押し貸しって何?どうしたら良い?

押し貸しの内容は、闇金が行うことが多いと言われています。勝手にお金を振込して、高い金利で返せという請求が来ます。

闇金がどうしてこんなことをする?

その目的は、高い返済金額をもらうためです。

闇金から振込されたことで、返済をしなくてはならないと思う。脅しだったり、電話での請求で押し貸しして返済を無理にさせようとします。

勝手に振込をしたので、一切返済はしないと強い口調で言えるのなら、それで解決です。ただ、相手にしないというのが妥当ですが、振込されたときにはどうしたら良いのでしょうか?

振込されたお金

そのお金は闇金のものです。何もしないで返済したいのですが、闇金は振込したときでお前のお金。返すのなら金利もよこせということになります。勝手なことですから、相手にしなくても良いでしょう。

ちなみに、押し貸しの解決では闇金対応の弁護士に相談してください。その時には、弁護士は闇金の請求に対して強い口調で一切支払いはしないと言い切ることになります。それができるとしたら、弁護士に依頼することなく自分で相手は知らないお金だからと突き放すことができます。

個人情報が流出した上に拡散した証拠

個人情報に関しては、闇金で借りたときには個人情報は知られて他の闇金も共有しているといいます。これが紹介屋だったり、闇金では互いの個人情報の交換などをしていると言います。

押し貸しの場合は、名前とメールアドレス、電話番号だけではなく、銀行口座の情報が必要になります。そこまでの情報がある方には、闇金ではお金に困っていると判断して押し貸しのターゲットになります。

電話だけでは押し貸しはできません。ですから、過去に闇金などの利用した方で、押し貸しの被害者になることがあります。

対処法としては

ベストなのは、闇金対応の弁護士などに相談してください。そして、そのお金には手を付けない。1円も返済しないことです。

普通、闇金のお金は借りたとしても返済はする必要はありません。ただし、押し貸しの場合はイチャモンも付けられたり、面倒です。法務局の供託制度の利用で、不穏なお金として供託してしまう手もあります。

自分で行うときには闇金との連絡も面倒だと思うので、ここは弁護士対応がベストです。費用はかかることですが、下手に闇金に付きまとわれるくらいなら、ここできっぱりと縁切り料として、弁護士に切ってもらうことが理想です。

とにかく何もしない

弁護士依頼では何もしないことです。電話などにも対応しないように言われるのですが、弁護士に知らせたというとビビってしまう闇金も存在しています。その後、その口座は解約してしまう、電話番号は変えるのは必須です。

闇金とは縁はないけれど、スパムメールに対応してしまった

闇金からも借入はしたことがない。それなのに押し貸しの被害に遭う。

よく考えてください

闇金とは、違法な貸し金している業者や個人を指します。

キャッシングというのは、正式には都道府県知事の登録が必要であり、それには規定があります。誰もが貸金業者になることはできません。闇金とはこうした登録もなく、好き勝手な金利で貸し金をする輩です。ですから、絶対に借りないと思っている方は多いことでしょう。

しかし、実際に押し貸しというのは、完全な闇金の手法です。名前だけ、メールアドレスというのなら、インターネット上で流出してしまうことがあります。

スパムメールで引っかかった

スパムメールの類は、多く受け取ることがあります。すべてゴミ箱ですが、そこでたまにあなたに100万円あげますというようなメールなどに対応はしませんでしたか?

そこで、たまたま口座番号を入力してしまった。何もなかったと忘れてしまったとしても、そこの情報が闇金が入手してしまった可能性があります。

あなたは決して闇金からのキャッシングはしていない。ただ、闇金はあなたの口座番号の情報があると言うときに、押し貸しのターゲットになってしまうことがあります。あのスパムメールが原因?ということ。

仮にも、他人に銀行口座の情報を提供してしまったときには、こうした押し貸しの被害に遭うことがあります。

借りてはならない

当然必要のないお金であり、もらう権利もありません。

闇金では勝手に口座にお金を入れて返せというでしょう。闇金が持つリストに名前があるだけで、返済したら儲けものと思っているだけです。このお金は使ってはならないものですし、返すこともしないことです。

