闇金からの取り立て電話は止めることができる

ある闇金対応の法律事務所や弁護士の話です。ヤミ金の相談で一番多いのが、取り立て電話だそうです。24時間電話が鳴りっぱなしというケースも少なくないと言います。

大手消費者金融の場合

大手消費者金融の返済をしていない方も、担当者から請求の電話が来ます。たいてい返済日から1週間後くらいから、請求や問い合わせの電話がくるようになります。平日なら夕方、土日なら昼間に1日1回で毎日請求は来ません。

玄関口に担当者が立っているということもありません。これは、消費者金融の取り立てとして、法律が決まっていて、早朝や夜間の請求電話が禁止されています。取り立ての電話は大手消費者金融からも来ますが、常識範囲内です。

甘い審査の中小消費者金融の場合

中小消費者金融も同様に最初は、常識範囲内での取り立てが来ます。しかし、居留守を使っていたり、地元の中小消費者金融の場合は、勤務先だったり勤務先に請求が切ることがあります。これは違反になりますが、大手消費者金融理ような紳士的な対応はないとされています。

最近はあまりないと言われるのですが、一部の中小消費者金融ではヤミ金と似た取り立てがあります。場合によっては、ヤミ金行為です。

闇金の場合

中小消費者金融なんてかわいいものであり、闇金ではしつこく電話がかかってきます。電話に出たときにはおとなしく対応ではなく、怒号だったり脅迫になります。

自分が借りてしまった闇金になりますが、こんなに取り立てを受けるのはおかしいことです。つい居留守を使ったり、電話に出ないというのは精神的に厳しいことで、逃げたい気持ちはわかります。

既に闇金キャッシングを大きく後悔している場合もありますが、闇金からの取り立ては逃げられるものではありません。

だから、相談して

法律事務所や弁護士が、闇金の取り立て電話の相談が多いということでは、ではすぐに止めることができるということです。

闇金対応としている場合では、弁護士などではこの電話を止めることができます。電話番号を変えてしまえば良いのですが、それだけでなく、根本的に闇金からのアクセスをストップさせることができます。

自分で闇金からの電話に出て、電話を止めてくださいと言ったとしても、止めることができません。弁護士などでは、それができるので、すぐに取り立ても中止が可能になります。

本当に止まる?

闇金からお金を借りてしまう。それが悪であることがわかり、弁護士に無料相談をする。その時に、もう返済しなくても良いですと言われますが、そういうことなのです。

というのも、闇金からの借金は返済義務もないことであり、取り立てにも対応することがありません。弁護士は、そうしたことを闇金に直接対応することで電話も止めることができ、その後の闇金キャッシングも縁切りができますから。

法律違反ですからと言えれば電話は止められる? 

弁護士や司法書士は、闇金からの取り立ての電話を止めることができます。

法律を無視したキャッシング

闇金の定義は、ズバリ違法業者です。法律にしたがっている消費者金融や銀行カードローンとは違います。

貸金業法、銀行法の下でのキャッシングが国内で決められている借り入れです。ところが、この法律に従わない闇金は違法であり、貸金したとしても返済もしなくても良いとなっています。極端な言い方をしたら、闇金から借りたとしても返済をしなくても良い、借りっぱなしでも良いとの解釈もできます。

ただ、普通の方が闇金から借りました。そのときに、あなたは違法業者だから返さないと言えれば良いでしょう。しかし、普通はそんなことはできないでしょう。

弁護士などでは、自分が法律の専門家であり闇金の言い訳にも屈することがありません。あなたは法律を無視したキャッシングをしているので、返済をする必要がないと言うことができます。

闇金からの電話を止める

闇金は、こうした弁護士などの法律を基本とした説得されることがとても嫌です。弁護士も司法書士も口頭で、あなたの行為が法律違反というだけで、すごすごと引き下がる闇金がほとんどです。

こんな面倒なことを言うヤツの取り立てなどはするのは止めよう。闇金からの取り立ての電話を弁護士や司法書士が止めることができるのは、このような単純なことができるからです。

単純なことも難しい

実際に闇金の借り入れに対しては、債務者にしてみればおかしな請求だけど対抗できないでしょう。そこで、闇金の電話に怯える。夜中も勤務先にも電話をかけてくる場合もあります。

