押し貸しって何?

押し貸しを知っていますか?押し売りのお金版です。

押し貸しに至る経緯

たいていの押し貸しでは、自分の口座に知らない方からお金が振込されている状態でしょう。その人は誰?どうして振込されているの?ということが押し貸しです。

では、どうして自分の銀行口座がこの人に知られているのだろう?と思うでしょう。それは、自身の行動で過去に遡ることが必要でしょう。

銀行口座を誰かに教えませんでしたか?

要するにここです。お金を振込ができるのは、あなたの名前と口座番号がわかっていることが必要です。そこで何かの拍子で教えないとこのような押し貸しはないでしょう。過去の記憶を思い出してください。

たいてい闇金関係

過去に、消費者金融の借入ではできずに、闇金に貸金の申し込みをしたことがありますか?そのときに振込先を教えることになります。交渉がうまく行かずに借入していないとしても、あなたの名前と口座番号は知られたままです。

闇金ではネットワークがあり、自分で知り得た情報は流出させている場合があります。そうして、そのときの闇金以外もあなたの名前も口座番号も知ってしまうことがあります。そこで、自分の個人情報が多くの闇金に知られることが多いと言います。

過去に闇金に申し込みしてしまい、借りないにしても名前と口座番号を教えてしまった。この事実で闇金は、押し貸ししてくる場合が多いです。

どうして押し貸しをする?

押し売りとは、無理やりモノを買わす行為です。いらないと言っているのに、モノを押し付ける。押し貸しも同様で、貸してと言っていないのにお金を貸してやるというものです。

このお金は、自分が貸金の申し込みもしていない時に勝手に振込されるものです。過去に縁したことが原因で、忘れたころにこうして無理に借りろと言ってくるようです。

相手にしないこと?

それは危険です。押し貸しでは、絶対にそのままにしてくことはNGです。

まず行うことは、銀行に伝えて口座凍結をします。振込が押し貸しであることは言う必要はありません。全く手を付けずに、口座凍結してしまってから弁護士などに相談してください。闇金対応の法律事務所などが有効ですが、法テラス、消費生活センターなどでも良いです。

まずは、現金として手に持たずにそのままにして、口座凍結してから弁護士などに指示をしてもらってください。そのときに、過去の闇金のことなどを聞かれるのですが、必ず正直に回答してください。ここで虚偽は厳禁であり、闇金までの顛末は話さなければならないでしょう。

押し貸しのお金は使ってもいいんだけどね

消費者金融では、ブラックリストになると借入ができなくなってしまいます。審査落ちは厳しいことですが、ブラックリストでもお金が必要な場合があります。

そこで、いけないと思っていたとしても闇金似申し込みしてしまう方もいることでしょう。

闇金で借りるということ

消費者金融も闇金も共通していることは、あなたのことを教えてくださいということ。

個人情報の入手ですが、消費者金融では保護体制が整っています。現に、消費者金融から個人情報が流出している事実はありません。こんなことをしたらとんでもないことです。

しかし、闇金は違います。たいてい個人情報では、都合が悪いと流出させたり、時には利用してしまうこともあります。その1つが押し貸しです。

中小消費者金融の勧誘

話しは少しずれますが、甘い審査の中小消費者金融などでは一度完済した顧客に関して、また借りませんか?と勧誘することが多いです。大手消費者金融審査落ちで仕方なく中小消費者金融のキャッシングしたとき、きちんと完済してくる人にはこうした勧誘をすると言います。

もちろん再審査もありますが、ありがたいと思う方もいますが、ありがた迷惑の場合もあるでしょう。また、今度お願いします、でも良いのですが、この場合の中小消費者金融では勧誘というお伺いであり、個人情報の流出ではありません。

押し貸しは断りなく振込する

上記の中小消費者金融では、個人情報も知っていますが、2万円貸してやるよという態度はありません。

借りませんか?という勧誘ですが、過去に闇金で完済してときには、勝手に振込をしてきます。これが押し貸しであり、振込したから返せという対応です。もちろん返すこともないのですが、必要がないお金であれば、そのままにしておくの気持ちが悪いことです。

