闇金電話の対処 最初に行うことは?

闇金からお金を借りた方の苦情では、取り立て電話がなりやまないことで困っている方が多いです。

返さない方が悪い

闇金ではこう言うでしょう。
それが、まともな金利であれば、債務者が悪いです。
しかし、たいていの闇金の金利は馬鹿げている数字です。

どうしても支払いができないことで、取り立ての電話に出ないことがありますが、闇金電話は鳴り止まない場合もあります。これが、自身の携帯電話や自宅の電話ならまだ仕方ないとできますが、勤務先や家族などの場合は、なんとかしなければならないでしょう。

とにかく出る

相手が闇金であり、無謀な金利であることは確かです。
そして、現在は返す事はできない。それでも、闇金電話には必ず出てください。
さらに、今仕事中なら折り返すことです。

着信拒否してしまった場合は、勤務先や家族に電話を絶対にします。
ここは辛いですが、申込をしたのは自分ですから、責任を取る意味でも、一度は出ましょう。
返せないというと、またかかってきますが、全てに対応してください。

申込したのは自分

闇金とわからなかった。この事実もありますが、法外な金利提示などでは、ここは違う、消費者金融ではなく闇金と分かれば、取り立て電話も仕方のないことです。それがあの人達の仕事です。

ここで考えなくてはならないのは、申込したのは自分です。
勤務先は在籍確認と称して、家族の連絡電話番号などは緊急連絡先として最初に伝えたと思います。取り立て電話に出ないと闇金では当然、勤務先にも家族にも電話が行くことになります。
それは阻止しなければならないことであり、申込した責任は取りましょう。

そこで行うことは

取り立て電話を止めさすためには、闇金との交渉が必要です。
とても払えないお金であり、これ以上の取り立てはしないでほしいということです。

それができるのが、闇金対策をしている弁護士や司法書士です。
ですから、取り立ての闇金電話がなりやまない時には、1度はきちんと出て話しをした上で、弁護士や司法書士に相談をする。

最短で1日で解決してしまう闇金の借金問題もありますので、この方法はオススメです。
闇金相談は、24時間対応していますから、今やめさせたいときに、弁護士などに相談をしてください。と同時に、闇金から逃げないで、解決策を見出すことです。

弁護士や司法書士の力では解決できる闇金問題はとても多く、全国対応で受け付けしている法律事務所、司法書士事務所も多いです。

弁護士は闇金問題を解決できる

鳴りっぱなしの電話。
相手は闇金の取り立てとわかっている。
アパートにも押しかける場合、完全な違法行為です。
では、こんな時には警察に言えばよいのでしょうか?

警察は基本的には動かない

嫌がらせも近隣に明らかに迷惑がかかっている、怪我をしているとか、事件性の要因がなければ取締もしてくれないのが現状です。

よって、このような闇金からの取り立ての被害者は、警察に行くよりは、法律の観点から理論的な解決を試みることをオススメします。それが、債務整理に強い、特に闇金問題に詳しい弁護士や司法書士に依頼することです。

どうして弁護士たちは解決ができる?

警察では事件がなくては動かないですが、弁護士などは困っている現状に相談ができます。
浪費癖があり、実家に内緒で闇金からお金を借りた。
法外な金利でとても払える返済額ではないし、口調が怖くて、電話にでることもできない。

闇金の恐怖は、ほんとうになんとかしなくてはならない場合でも体が言うことをきかない場合もあります。呼び出し音が怖くて、携帯番号も変えたいとまで思う方もいます。
はっきり言ってそれでも良いですが、根本的な解決にはならないでしょう。

そこで、弁護士などにはすべて正直に話しをして、闇金からの電話を止めさせてもらうようお願いする事ができます。弁護士としては借金については専門家であり、法律を守らない闇金に対して、やはり法律の観点から交渉をしていくことができます。

依頼をしたのなら、あとは指示がありますから、それにしたがって待つだけです。
取り立ての電話が少なくなることが多く、最短で即日解決してしまう場合もあります。
闇金問題に強い弁護士では、警察ではどうにもならないケースでも見事に解決することができますので、何なりと話しをしてください。

しかし、借りたのは自分

闇金に借入した方で義理堅い方も多いです。
返済ができるものなら、少し待ってほしい。完済をするつもりだけど、金利が高すぎる。
この高金利の時点ではなく、闇金からの借入は違法であり、元金の返済もしなくても良いと法律にあります。

