ヤミ金から電話が来る理由はわかっていますか?

ヤミ金相談の中で一番多い案件は、ヤミ金からの電話に困っている。その内容ではないでしょうか?

ヤミ金から電話が来るということは?

お金を借りるときには、公式サイトなどを見て応募フォームから申し込みしたり、直接電話で問い合わせをするでしょう。銀行カードローンも消費者金融も同様でしょう。

その時、もし契約したキャッシングなどで返済をしていないと、それぞれの担当者から電話が来ます。キャッシングのときに個人情報の提供をしますが、契約者との最初の連絡方法は電話です。固定電話、携帯電話でも返済についての問い合わせが必ず来ます。

ヤミ金の場合もその電話である可能性が高いです。ヤミ金にしても貸したお金の返済ができない場合は、当然問い合わせが来ます。では、ヤミ金からお金を借りた、その返済がうまくしていない時点での請求電話なのでしょう。

返せばいいんじゃない?

消費者金融にしてもヤミ金にしても、契約内容道理に返済日に入金ができれば電話は来ないでしょう。ですから、ヤミ金からの電話が来て困っているのなら、約束どおりに入金したら解決になります。

何か問題があるのでしょう?ヤミ金との契約を返済しないことで破っている。ですから、電話が来ます。

厳しいことを言います

ヤミ金とは、正規の金融業者ではないので、客についての内容は自由設定です。大方のヤミ金では、とても高い金利の返済額の請求にしています。債務者のことは考えないのは当然であり、電話をして請求する。しかも、朝も夜中もなく、勤務先にまで電話がかかってきます。

このときに確認したいのは、ヤミ金にキャッシング申し込みしたときに、それが自身で返済ができる内容だったでしょうか?意地悪なヤミ金では、1週間で50%という金利もありますが、返済見込みがあることで納得したでしょうか?

人によっては、とても返済ができないけれど、とにかく今お金がほしいからヤミ金で借りた。返済ができないのは当たり前ですが、電話が辛い、というのですが、あまりにも軽はずみなヤミ金キャッシングしてしまっている方もいます。

それでいて、ヤミ金が悪いというのですが、そもそもが借入れ動機も返済見込みもない。借り逃げするつもり、すぐには返せないから待ってもらうつもりだったというのですが、甘い考えでのヤミ金キャッシングは大変です。

その返済、できそうもない

それでもヤミ金から借りてしまった。返済しなければならないという事態で、電話が毎日かかってきて日常生活にも支障が出ている。

なんとか解決したいというときには、ヤミ金対応の弁護士や司法書士に相談するしかないでしょう。あとは電話番号を変えてしまう方法もありますが、その後のヤミ金の対応で追いかけて来ることもあると言います。ヤミ金解決ができる弁護士などが介入することで、電話が来なくなるでしょう。

ヤミ金は違法キャッシングだという事実を知れば

ヤミ金は、巧妙にインターネット上に存在しています。

キャッシングの情報サイトではヤミ金の見分け方もありますが、つい借りてしまう方も存在しています。

ブラックリストの現状

ヤミ金以外の金融業者では、申し込みしたとしても審査があります。すでに債務が多いとか、債務整理後などでは、普通の金融業者では借入れができない方もいます。

ブラックリストにとっては、ヤミ金が危ないとわかっていたとしても、そこが違法だとしても借入れしてしまう場合もあります。最近では、個人間融資だったり、Twitterの個人融資なども数多くのヤミ金が存在していると言います。

ブラックリストにとっては、基本的に審査がない借入れができる点では助かったと思うことも多いことでしょう。借りれた事実は良いのですが、返済のときに現実をみることになります。

どうしてヤミ金はなくならない?

結局は借りる人がいるからです。高い金利だとしても、ブラックリストでもお金が必要な場合があります。そのヤミ金の手法としては、返済に遅れたり、返済ができないと逃げ回っているときには、しつこく電話が来ます。

唯一の連絡方法としては電話ですが、最初の申し込みのときに、勤務先や家族、友人たちの連絡先も聞かれているとしたら、全てに電話が行ってしまっている場合があります。要するに、全ての人に多大な迷惑がかかっていることがあります。

解決は?