闇金の言い分

過去に完済している方に押し貸しの傾向があるといいます。その理由として、きちんと返せる人にしか押し貸しはしない。とりっぱぐれはしたくないからです。

そこで、完済した闇金ユーザーに勝手に振込をしてくることがあります。

乱暴な言い方ですが

消費者金融と闇金の違いでは、法律の存在です。消費者金融では、貸金も審査次第で貸金業法範囲内で行います。勧誘は違反ではありません。

闇金では法律は無関係であり、押し貸しも勝手な行為です。開き直れば、貸してほしいとも言っていないのに、勝手に振込したので返さないよと言ってもOKです。随分乱暴ですが、闇金のお金は一切返済しないとしても違法ではないとされています。

ですから、押し貸しで振込されたお金を使ってしまった、返さないとしても良いとされています。ただ、それは倫理的にもおかしいですし、返さないというと闇金は黙っていないでしょう。

過去は闇金で借りて完済。それはそれで黒歴史として消してしまいたいことです。もう二度と関わりたくないのであれば押し貸しは解決しなければならないことです。

現在は、弁護士などに押し貸し被害で相談ができます。お金もかかりますが、ここは弁護士などの法律家に入ってもらうことが妥当です。

どこで知られた?個人情報

押し貸しの被害に遭っている。その原因は何?

闇金融で利用したことがある

多くの押し貸しの原因がこの闇金からの借入です。特に完済したり、きちんと返済をしていた場合、闇金にとっては優良な顧客としてチェックされていることでしょう。

そろそろお金が必要じゃないかと思ってと、いきなり振込してくる場合があります。押し貸しの多くが、この過去の闇金の借入して完済している人です。

過去に闇金と連絡した

押し貸しをするのには、あなたの名前と口座番号を知らなければならないです。そこで、個人情報流出する場として闇金に申し込みはしたけれど、借りなかった方もいます。

そのときに、名前も口座番号も教えてしまった場合では、借りたと同様情報が流出してしまっています。そこで勝手に振込して、貸してやるから返せという対応になります。闇金融ではこのような対応をすることがあります。

ネットオークションサイトの利用

ネットオークションサイトには闇金融も存在していると言います。

この場合、闇金融が貸金ではなく、情報収集のためにやばいオークションをしている場合があります。ここで、押し貸しのターゲットになってしまうことがあります。携帯電話の情報などでは不審電話がかかってくることもあります。細かな個人情報を提出している場合もあります。

闇金は関係していないのに、どうして私の個人情報が流出してしまう?ネットオークションサイトの利用が最悪の事態になることがあります。

闇金では様々な活動をしているので、個人情報収集をしていることがあります。簡単に取引してしまうことは危険です。

悪質サイトの利用

架空請求などをされる。スパムメールに対応してしまったときに、名前だけではなく口座番号も教えてしまうことがあります。そのときに押し貸しのターゲット化してしまうことがあります。

押し貸しは闇金だけではない

闇金融で借りたので、押し貸しの被害に遭ってしまうということはありません。闇金融だけではなく、実際にはインターネット上で名前や口座番号を教える機会では、押し貸しの被害に遭うことがあります。

個人情報を提出するときには、個人情報流出しないような安心できるサイトの利用が肝心です。間違ってもこの押し貸しに関しては反応はしないことです。

押し貸しがどこから来ているか?自分で探ろうとはしないことですが、どのタイミングで個人情報提出したかは確認することが必要です。ネットオークションサイト、悪質サイトの利用ではなかなか自分では気が付かないことが多いです。

押し貸しされた、どうしたら良い?

押し貸しとは、身の覚えがない振込を受けることです。対処法としては、最初に行うことがあります。

そのお金は使わないこと

まずは、本当に知らない人からの振込なのかを確認してください。金額だけではなく、振込人の確認では、銀行に直接聞くこともできます。銀行では、事情も聞かれることがありますが、正直に回答してください。

とにかく、この人からの振込が押し貸しであることを確認してください。そして、そのお金には手を付けないことです。闇金からの押し貸し可能性が高いのですが、とにかくそのままにしておくことです。

押し貸し決定、何をしたら良い?

