押し貸しって何?その対策は?

 
押し貸しとは、知らない人から勝手にお金を口座などに振り込まれること、知らない人がお金を貸してくるという行為です。

知らない人とは?

身の覚えのない人からの借金のことを押し貸しです。イメージでいうと、押し売りです。知らない人が玄関に座り込み、これを買えと押し付けてくることを押し売りです。そんなものは要らないというのに、無理やりモノを売りつけること。

押し貸しでは、モノではなくお金であり、そのお金を貸したのだから今度は返せと言ってくる。相手は知らない人ですが、どうしてそんなことになる?というものです。

誰でも被害になるわけではない

この押し貸しの被害者は、ある共通点があります。それが、過去にヤミ金利用をしていた。またはヤミ金に口座を教えてしまった経験があるという方です。

ヤミ金に申し込みしたけれど、借りなかった。それでも、ヤミ金に自分の個人情報が提供してしまった時点での押し貸し被害があると言えます。

ヤミ金というのは、消費者金融でありません。審査もなく、お金を借りたいとキャッシングでわけのわからない金融業者等に申し込みしてしまったときに、個人情報提供にしたとき押し貸しの被害に遭うことになります。

ヤミ金の恐ろしさ

現在、ブラックリストである消費者金融審査落ちの方で、違法業者であるヤミ金に行くことはとても危険だと言われています。それが、高い金利で返済が大変になってしまうばかりではなく、個人情報がヤミ金に知られています。

内容としては、ヤミ金業者にとっては、個人情報を集めて、こうした押し貸しをしたい。勝手に口座に勝手に振込して、返せと言う。そのときに高い金利を請求することで、強迫するという方法です。

その時の対処法としては、一切無視することです。口座番号を知られているという場合で、取り立て電話がきたり勤務先にも迷惑をかけることがあります。そのときにキャッシングをしたのではなく、勝手に押し売りされていることを自覚して、とにかく連絡がきても対応しないことです。

ただ、振込されたお金ですが、振込された銀行に事情を話して、振込を取り消ししてもらって下さい。それだけでお金は元に戻ります。その後何度も振込されるのはイヤなので、口座閉鎖してしまうことです。これで、一切連絡することなく、銀行に相談して、振込がなかったことにしましょう。

口座がなくなり、電話番号も変えて、できれば引っ越ししてしまえば、押し貸しはなくなるはずです。ここまででまだ追いかけてくるときには、ヤミ金対応の弁護士等に相談されることです。

闇金利用した方は要注意

押し貸しとは、闇金からの振込を受けることです。闇金があなたの口座番号を知っていることで、振込して返せと言ってきます。もちろん貸してと言っていないお金です。

どうして闇金からの押し貸しに遭うのでしょうか?過去に闇金の利用をしたときが一番多い理由です。

ずっと前だよ、闇金利用は

このケースが一番多いです。ブラックリストになってしまい、闇金業者から借入してしまった。そのときに、個人情報も口座番号も闇金に情報提供したとします。

もう昔の話しのはずですが、お金を借りた闇金業者からの押し貸しとは限りません。その他の闇金業者であることも多いのは、闇金同士で個人情報の売買、流出がなされている証拠です。

個人情報は拡散して再利用されています

インターネット上では、消費者金融の顔をした闇金業者が多く存在しています。甘い審査の中小消費者金融の審査落ちでは、ここで借りなければと思う人が多いです。

ヤミ金融では、キャッシングをできますよという内容でインターネット対応での借入ができます。そのときは良かったと思うし、人によっては高い金利で完済することもあります。そのときに個人情報で、口座に勝手に金貸しすることが多いです。

闇金の利用はこうしてあとに残る

弁護士等を使って、闇金業者との間で解決したとします。それでも、数年後に突然押し貸しが起こることがあります。完済ではなく、せっかくの弁護士費用の支払って解決下というのに、いつまでもあなたの情報が闇金業者が持っていることになります。

メールアドレスだけなら、いつまでもスパムメールが続くことになります。これくらいなら、メールを無視したら良いのですが、口座をそのままにしておくとNGです。

闇金利用したときには

闇金利用口座はすぐに閉鎖してしまうことです。

現在、実は闇金の利用しているという方は、将来闇金からの押し貸しがくる可能性があります。ですから、もし闇金からの借入をしてしまった人は、その口座は捨てて下さい。それが、闇金との決別になります。電話番号も変えることが必要です。