あなたの情報が出回っている

こうした見ず知らずの人からの押し貸しでは、あなたの個人情報が流出していることになります。詳細はわからない情報ですが、スパムメールなどでは反応した方に対しては、こうしたカマをかけて押し貸しをするようです。

まずは電話番号を変える

スパムメールのときの電話番号を変えてください。それだけで請求されることはありません。

そのお金ですが、正直言えば勝手に貸したのですから、返済義務もありません。引き出したとしても、請求もされることはないかもしれません。ただ、しつこい相手の場合は、住所などで探してくる場合もあります。

こうなると、警察ではなく弁護士などが相談に乗ってくれます。その時には、闇金対応の弁護士や司法書士です。その時にはアドバイスどおりに動くことです。

押し貸しに関しては、闇金金融として対応。お金にしても、供託制度などを使って、処理することになります。なによりもこれからも闇金からの連絡が来たときには、弁護士が盾になることで安心です。

電話番号を変えることでその被害は少なくなるとは思われるのですが。

インターネットで個人情報が拡散されている可能性も

見知らぬ人からの振込は押し貸しになります。

しかし、振込先が会社名などでは、ひょっとして振込違いかもしれません。一応、銀行に相談に行くことをおすすめします。ちなみに、この場合は押し貸しではありません。

押し貸しの流れ

押し貸しでは、知らないうちに振込がされる場合と事前に連絡がくることがあります。

事前連絡というのは、相手が自分の口座番号も知っていて、お金を振込するから返せというものです。非常に理不尽なことですが、それが押し貸しです。

もしこのような連絡が来たのなら、事前に口座を解約してしまう。電話番号も変えることで、押し貸しを止めることができます。ここでオタオタして返済しなきゃと思うことが押し貸しの思うつぼです。

携帯電話ではすぐに番号を変えて、解約。押し貸しをさせないことです。そこから追いかけてくることはありません。

事前に言わないことも

困ってしまうのが、突然の押し貸しです。何の連絡もなく勝手にお金が振込されることになります。振込人も知らないし、押し貸しされた。相手が誰なのか、急に電話が来て返せと言うことになります。

完全な闇金の手法ですが、ここで返さない。絶対に対応しないということができるのなら、知らないふりをします。ただし、どうしても素人では、この対応がとても難しいです。この場合、相手が闇金の場合がほとんどです。

闇金に関しては、違法業者です。なにかのきっかけで、個人情報を知られて、この人は貸し金をしたいらしい。勝手に振込したときには、きっと返済をするだろう。その時には、高い金利を設定にしてやるというのが、闇金の手法です。

どうして知られた?

闇金からの押し貸しで弁護士に相談に行くと、過去の闇金の関係を聞かれることになります。このときに必要なことは、闇金に名前や電話番号、銀行口座の情を誰かに告げたことの事実を確認されることになります。

闇金からお金を借りた。借りようとして申し込みはしたけれど、借りなかった。電話番号も何かのきっかけで、教えてしまった。ネットオークションサイトなどの情報も流出してしまうことがあります。

押し貸しをするには、名前と電話番号だけではなく口座情報を提供することが必要です。あらゆる場面で、銀行口座まで教えてしまったときには用心です。

少なくとも公式サイトでは大丈夫

ネットショップ、キャッシングなどでは公式サイトとしてきちんとしているところの情報提供は大丈夫でしょう。ただし、闇金関係や相手が不審なネットオークションなどでは押し貸しの被害者になってしまうことがあります。

おかしいと思ったときには、弁護士などに相談が良いでしょう。対処法としては、闇金やネットオークションで使った口座の解約と電話番号を変えることです。

押し貸しに絶対に遭わないために

押し貸しの被害に遭い、すぐに弁護士に相談をした。押し貸しとは、知らない人からの振込をされることになります。

多分闇金

こんなことをするのは闇金しかいないでしょう。闇金の手法としては、定額の押し貸しをして、多額返済を見込むことになります。

たいていの人は、押し貸しで後で返済をしてほしいときには、少し脅せばお金を出すだろうと思うようです。騙されやすい人をみていますので、おどおどしてしまうことはNGです。

このときには、闇金からは押し貸しをしたから、返済をしなさいと来ます。闇金融ではこのときに返済をしていくことで、押し貸し成功になります。

過去に闇金とうまく完済して関係していた。あの闇金なら良いという判断は間違いです。

どうしてNG?

