闇金に借りていないけれど、押し貸しの被害はある

闇金に仕方なくお金を借りなければならない。本当はあってはならないことですが、世間では闇金に申し込みしてしまう方が存在しているのは確かでしょう。

押し貸しの事実

しかし、闇金に借金の申し込みしたときに、その金利の高さに驚くことも少なくありません。そこで、やはり闇金からの借金はしないと断る。正しい選択ですが、既に振込口座や個人情報も伝えていることがほとんどです。

闇金に借金のことは断ったけれど、ある日突然口座にお金が入っている。これが押し貸しの事実です。闇金に口座を教えてしまったので、そこに借金は断ったけれど、勝手にお金を押し付けるということです。いいえ、要りませんと言ったとしても対応しないでしょう。

闇金からは借りたくない

闇金にお金を借りなければならない事態では、消費者金融などの審査に通らない方たちです。

闇金のサイトでは、美味しい話が乗っていて、ブラックリストの私も借りれそう。しかし、実態としては高金利の借金であり、とんでもない。断ったのに、押し貸しがあり、そこから取り立ての電話が鳴り止まない。

闇金にしてみれば、借金しただろうとの形になります。それは当然理不尽な話であり、それから先の対応はしっかり行うことになります。

闇金に連絡してしまったとき

上記のように、闇金からは自分から申し込みをしなかったけれど、押し貸しの被害に遭わないようにするために行ってほしいことがあります。

ヤミ金融では、お金を貸すことを生業としているのではなく、屁理屈を付けて高金利の返済をしてもらうことを目的としています。闇金に連絡をしてしまったときに、個人情報も口座番号、電話番号なども伝えています。この部分をすべて解約、変更してしまってください。

個人情報としての住所や勤務先などはそのまま残ってしまうのですが、変更ができるものは変更する。それだけで、少なくとも押し貸しの被害に遭うことはないでしょう。

押し貸しは、口座番号と電話番号が知られているから被害に遭います。ですから、この部分がなくなれば、押し貸しはできない状態になります。

押し貸し対処法を講じても

勤務先に直接電話が来ます。電話が繋がらないと、どうしても変えられない勤務先には闇金からの連絡は止めることができないでしょう。

もしできるのなら、勤務先の担当者に事情を話して、自分はここにいないと言ってもらうことでしょう。いざとなれば、警察に相談でも良いのですが、闇金に伝えた勤務先でいないと言われたのなら、闇金も諦めることでしょう。

優良闇金は押し貸しをしない?

闇金に連絡をしたことがあるでしょうか?

いきなりですが、消費者金融も借入れができないときに、サイトで確認した誰でも借りれる闇金にどうしてもお金を借りた。借りようとしたとき、どんなことを聞かれましたか?

闇金が知りたいこと

消費者金融でも応募フォームでは、細かな個人情報を入力することになります。この個人情報は絶対に漏洩することがありません。それがわかっているので、安心して伝えることができます。

闇金も個人情報を聞き出します。応募フォームがある闇金もいますが、その時に個人情報の漏洩に関しては、ほぼ100%でしょう。この個人情報をまず知りたいのが闇金であり、多くの闇金では他の闇金たちと情報共有します。

闇金は、申し込みしてくる人はお金に困っているのであり、詐欺対象として情報を拡散します。お金を貸したいのではなく、元金が少ない貸金で多くの返済額を手にしたい。それを個人情報を利用して行うということ。この個人情報の伝達が最も闇金で怖いことです。

脅しに使える

闇金からお金を借りた。高金利はわかっていたけれど、その時どうしても現金が必要だった。そこから、数回だったら高金利でも完済ができれば良い。高金利の返済ができるとしたら、仕方ない。闇金でお金を借りる人はたいていこのパターンです。

個人情報を知っているので、完済してしまうまで脅されることもあるでしょう。それでも、返済することもあり、完済で闇金と縁が切れたと思う方は多いでしょう。

妙な言い方ですが、この時点で闇金が本当に完済後は連絡もこない。このような闇金は優良の方です。

個人情報を知っていて

例えば、闇金にしてみれば、高金利の闇金の完済をした方は、また貸したとしたら完済するだろうと思われます。優良闇金であれば、そのままですが、大方の闇金では、また借りないかい?と勧誘をしてくるでしょう。