多分、弁護士が介在して、闇金問題の解決したときには、同様のアドバイスがあります。押し貸しに合わないための対処法になります。はっきり言って、この方法が押し貸し被害を食い止めることでしょう。

メールアドレスも変えないと、いつまでもスパムメールがきてしまうことになります。それが、口座情報は消してしまうこと、それが大切な方法であり、闇金の手口は一生続かないことにすることです。

過去に個人間融資で書き込みした方も危ない

闇金業者の利用はしていないけれど、しかけた人もいないでしょうか?

個人間融資に書き込みをした

個人間融資とは、審査がないキャッシングとして個人が個人に貸金するという掲示板サイトです。書き込みでは、借入したい、ハンドルネームだけです。

しかし、その前に個人間融資掲示板サイトに登録するときに、全ての情報提供することがあります。それが闇金業者に流出してしまうことがあります。

どうしてそんなことが言えるのか?というのは、書き込みした瞬間にスパムメールがやってくることがあります。確実に個人間融資掲示板サイトとグルになっている可能性があります。

書き込みに返事がきた

書き込みして話しを聞きましょうと個人から連絡くることがあります。そのときに、なぜか個人情報しか聞かない。一向に借入ができないことがあります。このときに、相手は個人情報は全てきいたと、でも貸さないという対応があります。

この手の個人間融資掲示板では、個人情報収集屋であり、お金を貸すつもりはなく、個人情報はヤミ金融に流出するつもりで掲示板サイトに書き込みしている可能性があります。

個人間融資は闇金という口コミ

個人間融資は闇金業者がいる、闇金業者とつながっているとの情報がとても多いです。押し貸しが必ず存在するとは言えないのですが、あなたの個人情報が闇金業者に流出してしまうことが確かなようです。

許せないのが、掲示板サイトの情報がそのまま闇金業者に行く可能性があることです。個人情報の保護もなく、ダダ漏れになります。

ですから、いくら消費者金融審査落ちだとしても、個人間融資の書き込みはしないことです。自ら個人情報を提出すること、自覚して下さい。

口座番号は簡単に教えない

闇金業者に口座番号さえ教えなければ、押し貸しには遭いません。そこで、闇金業者に借りようと思った、個人間融資の書き込み等では口座番号はいよいよにならないと教えないというのも確かです。

口座番号を教えてしまうのは、とても危険なことがわかります。住所や電話番号も個人情報として大きなものですが、押し貸しの場合は口座が知りたいのです。最近では勤務先の情報もほしがります。そのときは、勤務先にも取り立てに行く、嫌がらせもしてしまうことが多いです。

ヤミ金業者との取引をする前だとしても、自分の情報を提供してしまうことが最悪の事態です。これがわかったとしたら、個人間融資の利用もしないのが妥当なことがわかります。過去に個人間融資の利用として、押し貸しされたとしたら、個人間融資の書き込みが原因になります。

過去にネットオークションサイト等は使わなかった?

口座番号はなかなか普段のSNS等では公開することはありません。闇金にも借りないし、第一キャッシング等はしていない。

大手消費者金融カードローン、中小消費者金融でも個人情報が流出してしまうことはありません。ですから、キャッシングしたいときには、大手消費者金融等のカードローンでは安心です。

意外な盲点

それが、ネットオークションサイトや不審なショッピングサイトです。今、ほしいものがあれば、自分の情報を渡すことになります。

そのときに、返品などで、お金を振込しますからと言って口座番号を聞いてくる場合があります。また、、クレジットカードの番号等も不審なショッピングサイトでは、個人情報を渡すことになります。銀行口座も教えてしまう。

それが、ネットオークションサイトやショッピングサイトでは安心だと思うのですが、ヤミ金融が絡んでいたり、流出させてしまうことがあります。

口座番号がわかれば

ヤミ金融としては、メールアドレスがわかればスパムメールを送りつけてきます。そして、口座番号がわかれば、数万円の押し貸しをして数十万円、数百万円という請求をしてきます。それが目的です。

