嫌がらせで高い金利も理論もなく単に押し付けの取り立てをしてきます。

職場まできたら

家族でも大変な話ですが、職場に取り立てがくることは、大変な事態であり、クビになってしまうこともあります。

良心的な闇金も豹変することはありますが、最初からこのような闇金からの借金をしたことに反省をしましょう。そして、対策としては弁護士や司法書士に頼ることが必要です。

闇金たちは、法律を嫌がります。
逮捕されるよりも今の取り立てができなくなってしまうことに恐れています。そこで、債務者が弁護士などに相談をして、闇金に弁護士が連絡した地点で、取り立てを止めることが多いです。

弁護士が言うこと

闇金対策で交渉をするのですが、弁護士ははっきりとこれ以上の返済はしないですからと断ります。弁護士や司法書士だから言えることで、闇金として抵抗をしますが、それに対しては法律で応戦をします。

この方法ができるのは、法律家の知識があることで、一歩も引き下がることなく交渉を続けてくれます。勤務先に闇金が押しかけるのは、もう問題が本人だけではないことを示しています。

自分の借金で

取り立てがエスカレートしてしまうのは闇金では当たり前のことです。
できれば、自分以外に嫌がらせや被害が及ぶ前に、弁護士や司法書士には相談をして、対応してもらうことです。全国対応の弁護士であれば、地域は関係ないでしょう。
電話で依頼もできますから、すぐに依頼されることを強くおすすめします。

自分でなんとかしようということはとてもできないですし、危害が周辺に及ぶことも心して対策を講じてください。法律で対抗できる弁護士や司法書士なら、しっかりと対処してくれます。

闇金の取り立てストップの正しい

闇金からの借金は法的に言うと、元金すら支払いの義務がありません。

違法の借金であり、不法原因給付と言います。
取り立てしてきたとしても払いませんでokです。

しかし、闇金も生活が掛かっています。
全て無視をしたとしても、取り立ては止めないでしょう。

嫌がらせに屈さない

鳴り止まない携帯電話、アパートの張り紙、玄関先の汚物。
闇金が行う嫌がらせの数々ですが、これが債務者だけに行うのなら、我慢しようということが言えます。

闇金からお金は借りたけれど、もともとあなた達は不法原因給付であり、返済しなくても良いらしいじゃないですか?なんだったら警察に行きますよと、個人で息こんだとしても、闇金では引き下がらないでしょう。

勤務先や家族にまで嫌がらせがエスカレートしてしまったら、私だけの我慢ではありません。

本当に警察に行ったとしたら

実は、警察に行き解決された方もいます。
その方法としては、取り立ての電話に警官が応対して、解決したといいます。
本当に稀なケースであり、警察として本来取り合う案件ではありません。しかし、近所などで事件になったり、警察が黙っていられない状態では、こうした解決もあります。

また、別の警察では、ここではダメだから法律事務所に行きなさいと言われたと言います。
事件性がないとこうした対応になります。

法律事務所では

闇金対策ができる弁護士や司法書士では、依頼を受けたら闇金との交渉に入ります。
できれば、すぐが良いでしょう。

ある口コミで評判の法律事務所では、なんと数日も放ったらかしという報告もあります。
多忙なのはわかりますが、ホームページでは良いことが書いてあるのですが…。
とにかくたいていの弁護士では話を聞いて、依頼されるとすぐに電話で交渉をしてくれます。

内容は、取り立てはしない、連絡もしないです。
あとの交渉については、その弁護士の腕次第であり、やがて取り立ては収まることが多いです。
弁護士や司法書士の強い態度が勝ることになります。

強い心を持って

弁護士が動いたとしても、しばらく取り立てが続くことがあります。
その時に言われることは、弁護士は1円足りても支払いはしないことです。
もう返済をしないとなると、この債務者から理お金は取れないと判断して、取り立てを諦めます。取り立て対策として、そのタイミングを確認することになります。

金が取れるまで脅迫をする。面倒な弁護士などがでてきたら、引き下がる。
闇金の手段としては、この2つしかなく、正しい取り立て対策としては、弁護士と司法書士などの法律家の出番ということでしょう。

闇金からのお金は返さなくても良い

多重債務者などのブラックリストの方は、消費者金融などの審査落ち後は、弁護士や司法書士の債務相談に行きましょう。まだ借りたいと行き着くところは闇金しかありません。

闇金では

信用情報の審査もありません。
闇金らに借りにくる人は、返済ができない人だとわかって貸します。
脅迫をしたら、どんな方法を使ってでもお金を作ろうとする。
夫に内緒の専業主婦などでは、返せないというと、旦那に言うからなと脅せばよいだろう。
とにかく取りまくってやろう。