そのとき、そうした勧誘をするだけではなく、いきなり過去に使った口座番号にお金を入れる。そして、理不尽にも返せということ。これが押し貸しの実態です。完済ができるのだから、少し脅しをしたら、返済をする行為が仇になってしまうのですが、永遠にこうして付いて来る。

闇金からお金を借りる。きちんと完済したら良かったではなく、こうして個人情報を知られていることでは、押し貸しの形で貸してやるから高金利での返済を求めることになります。金融業者ではありませんが、銀行口座を知られている限り、付きまとわれることがあります。

優良闇金で借りたとしたら、完済後の押し貸しもないと言います。では、闇金で借りるのなら優良が良い。そんなことではなく、闇金に借りる状況が大きな問題です。サイトだけでは、私達は押し貸しなどはしませんという闇金は存在しませんから。

押し貸しされて弁護士に相談すると

闇金からの押し貸しの被害に遭った。こんなときは、闇金対応の弁護士や司法書士の相談してください。債務整理ができる弁護士などではなく、闇金に対して攻撃ができることがポイントです。

闇金は債務整理はない

債務整理対応の弁護士は多いですが、闇金は別の方法で解決していくことになります。そこで、闇金に強い弁護士などですが、押し貸しに遭うと言うとき、お金はそのままにしてすぐに弁護士などに相談をします。

その時、過去に闇金から借金をした。借金はしなかったけれど、申し込みだけはして個人情報を伝えた。電話番号を教えてしまったときには、押し貸し後に電話が必ずかかってきます。

すぐに弁護士に相談をすると

闇金からの連絡が来る前に弁護士などに相談をすることがポイントです。過去の闇金との関係では、完済していたり、借りていないことで何も関係はありません。

そのときの電話番号を知っているのなら、そのまま弁護士に伝えます。闇金の解決のときに、弁護士からは2つのことを言われることでしょう。

ここからは弁護士が対応

債務整理にしても、弁護士や司法書士に依頼したときには、債権者との交渉はすべて弁護士になります。

闇金も同様であり、押し貸しのときには取り立ての電話や手紙が来ます。それに一切対応しないことを弁護士から言われます。勤務先の嫌がらせがあるとしても、全て弁護士が対応することになります。

もう一つ言われることが、即銀行口座の凍結と電話番号を変えることです。一切の連絡を断つことで、あとは弁護士に任すことです。

押し貸しされたとき

押し貸しされた時、返済してしまう方もいます。

ある方は、5万円の押し貸しに対して50万円以上の返済をしてしまった場合もあります。当然返済などはしなくても良い話しですが、そこから弁護士に相談しても大丈夫です。

とにかく自分では解決ができない。返済しないにしても、押し貸しのお金はどうなるの?ということ。すぐに弁護士や司法書士に相談をして、あとはすべて任してください。少なくとも、電話番号を変えると闇金からの取り立てはなくなります。勤務先が知られている時にも弁護士は対応してくれます。

闇金に連絡して、情報を言ってしまった時は、絶対に悪用されます。それが押し貸しであり、取り立てであり、嫌がらせです。

弁護士は何をする

闇金に対して、弁護士が対応することを伝えます。そこで、二度と押し貸しをしないこと、そのお金は闇金にそのまま返すこと。そして、連絡は絶対にしないように諭します。

もちろん、納得がいかない闇金に対しても、弁護士では法律を前面に出して攻撃していくことができます。このとき弁護士に忠告は厳守していくことで、押し貸し被害はなくなることでしょう。

押し貸しの解決のポイントは銀行口座

ヤミ金業者では、サイトでは誰でも借りれる。ブラックリストでも無職でも借りれるなどで宣伝しています。

ソフト闇金と言われるところも同じです。闇金は、法律が介入していないので、返済に関しては、消費者金融のような安心感はありません。

闇金で借りる人はいるの?