債務者としては、どうして良いかもわからないのですが、弁護士などにすぐに相談してください。

闇金対応の弁護士、法律事務所に行く

このときの注意点としては、どんな弁護士だけではなく、必ず闇金対応の弁護士でなければならないでしょう。

現在、闇金から借りてしまったときには、こうした取り立て電話、迷惑しているときには弁護士は電話を止めることができるといいます。1日で解決してしまうことがあり、すぐに相談して依頼しましょう。法律事務所によっては、24時間対応ですぐに話ができる場合もあります。

事情があり闇金からの借り入れをしなくてはならなかったこと。それを弁護士が責めることはありません。今はとにかく闇金の電話を止めることに注力してくれます。

弁護士に依頼したら、あとは直接アドバイスを受けるので、待つだけです。多くの場合、すぐに解決してしまう。電話を止めることができますので、安心して話をしてください。

闇金からの電話は弁護士や司法書士に相談して

闇金からお金を借りるときには、色々と自分のことを聞かれるでしょう。

ホームページやTwitterなどの申し込みのときには、住所や電話番号を聞かれます。緊急連絡先とか勤務先などの情報も聞かれるのですが、それは、消費者金融でも同様であり、あまり考えない方も多いです。お金を借りるのだから仕方ないということです。

連絡先でいうと

消費者金融でも返済が遅れたりすると、申込時入力の電話番号に担当者から直接電話がかかってきます。その目的もありますが、消費者金融では常識的時間です。

ところが、闇金では常識などはなく、早朝も夜中もかかってきます。これが違反であり嫌がらせでもあり、非常識なことです。闇金では、平気でこのように取り立てをしてきます。

このようなことは口コミでも言われるのですが、同時に恐怖であり苦しい取り立てになると言えます。

弁護士に相談してみたら

闇金からお金を借りました。個人情報として提供しました。その時に、このような取り立ての電話がくることは、弁護士としては想定内です。

そこで、相談だけでなく、なんとかしてと依頼した時点では弁護士はそのまま指示をします。弁護士は依頼された時点で、闇金に直接連絡をします。依頼した方としては、これから闇金からの電話に一切出ないように言われます。その時、返済をすることは絶対にしないように言われることになります。

要するに、闇金からの電話を止めるように弁護士や司法書士に依頼してからは、闇金と関係することは絶ってください。

まだ電話がくる?

場合によっては、弁護士に依頼したとしても、しばらく電話が止まないことがあります。

できれば、電話番号を変えることが理想だと言われます。電話番号を変えると、もう取り立てもこないです。しかし、それができない時には、電話は絶対に取らないことです。電話が1日で止むこともありますが、あとはひたすら無視してください。

弁護士など出てきた場合、闇金はとても嫌な思いをした上で違った嫌がらせをしてくる場合もあります。その時に弁護士などは絶対に話をしないように言われるでしょう。

すぐに電話が止まらないこともありますが、弁護士依頼後は、全く相手にしないこと。とにかく、たいていの闇金では、弁護士や司法書士に依頼したときには、解決することになります。

まずは無料相談

闇金からお金を借りてしまった時点で、まだ返済をしていないとかしつこい電話がくる。その時点で弁護士や司法書士の無料相談に行くことをおすすめします。知られてしまった個人情報の拡散などで、その後面倒な電話や対応が予想されます。

闇金のことで相談したいけれど、叱られる?

闇金にお金を借りてしまったのは、消費者金融などで借りてしまって、ブラックリストになったから。どうしてもお金が必要だったので、つい魔が差した。

闇金のキャッシングを魔が差すと気がついたときには、すぐに解決しましょう。それが、最初は闇金からキャッシングして、いざ返してと言うときに電話で激しく取り立てが続いて驚くこともあります。

闇金キャッシングはNG

闇金と言っても、納得した金利できちんとした返済ができるのなら良いだろうという方もいます。多分、国内にはこうしたブラックリストでも負担なく返済ができる闇金も存在してます。そのような闇金の情報はインターネットの口コミにも挙がらないでしょう。