その電話に対応したとしても、すぐに返せとか脅迫の内容です。ブラックリストで高い金利のキャッシングをしてしまったけれど、その請求金額がとても高いので待ってほしい。そんなことは承知してくれないでしょう。

または、返せないのなら遅延損害金があるとますます苦しい事になります。ヤミ金からの電話で困っている場合は、ヤミ金対応の弁護士や司法書士で相談をしてください。

目からウロコの事実

法律の観点から言うと、ヤミ金そのものが違法であり、ヤミ金からのキャッシングというのは何も法律がない。ということは、貸金ではありませんので、返済画の必要がないということになります。

要するに、ヤミ金からお金を借りる。あなた達は違法ですから、返さなくてもいいということを宣言できれば良いということです。

ヤミ金対応の弁護士や司法書士は、ヤミ金に対して堂々とこのことを宣言します。そこで、たいていのヤミ金では、このことを言われると、それ以上の請求もしなくなると言います。

そこで、ヤミ金からの電話を止めたいときには、弁護士や司法書士によって解決してもらう方法がベストであり、この方法しかないと言えます。自分で法律違反といえるのなら、それもありですが、ヤミ金たちは多分上手だと思われます。

ヤミ金解決は弁護士や司法書士に相談を

ヤミ金キャッシングに関しては、弁護士や司法書士、法律事務所の公式サイトをみると、その借入れが違法なのかがわかります。消費者金融のことはヤミ金と言われることがないのは、法律の範囲内でのキャッシングだからです。

債務整理対応の法律家

ここ数年、弁護士や司法書士と言えば、借金の返済が困難な方の債務整理の代行、アドバイスをすることができる。テレビのCM、番組にも出演することもありますし、インターネット上では借金問題解決として、サイトを目にすることが多いです。

今や債務整理は弁護士依頼が妥当といえる様になりました。その理由としては、キャッシング、借金も国内では法律の範囲内で行われています。ですから、債務整理では経済的な理由で返済ができないことを法律の範囲内の債務整理をすることができます。

法律と言えば、弁護士などが専門家ですから依頼ができることです。このような債務整理の内容に関してではなく、同時に言われているのがヤミ金の存在です。

ヤミ金対応の弁護士

ヤミ金の問題解決では、普通の債務整理とは違います。キャッシングもヤミ金では法律の範囲外で行っていて、債務整理も同様です。

そこで、最近ではインターネット上の弁護士の公式サイトではヤミ金問題解決もできるとの内容があります。ヤミ金でキャッシングしてしまって、困っている場合はこうしたヤミ金対応の法律家に相談することが妥当です。

司法書士の場合は、小規模訴訟ができる認定司法書士が債務整理相談ができます。ヤミ金の場合では、訴訟も法律も基本的には関係はないのですが、交渉力によって行われることになります。

ヤミ金からの電話で困っている

本来、借金の取り立てとして契約者に電話をすることは、認められたことです。

しかし、常識ある時間であり、毎日電話というのは違反です。こうした法律がありますが、ヤミ金に関してはそんなことは守らないでしょう。そして、ヤミ金からの電話というのは、返せという内容です。

ヤミ金は言うでしょう。キャッシングしておきながら返さないのはおかしいだろう、と。そう言われると何も言えないという方も多いです。

ヤミ金対応の弁護士に依頼をすると

そんな屁理屈をいうヤミ金に対して、キャッシングの法律を持って対決してくれます。

ヤミ金がキャッシングすることが違反であり、そのことを弁護士などが問うことで、ほとんどのヤミ金がこの時点でもう電話をかけてこなくなると言います。これで、ヤミ金からの電話が止まることになります。ヤミ金たちは、弁護士などが出てくることで、もう請求そのものをしなくなると言います。

ですから、ヤミ金にキャッシングしてしまった。請求の電話で困っているときには、ヤミ金対応の弁護士や司法書士に相談をすることをおすすめします。

ヤミ金でお金を借りるということ

ヤミ金にお金を借りることは自己責任になります。審査もなく、個人信用情報機関も確認されることがありません。

ブラックリストでも借りれるし、収入がない方も適当に言えば借りれる。ヤミ金の魅力では、キャッシング弱者にとってはありがたい存在でしょう。

だからヤミ金

そんな美味しいキャッシングには裏がないわけがありません。

というのも、ヤミ金の常識として高い金利設定である点です。ブラックリストだというのに貸してやっているので、高い金利は当然でしょう。

当然というのは、ろくな審査もしないので1週間で50%という無茶な金利もあります。そんな高い金利の借入れしますか?