まずは、自分の過去の行動で、どこかで闇金との関係がなかったことを確認してください。同時に口座凍結してしまってください。お金はそのままです。

もし、過去に闇金融から借入したとか、申し込みをした。または、闇金融などに自分の個人情報が流出させてしまったなどの事実があれば、そのお金はある闇金融からのものです。そのお金で、電話番号が知られていれば、返せと請求が来ます。

勝手なことですが、押し貸しとは勝手に貸して、勝手に返せという内容です。スパムメールが多くなり、返せと言ってきます。とにかく何もしない、です。

電話番号は変える

この電話番号は変えることで請求がきません。

しかし、過去に闇金融の借入だとしたら、家族や勤務先に連絡が行くでしょう。多大な迷惑をかけることになります。闇金融から借りた形になっているので、相手としてもしつこく請求が来ます。

自分の電話番号を変えて、あとは弁護士などに相談してください。弁護士も闇金対応のところが妥当であり、直接話しをしてください。過去の闇金との関係が聞かれますが、指示に従ってください。

口座に入っているお金は?

闇金が直接闇金と交渉をするのなら、あとは任せてしまうことです。間違っても使ってもいいよというお金ではありませんので、弁護士などにあずけてください。あとは、黙っているだけです。

厄介なのは、闇金と連絡がつかないことです。自分が電話番号を変えてしまう。勤務先などに迷惑がかかることがありますが、ここは弁護士などに間に入ってもらうことです。そこで、勤務先などに迷惑行為を止めてもらうこと。その後、全く関係しないことです。

口座は、解約してしまう。電話番号も変えることとできれば住所を変えてしまう。これで、まずは押し貸しの被害に遭うことはありません。あとは弁護士の指示に従うことです。

自分の情報を変えることはできますが、他人に迷惑がかかることは、弁護士の相談できっちりと解決しましょう。

闇金は利用してはならないということ

闇金業者では、サイトやTwitter、個人間融資で、申し込みを待っています。個人間融資も闇金行為です。

そこで行われるのは、キャッシングばかりではなく、個人情報収集だったり、詐欺行為などもあります。女性をターゲットにしたひととき融資などもあります。そして、忘れたころに勝手に人の口座にお金を振り込む押し貸しも存在しています。

押し貸しについて

過去に完済した闇金から再び勝手に振り込む。そして、無謀な金利で返せと言ってくる。無視していたとしても、スパムメール、電話、ひどい場合では勤務先などにも請求が来ます。

この弁護士関係の解決では、自分でどうしよもないので、弁護士に相談が妥当です。そして、闇金からお金を借りてはならないとされています。

それでも仕方なく借りてしまったときには、そのときの振込口座などは解約してしまう。これで押し貸しの被害はなくなるはずです。とは言っても、押し貸しされたのではどうしようもないことです。

闇金からの押し貸し

何もしないことですが、闇金対応の弁護士や司法書士に相談してください。そのときに警察では何もしてくれないでしょう。

弁護士などは、押し貸しされたお金は法務局などに預けることで解決します。そして、闇金に情報提供したものは消す。消すというのは、電話番号を変える、住所を変える。口座も解約してしまう。それで押し貸しも今後こないことになります。

闇金では、弁護士が介在したり、こうした行動してしまう方は追ってこないでしょう。もう面倒と思われる行為が必要であり、あとは情報を変えてしまうことで、二度と闇金と縁をしないことです。

もう闇金は申し込みしないで

どうしても借りたい。消費者金融では借入ができないので、闇金融から借りてしまった。それで助かったと言う人もいます。

しかし、そこは無法地帯のキャッシングであり、高い金利だからリスクがある。それだけではなく、個人情報はうまく利用されます。免許証なども悪用されたり、連絡先などでも悪評が流されることも多いです。そうした闇金融の存在があります。

ですが、きちんと借りれた闇金融だとしても、一度関わってしまったら、振込された口座は解約してしまってください。電話番号も変えると、押し貸しされない。その後も闇金と関係を持つことはありません。

弁護士は高い

費用がかかりますが、闇金解決では法的なことが必要です。過去に闇金に借りたことの代償です。

弁護士費用に関しては分割対応であり、押し貸し解決の場合はアフターケアもあるところも少なくないです。