ということで、闇金に申込をしたのは確かですが、違法業者だからもう借りない、返さない対応でも良いことがわかります。弁護士たちは、そうしたことを交渉の前提として、粘り強く話しをしてくれるようです。

ですから、なりやまない闇金の電話があり、どうにかしてほしい時には、弁護士や司法書士の助けを借りて、きっぱりと闇金とは縁を切ることが必要です。

大丈夫、相談は無料であり、依頼した時点で電話の数は減っていくはずです。
自身が悪いことはありません。ここは逃げではなく解決をしていく強い心を持ちましょう。

他人に迷惑がかかる前に対策と解決を

闇金が債務者の電話を鳴りっぱなし、なりやまない対応をするのは当然の手段です。
これで債務者を追い込み、どうにかして返済を迫っていく作戦です。
ブラックリストでどうしようもなく闇金で借りてしまった方はこの洗礼があります。

その数は1日100回以上にもなり、日常生活ができない状態にまで追い込むことがあります。
そして、電話に出ると、普通の言葉ではなく、脅しの言葉が続きます。
脅迫の内容で債務者がビビりなんとか返済しますと言ってしまう。

闇金はこの繰り返しです。
専業主婦などでは、旦那に内緒で借りていると、ご主人に言っちゃうとか、近所にも言いふらす場合もあります。この電話攻撃は、脅しの道具として、闇金が使う卑怯な手口です。
借りてしまった自分が悪い、債務者の心はとにかく折りまくりです。

嫌がらせは勤務先まで

最初に勤務先を教えてしまうと、勤務先にも電話がかかってきます。
これは、なんとかしなくてはならないことです。自身の携帯電話だけなら、出ないで済むのですが、会社に対しては、迷惑をかけてしまうことです。

この時点では、闇金に借りてしまった債務者は逃げられない状態になることでしょう。
闇金から、勤務先からも攻められることで、どうしようもない状態になります。

勤務先に連絡が行くようになったら

もう黙っているわけにはいかないです。先ず、自分が辞職しなくてはならないことも考えられますが、ここは闇金との決別を検討する時です。

闇金としては、取り立ての内容が最もらしいことを言いますが、もともと貸金そのものが違法です。その上法外な利息です。そこで、法律に詳しい弁護士などにすぐに相談に行きましょう。
それで解決できることが多いです。

闇金からの電話が止まらないのですが

これだけで十分です。
弁護士や司法書士では、その金融業者が闇金であるとわかると、詳細な情報を入手します。
今までの経緯を話して、勤務先などにも話しをしてくれる場合があります。
その上で闇金と直接交渉をしてくれることで、全ての取り立てがなくなってしまいます。

ようするに、取り立てを諦めさせる事ができます。
闇金に強い弁護士や司法書士であればできることであり、取り立てが厳しいと感じた時点で、無料相談などを受けることです。できれば、勤務先に取り立てが行く前の対処が理想的です。

闇金は違法ですが

闇金の取り立てでは、本人の電話、自宅だけではなく、近隣アパートや職場にも土足出入り込みます。

家族にも多大な迷惑がかかる行為を平気で行うことがありますが、弁護士などに依頼をすると、全てが解決することになります。知らないで借りたところが闇金の場合もありますが、ここは消費者金融ではないと気がついた時には、すぐに弁護士などに相談してください。
債務整理と言葉が付きますが、まずは取り立て電話の中止が目的です。

周辺に迷惑行為が起きてしまう闇金キャッシング。
返済できるから、完済できるからという言葉は通用しないです。
無理な取り立てのための電話をしてくるので、とにかく縁切りが最大の目的です。

闇金解決は弁護士や司法書士に依頼

大抵の闇金では、弁護士や司法書士からの連絡があると、その債務者に対しての嫌がらせ電話をストップさせます。弁護士だけど、話しを聞かせてくれますか?だけでも効果があります。

闇金は法律が怖い

法律を守っていない闇金では、法律を出されると自身の営業ができなくなってしまうことが恐怖です。今すぐ警察に行けば、間違いなく逮捕になります。

それでもいいんですか?という対応ができる弁護士では、闇金に対して強気です。
どんな闇金でも行っていることは、最初から逮捕要件です。
ですから、なりやまない電話で困っている、取り立てが厳しい闇金に対しては、弁護士や司法書士という刺客を向けることが最大のメリットです。