ヤミ金融の利用もしていないし、個人間融資掲示板サイトも利用していない。だけど、インターネット上で自分の情報を提供しなければならないときには、闇金業者に個人情報が流出してしまうことがあります。

怪しいサイトに絡まない

スパムメールだけなら全て無視であり、メールアドレスも捨ててしまえば良いです。押し貸しも同様であり、口座を捨てることが良いでしょう。ネットオークションサイト等に登録したり、利用するときには、メールアドレスも捨てられるモノを用意することです。

普段自分で使用している口座は、インターネット上で使わない。キャッシング等で振込をする、クレジットカードの引き落としの場合は、金融業者が安心業者であれば良いのですが、その他では使わない口座等の利用が良いでしょう。

そして、その目的が完了したのなら、口座は閉鎖してしまうことです。それが、押し貸しの予防策になります。

ネットオークションサイトの利用も気をつけて

口座の利用はないものの、住所等は提供することが多いです。

どんな相手か不明であり大丈夫なら良いのですが、電話番号が必要なときには捨てられるもの使う。インターネット上でお金が絡むものは、相手の素性が不明なときには、捨てられるものだけで利用する。押し貸しではなく、その他インターネットの情報は拡散してしまうという自覚を確認することが必要です。

ネットオークションサイトからの押し貸しというのは、かなりショックなことです。

意外な押し貸しのきっかけがある

ネットオークションサイトでは、口座番号まで教えることがないでしょう。せいぜいスパムメール程度ですが、クラウドソーシングサイト等での仕事をしたときに、相手が闇金業者の場合は、押し貸しの可能性がゼロではありません。

クラウドソーシングの普及

最近では、在宅ワークとしてクラウドソーシングサイトが急増しています。自宅で仕事をしたい、単発的な仕事では、条件が良いものでは申し込みしてしまうことが多いです。

インターネット上の仕事では、報酬は口座振込になることは100%です。そこで、ばっちり口座番号を提供します。そのときに闇金業者であるとか、もともとそのつもりがないけれど、個人情報が漏洩してしまうことがあります。事故で個人情報が流出してしまう恐れもあります。

クラウドソーシングサイトでは、個人情報保護をしっかりしているところもありますので、そのようなサイトの確認は必要です。不審な業者がいないとされていますので、しっかりとしてサイト利用がオススメです。

変なサイトは利用しない

お金が絡む内容では、不審なサイトは絶対に利用しないことです。口座番号までの情報提供では、美味しい情報があります。

美味しいクラウドソーシング等は怪しいので、報酬相場のバカ高いものには飛びつかないことです。

それでも押し貸しに遭ったとしたら

クラウドソーシングサイトだけどはなく、闇金利用をしていた、個人間融資掲示板サイトで書き込みしてしまった。何かの縁で闇金や押し貸ししている悪徳業者に関わったときは、とにかく危ないです。

一番は闇金利用していた方ですが、押し貸しと気がついたときには、すぐに銀行に相談をして下さい。そのときに、誤振り込みなのかを確認して、身の覚えがない場合は、きちんと話しをして下さい。その時に闇金利用の話しをしなければならないこともありますが、銀行では個人情報保護がされています。

もし自分で不安なら、闇金対応の弁護士にも相談ができます。絶対にしてはならないのは、その振込のお金を使うことです。引き出しこともしないことで、そのままにしておくことです。

その口座は捨てて

押し貸しされた口座は解約してしまって下さい。闇金に個人情報が提供されたとしたら、その内容は捨てるものは捨てて下さい。口座もそうですが、電話番号、引っ越しもできれば良いでしょう。

とにかく闇金に知られたとわかった情報では、全て変えてしまうともう追いかけてこないでしょう。対処法としては、情報を捨てることです。

闇金利用はしないこと

消費者金融で借入したけれど、ブラックリストになった場合、闇金等で借りたいと思う場合があります。

闇金からのキャッシングはとても金利が高いことで口コミがありますが、実はこうした個人情報が知られることも恐怖の一つです。ヤミ金業者に縁してしまうのは、借りれない人になります。

自分からの能動的な行動です。押し貸しがイヤなら、ヤミ金には行かない。インターネットで簡単に口座情報を提供しないことです。