もうキャッシングではなく、単なるかつあげ集団です。
ブラックリストでも借りれるというのは嘘であり、かつあげの対象を待っているだけです。
取り立ても言いがかりであり、まともに相手をすることはありません。
しかし、旦那に知られたらどうしよう?そこが、闇金の手口です。

取立ての内容がわかったところで

最初から闇金の貸すお金はキャッシングなどではない。
返済も言いがかりであり、不法原因給付という内容で1円も返すことがありません。

かつあげは恐喝罪ですが、電話で取立を下くらいで逮捕されることはありません。
警察で闇金が、債務者が申込をしてきて、返さないだけですと言われたら、こちらの部が悪いという内容もあります。警察では、それ以上の追求ができません。

何も知らずに、闇金で借りてしまった方、すでに取り立てもされている場合でも、このお金を返さなくても良いことはご理解いただけたと思います。
しかし、払わないで収まる内容でもないこともわかっています。

理論的に説明ができるのは

闇金対応の弁護士や司法書士です。
解決実績が多い弁護士では、闇金からまたあんたかい?と言われる弁護士もいます。
弁護士としては、ヤミ金に対しては、債務者からの依頼があり、この人には取り立ても請求もしないでくれ。連絡もダメだからなという要領で、取り立てが止むことがあります。

言い方としてはいろいろですが、弁護士としては法律の武器がありますから、これ以上何かを言うと、ヤミ金の立場が悪くなることがあります。ですから、即日での解決もあります。

一度も返済していないけれど

相手が闇金とわかって、弁護士に相談をしました。
その時に、借りたお金はありますが、まだ返していないのですがとの相談です。
この場合の借りたお金はどうなるのでしょうか?
直接弁護士がどのような取引で解決するかです。本来は返さなくても良いお金ですが。

闇金にしてみれば、貸した相手が借りっぱなしで、弁護士に相談?
おいおい、それでは詐欺じゃないかと言われそうですが、貸した闇金が悪いことでしょう。
貸金業法に違反していると貸したお金の請求もできないようです。

闇金は二度と付き合わないと約束できる?

闇金からの取り立てが始まったら、すぐに弁護士や司法書士に相談してください。
基本的に24時間365日、全国対応の弁護士は全国にいます。

取り立て前でも

自身がブラックリストや多重債務者では、弁護士などに相談ができないと思っている方も多いです。しかし、これは違います。勇気を出してくれてありがとうという展開です。

闇金対応の弁護士は、債務整理のプロです。債務整理の相談もしっかりできる法律家ですから、ブラックリストで闇金に行く気持ちも理解してくれます。

ただ、闇金のからの借り入れは間違った選択であり、ともに解決していくことになります。
勇気を出して相談ができて良かった、もう大丈夫です、そう言われて安心される方は多いです。

精神的に追い込む方法

取り立てや携帯電話にかけまくり。
そして、職場まで押しかけたり、闇金の行為は卑劣です。

しかし、そこで器物損壊などの事件を起こすことはありません。
押して転ばすことはあっても、殴る蹴るの暴行はあまりありません。
警察に捕まるからです。

警察沙汰にならない程度の取り立てでは、いざというときには、債務者が返済をしないからといけしゃあしゃあと弁解をします。こんなことでは、警察はモノにならないでしょう。

弁護士は違います

弁護士は、こうした闇金の言い訳も論破できます。
すべてを法律の観点から交渉を進めていくことになりますから、依頼された案件に対しては、もう取り立ても請求も連絡もしない約束を取り付けます。そして、アフターフォローもきちんと行う弁護士であれば、しばらくそばについていてくれます。

多重債務者なら

取り立ても闇金も解決した後は、自身の債務整理もしましょう。
ブラックリストであるから、闇金申込してしまった事実は認めましょう。
そして、全ての話をした上で、闇金解決、債務整理で、一から出直しです。

闇金に借りた事実もブラックリストになったこと、債務整理もしたこともすべて笑って話せる日を迎えましょう。アフターフォローがしっかり行うとする弁護士では、再び取り立てがきたときでも対処してくれます。

ただし、弁護士が言うでしょう。二度と闇金からの借り入れはしてはならないです。
債務整理後はしばらくしたら、大手消費者金融も借り入れができますが、審査落ちなどでは、債務相談にくるように、と。

この弁護士の言葉は絶対であり、二度と闇金からの借り入れをしない約束は守ってください。
それが大切なことなのですが、お金のことですから、きちんと対応してください。

弁護士の闇金取り立て対策として、依頼では1件5万円程度です。
精神的に楽さを考えると、決して高い費用ではありません。