俗に言う闇金は、たいてい高金利だけではなく、無茶な取り立てをしてくる輩です。そうしたときには、自分で解決しようとしないことです。

弁護士では解決ができる

無料相談で弁護士に闇金からの無茶なキャッシングしてしまって困っている。特に電話で取り立てが多いこと、早朝や夜中の電話、勤務先にも取り立てが来ている。そんなことを相談ができ、すぐに依頼しましょう。

そのときに弁護士が意外なことを言います。そのお金は本来返済しなくてもいいんですよ、と。

闇金は返さなくても良い

闇金というのは、貸金そのものが法律違反です。ですから、闇金キャッシングそのものは返済義務がないものです。違法なお金を借りてしまったとしても、それは知らないふりをしたとしても違法ではありません。

ただし、人道的にはそんなことではおとなしくしていることができません。どんな形だとしても解決した方が良いです。

叱られることはありません

弁護士や司法書士は闇金からの取り立てや電話などはすぐに止めることができます。

どうして闇金の借り入れしてしまったの?どうしてそんなことしたの?弁護士の中には、闇金はダメと説教する場合もあります。少々耳の痛いことですが、たいていは叱られることはありません。とにかく闇金で借りてしまって、困っているという方を救ってくれることになります。

叱られるから相談ができない。もし、弁護士が闇金の借り入れしてしまったことで忠告したり、叱るとしたら、正当なことです。

ブラックリストになったとして、困ったから闇金に借りた。仕方ないこととは言え、そんなことは間違っていてやってはならないというのは当然です。

電話はすぐ止める

弁護士としては、闇金からの取り立て電話を止めることは比較的簡単です。ただし、それだけではなく、債務者のことを心配に思うのなら、叱ったり、その後の債務相談に乗るというのが、本来の弁護士の姿です。

闇金対応の弁護士や法律事務所では、アフターケアも対応しています。お叱りだけではなく、励ましなどもありますので、安心してください。

闇金縁切りは弁護士や司法書士におまかせ

闇金からの借り入れしてしまったとき、弁護士や司法書士でも対応しています。

ただし、これは訴訟などではなく、単に取り立ての電話を止めてほしい。高い金利で困っているという場合の闇金被害の場合です。これが、訴訟などになると、金額によっては普通の司法書士では難しく、認定司法書士でなければならないです。

闇金の解決では、債務整理とは違い、闇金問題解決ができるかどうかは相談してみないとわからないことです。借金のこと、闇金に関しては無料相談をしていますので、話をしてみてください。

法律事務所の対応

闇金対応の法律事務所では、弁護士などの違法なキャッシングに対しては頑として戦ってくれます。法廷まで行くことはめったにないでしょう。

闇金からお金を借りました。高い金利で無茶な返済で困っています。返済ができないことで、24時間取り立ての電話が鳴りっぱなし。助けてほしいという場合も多いでしょう。

このとき、弁護士などは電話を止めることがすぐにしてくれるでしょう。弁護士が闇金に対して止めるように言うだけで解決してしまうことも少なくないです。

悪いことをしているという意識

闇金では、何も知らないブラックリストに対して、脅して金利をとること。電話もして返せと言うことで脅迫して、1円でも多くのお金を取ろうとしています。

それが、弁護士や司法書士が入って来ると、自分の行っていることが違反としてまずいことになります。それで、たいてい弁護士などが入って来ると、もう電話をしないことが多いです。ですから、闇金のキャッシングや電話などは弁護士と司法書士に行くことで解決してしまいます。

弁護士の言うことを聞く

債務整理もそうですが、弁護士などに依頼したときには、忠告を聞いてください。

闇金の電話で対応しない。できれば、電話番号も変えてしまうことを言われます。これが、二度と闇金からの電話がこない方法になります。

ちなみに、迷惑メールもありますが、こちらは他の闇金立ちにも情報が拡散してしまい、不特定多数のところからのスパムメールになります。電話も同様であり、知らない闇金からも電話がくることになります。

お金は返さない

闇金キャッシングの返済義務はありません。弁護士などにも言われることですが、どうしてもしつこいときには弁護士にすべて報告してください。

そして指示に従うのですが、闇金に借りたのは自分ですが、闇金の高い金利の返済は従う必要がありません。そして、二度と闇金からの借り入れはしないことです。それがわかるだけでも弁護士に依頼した価値は大きいでしょう。