闇金に強い弁護士と司法書士

それは、今までたくさんの闇金たちと戦っているからです。
相談では、闇金からの嫌がらせがあって困っています。
電話番号はコレですというだけでもOKです。

その後、弁護士などからの質問に回答していくことで、取り立て電話が少なくなったり、なくなります。この方法で数多く闇金問題を解決している法律事務所や司法書士事務所なら、そのノウハウを熟知しています。また、あんたなんだ、いい加減止めなさいという対応もあります。

弁護士ができることは、依頼された債務者に連絡はしないことと、今後返済はしないことです。
元金の支払いをしていないとしてもそうです。しかし、すでに個人情報が闇金が持っていることで怖い時もあります。

その時には、携帯電話番号を変えて、引っ越しができれば良いでしょう。
メールアドレスも変更してしまうことで、たいていの闇金は追いかけることはしないです。
流出した個人情報でのスパムメールや電話では一切無視です。
二度と闇金にいかないことで、無事に平穏な生活ができます。

ほんとうに解決できる

取り立ては自分の返済ができないからと思っている方も多いです。
しかし、根本的にヤミ金にはお金を返す必要がなく、申込してしまったことを、弁護士などは責めないです。返って、ここは開き治りで、今までのことは忘れて、健全な借金をすること、できればお金は借りない人生にすることと言われることが多いです。

債務整理の必要があれば、正規の金融業者との交渉も弁護士などに依頼をすることができます。

弁護士はスゴイ

こんな闇金相手の問題を、きちんと片付けられる弁護士や司法書士は全国に存在しています。

また、依頼は電話でできますので、全国どこからでも連絡ができます。
基本的に相談は無理であり、弁護士費用などは、平均1件5万円です。

5万円で平穏な生活を取り戻せるとしたら、それは嬉しいことですが、もちろんお金がない方でも、支払いの相談には乗ってくれます。無職だとしても、相談だけでもしてみてください。

闇金からは手を引いてほしい

電話の呼び出し音は闇金。知らずに借りた金融会社が闇金であり、どうして良いかわからない。
1万円借りて5万円の返済を迫る内容では、とてもじゃないけれど、怖くてたまらない。

借りなければよかったと思っても、借りてしまったのでは話しにならないでしょう。
このままでは、勤務先にも迷惑がかかるし、実家の母にも何か電話が行く勢いです。
どうしたら良いでしょう?

実際にある話しです

闇金に強い弁護士などにはこうした相談が数多く寄せられています。
大丈夫、先ず最初に行うことは、闇金情報をすべて弁護士などに伝えることです。
早い弁護士なら、その場で交渉をしてくれることになります。

◯◯さんにお金を貸していますね。
もう返さないので、連絡はしないでほしいのですが。
なんとこれだけでも解決ができることがあります。

闇金では悪態をついたり、屁理屈をこねますが、弁護士などは平気です。
ガンガンと強気で攻めて行くことで、たいてい電話がストップします。
少し時間がかかる場合でも、弁護士や司法書士に闇金相談をして、交渉に入ると、闇金からの電話がなくなる体験談はとても多いです。

返済必要がない

闇金からのお金は返済が必要ないと言われています。
もらい儲けですが、普通はそのままではいられないでしょう。
しつこく取り立てがきてしまうのですが、ほんとうはしつこい電話に対して、支払いはしない、もう連絡はするなと言っても良いです。

しかし、そうなると、今度は勤務先や実家に嫌がらせをします。
そうなると問題が複雑になりますから、弁護士、司法書士にすべてを依頼してしまうことです。
ほんとうに鳴りっぱなしの電話もなくなっていき、支払いもしなくても済みます。

闇金体験談のその後

ブラックリストでどうしようもなく闇金に行き、弁護士に依頼して、取り立てなどを阻止。
その時には絶対に借りないと誓うのですが、闇金再利用者は多いと言います。
闇金ではなく、ソフト闇金なら良いだろうという方もいますが、ダメです。

そして、再び借りてしまった時には、やはり弁護士や司法書士に相談してください。
何度でもある意味更生するまで、怖い目に遭うことで、闇金から借りないと思うことが大切でしょう。

ちなみに、弁護士などもボランティアではありませんから、平均1件5万円程度の費用がかかります。それが現実であり、このお金を作る必要もあります。なりやまない電話に悩むのか、そんな人生よりも弁護士の支払う5万円を必死で作る方が良いと思うのですが。