よく考えると、完済した闇金であるのなら、二度と関係しないことです。

ところが、闇金ではいつまでも個人情報を持っていて、こうして利用を狙っています。定額押し貸しで高い金利というのはほぼ脅迫でしょう。良い闇金というのは、こうした押し貸しもしないでしょう。

闇金に借りてしまった

押し貸しの被害に遭わない方法としては、もし闇金に借りてしまったとき。その時の銀行口座などはすべて解約してしまうことです。

本当のことを言えば、多少不安がある消費者金融などの口座も解約が良いでしょう。自分では普通の消費者金融だと思ったけれど、実は闇金融とつながっていたという場合があります。

その証拠に正規の中小消費者金融だとされているところでも、押し貸ししていた事実もあります。うちでは貸せないので、この金融業者から借りると良い。又貸し、紹介屋ですが、このときには闇金である可能性が100%です。

ですから、口座は解約してしまう。借金の完済とともに、口座解約します。そうすると、押し貸しの被害に遭うこともなく、闇金とも完全に切れます。その時には、電話番号も変えることです。

お金を借りるときに

大手消費者金融、銀行カードローンなどでネームバリューがあるところだとこんな心配はありません。

中小消費者金融のときには、必ず口コミもあり、正規の金融業者であることを再確認してください。そして、闇金からは絶対に借りない。闇金につながるようなところには、個人情報を提供しないことが必要でしょう。

押し貸しの正体が闇金はわかったとしたら、自身の行動にも問題があることが多いです。闇金では個人情報収集することも1つの仕事としていて、数万円の押し貸しでとにかく高い返済を脅迫することを行っている場合があると言います。

弁護士に相談がベスト 

ヤミ金には何も情報提供はしていない。普通、消費者金融で借入していたとしても闇金融と取引していない場合何もないはず。

ところがいろいろとある

過去にネットオークションサイトを利用した。その時に支払いの情報として銀行口座の情報提供した。

あるいは、スパムメールに少しだけ対応してしまった。よくわからないサイトでのお金の支払いで、口座の情報を入力した。そして、ネームバリューがない消費者金融でキャッシングした。

はっきりいって、闇金融ではどのような手を使ってでも個人情報を入手しようとします。スパムメールだけならメールアドレスだけで良いのですが、押し貸しの場合は、銀行口座が必要です。

ネットオークションって?

まれに闇金融が個人情報の収集のために行っていると言います。その出展者が闇金融だったり、その手先の場合。または、情報提供などです。

ですから、ネットオークションサイトから情報が漏れることも最近指摘されています。

個人間融資利用した?

そして、ブラックリスト御用達とされる個人間融資で数万円借りた。とても高い金利だったけれど、助かった。相手が個人だからヤミ金ではない。

多分この人が情報提供したり、実は闇金だったという可能性が非常に高いです。過去に個人間融資の経験した方で、銀行口座まで提供しているときには、押し貸しの被害者となることが多いです。

何もしないというのは、押し貸しのお金はそのままにしておくこと。

闇金対応の弁護士や司法書士に相談してください。その時の指示に従うのですが、押し貸しのあとにやってくるのは請求の電話です。

ただ、その時に電話番号が変わっている。その時には、連絡も来ないでしょう。請求が来ない押し貸しでは何もないのですが、それでも気持ち悪いお金です。

たいてい、このときには法務局に供託の形をとったり、弁護士が対応するでしょう。押し貸しされたけれど、知らないお金として片付けることが理想です。

その口座は捨てる

解約してしまってください。いろいろと難しい場合もありますが、闇金に手を付けられた銀行口座は持っていないことが得策です。

そして、これからはむやみに口座提供はしないことです。それと、闇金からの借入は絶対にしないこと。ヤミ金だけではなく、ソフトヤミ金、個人間融資も同様です。

お金を借りるのなら、正規の金融業者だけであり、不審なことがあれば、弁護士にすぐに相談してください。ヤミ金関係では、時間がかかると大変なことになります。すぐに話しをしてください。