してしまうブラックリスト

ブラックリストにしてみれば、とにかく現金がほしいようです。

甘い審査の中小消費者金融や街金でも借入れができないので、ヤミ金で借りれる。ソフトヤミ金も同様ですが、高い金利で仕方ないということで借りるようです。

10万円借りて15万円返す。それでいいのなら、借りたいブラックリストも少なくないということ。ヤミ金が健在なのは、こうしたブラックリストがいるからです。

返せないよ、とてもじゃないけれど

10万借りて1週間で15万円返すということは、ブラックリストにとっては無理なことです。多分きちんと返済したのなら、ヤミ金からの電話も来ないでしょう。

最初に提示した返済ができる人には文句はないはずです。たいてい、なかなか返済ができないということで文句が来る。その電話も24時間止まらないとか、勤務先にもかかってくることがあります。これが、ヤミ金の被害の1つで最も多いことでしょう。

ヤミ金で困ってしまうのはあまりにも高い金利で返済ができない。数字をみるととても高いのですが、返せないことにヤミ金が腹を立てるのは仕方のないことです。

違法というよりは、ほぼ嫌がらせであり、本当のことを言えば、そんなヤミ金で借りてしまったことに後悔してくださいということです。

ヤミ金に借りるのは

こうしたトラブル。お金は借りれるけれど、とても高い金利。ちょっとまってくださいとも言えず、待ってもらったとしてもとても高い遅延損害金になってしまう。

とんでもない金利になるだけではなく、もはや金利ではなく、単に恐喝されることになります。意識していないかもしれませんが、そもそも審査を受けて借りれないという時点で、とてもキャッシングができる身分ではないことを確認してください。

借入れしたのがヤミ金

ブラックリストでどうしようもなくヤミ金で借りてしまった。高い金利で困っている、返せないというときに相談に行くのは弁護士や司法書士です。警察に行ったとしても解決はしません。

ただし、犯罪内容については、すぐに警察に行くことをおすすめします。

ヤミ金のことを知ったから、もう借りれないはず

キャッシングの最終手段はヤミ金だと言う方がいます。これは、国内の貸金は法律の範囲内で行われていて、正規の登録金融業者ではそれぞれ審査を持っています。

審査通過であれば、利息制限法範囲内のキャッシングができる。しかし、ヤミ金はこうした審査がありません。どんな人でも借りれるとのこと。

法律がないから

ヤミ金のキャッシングでは好き放題です。インターネット上でも多種多様のヤミ金が存在しています。サイトを見ただけで確認ができます。

利息制限法は法律の範囲内ですが、当然高い金利のヤミ金ではそんなものは無関係です。そこで、一度貸したとしたら、電話で不当な請求はありますし、それが24時間請求もあります。多分経験者の多くは、このヤミ金からの電話はストレスも頂点でしょう。

勤務先にも迷惑がかかる

この電話は、勤務先にも行くことがあります。ヤミ金ではお金を借りるときに、個人情報を聞かれることになります。

この個人情報では、たいてい他のヤミ金にも伝えられることになります。そこで、電話はヤミ金以外からもかかってくることがあります。融資をします、高い金利ですが、どんな人にも貸しますということを言うのですが、内情はとんでもないことです。

取り立て電話だけでも

ヤミ金からの取り立て電話があることで止めたいとしたら、弁護士、司法書士などに相談ができます。

ヤミ金対応の法律家は、こうした違法なヤミ金に対しては、契約者を守ってくれます。それは、二度とヤミ金との関係を断つことです。

弁護士や司法書士の指示に従う

従うというのは、ヤミ金からの電話を止めるには、ある程度ガマンも必要です。弁護士に言ったなと嫌がらせが来ることもありますし、場合によっては1ヶ月以上電話が来ることがあります。

そして、上記であるようにヤミ金に申し込みした人の情報は他のヤミ金にも伝えられることから、様々な電話などもあります。そこで、弁護士たちはきちんと止めるために指示をしますが、それに従うことです。

ヤミ金によっては、1度の弁護士の交渉で何もしない場合もあります。それでも、きちんと待つことも必要です。

冷静になって

借金の支払いをしていると利息はもったいないと思いませんか?ヤミ金に関しては、多分元金以上の利息を請求されることになります。

冷静に思うと、ヤミ金からのキャッシングほど無駄なことはありません。それでもお金がほしかったという人も、審査に通らないのなら借りれない現状を受け止めることが必要です。