現在、闇金に申し込みしてしまうのは、消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない方たちでしょう。

審査に通らないというのは、金融事故があるとか、個人信用情報機関上ではとてもお金が借りれない場合でしょう。ブラックリストでもどうしてもお金がほしいとき、闇金とわかっていて申し込みしてしまうようです。

ちなみに、闇金は金融業者ではありません。

闇金に申し込み

申し込みしたとき、ソフト闇金などでは公式サイトにスペックがあります。高い金利ですが、合法的などではない数字です。堂々と公式サイトにあるので、納得して申し込みしていることを確認させられます。

また、闇金にしてもとにかくお金がほしいブラックリストにとっては、お金を貸すという言葉で安心感があるようです。消費者金融で借りているような錯覚ですが、とても大変な行為であることを知らなすぎます。

闇金にお金を借りるということは、個人情報も伝えることになりますが、その時に銀行口座も教えることになります。

他人に銀行口座を教えるということ

相手が安心できる人、団体なら良いでしょう。

しかし、闇金に銀行の口座番号を告げます。そして、相手の口座番号も聞いて返済になります。このことは、闇金に自分の口座番号を教えることの危険性はしっかりと考慮することが必要ですが。

そして、闇金の口座番号も知ることが大切です。

口座番号から解決

闇金に口座番号を教えてしまうことは、借金もできますが悪用されることが心配されます。それが押し貸しであり、架空口座に利用されることがあります。

また、返済用として闇金の口座番号を教えてもらうのですが、その口座が架空口座の可能性がとても高いです。実は、それが押し貸しには必要なことになります。

押し貸しの被害

闇金で貸金したときには、高金利の返済を取り立てを受けながら行うことになります。やっとの思いで返済したのに、ある時闇金が勝手にお金を貸すという押し貸しをすることがあります。

申し込みもしていないのに、無理やり貸すという対応ですが、このときにすぐに弁護士などに相談してください。弁護士は、その口座番号解約をするように言われますが、闇金が指定した口座番号も注目です。それが、架空口座として犯罪などに使用されていたとしたら、即凍結ができます。

その中にお金が入っていたとしたら、闇金は引き出すことができない。既に犯罪被害者がいるときには、その架空口座にあるお金では、被害者に分配することになります。

押し貸しのお金はそのまま闇金に押し付ける。弁護士はその手段を知っているので、押し貸しの被害、闇金に申し込みしてしまった時点でも弁護士に相談ができます。

押し貸し対処法の正しい内容

押し貸しの被害に遭わないためにできることは?

押し貸しとは闇金からのお金を無理やり貸付を受けることです。突然銀行口座にお金が入っていて、理不尽な返済を要求されることになります。そのときに返済の必要はありません。

闇金からお金を借りたら

闇金からお金を借りること自体は犯罪ではありません。

ブラックリストで現金がほしいので闇金に申し込みした。その時に高い金利だけどやっと完済もできた。そんな借金ではなく、別の方法で解決ができたかもしれないのにということもありますが、闇金からお金を借りることもあるでしょう。

その時は、そのお金で助かったという方もいれば、それはそれで仕方のないことです。そこで、完結したのなら良いですが。その時に知られた口座番号にお金を入金して、返せと言うのが押し貸しです。

ということでは、闇金から借金してしまったとき、完済したら、その口座を解約してしまったら良いのでは?その通りです。押し貸しの被害に遭わないようにするのは、闇金で利用した口座を解約してしまう。それだけで押し貸しの被害には遭いません。

連絡方法は電話だけ

闇金からお金を借りたとき、電話やメールだけで行った場合、電話番号とメールアドレスを変更してしまう。これである意味闇金からの連絡がこないでしょう。住所や勤務先は知られていて、そこに攻撃も来ます。

それでも、たいていの闇金では、電話が通じないと相手にしないと言われています。電話番号を変更してしまうと、押し貸しの被害もぐっと減ってしまうことでしょう。

闇金との関係を断つ

要するに、押し貸しの被害に遭わない対処法は、闇金に告げた情報を変えることです。引っ越しして、転職までしてしまう。それで完璧です。口座もなし、電話番号も変えることで、まず押し貸しの被害に遭うことはないでしょう。

対処法としては、闇金から借金して完済するとか、弁護士などに借金問題の解決したあとは、口座番号もなくして、電話番号も変更することを言われるはずです。

押し貸しに遭わないために

闇金には申し込みをしない。申し込みしてしまった人は、闇金と関係したことは変更してしまう、それだけでも押し貸しはできないでしょう。わざわざ追ってくることもなく、弁護士などに相談したときも面倒な対応になるので、闇金から離れていきます。

ちなみに、闇金関係の問題解決を弁護士や司法書士に依頼すると、1件5~6万円程度の費用がかかります。相談だけなら、無料のところが多いのですが、依頼では費用がかかります。また、相談だけでは問題解決は難しいでしょう。