ヤミ金の多様化とウシジマくん

ヤミ金はダメ、ヤミ金から借りてはならないと言われています。それはどうしてなのか、よくわからない方もいます。

ヤミ金とは何?

ヤミ金のくくりは、違法な貸金全てです。

お金を借りたいときは、その内容を公開されていて、約束どおりの借金をしたいのは当然のことでしょう。堂々と貸金をするには、法律に則っていることが必要です。その法律に正しく対応している貸金業者であることの証明がなくてはならないでしょう。

情報サイトでは正規の金融業者、消費者金融と紹介されているところだけが、安心して借りれることになります。正規の金融業者は、業務内容の公開が義務付けられています。

借金で必要な事項

お金を借りるときには、金利がわかっていて完済ができることが必要です。法律下の借金では、金利は利息制限法の範囲内であり、きちんと返済していくことで、完済が可能です。それが保証されているのが正規の金融業者になります。

その法律に則っていない金融業者と名乗る、個人で貸金しますという方が、全てヤミ金になります。

ウシジマくん

面白おかしく映画になったヤミ金ですが、ヤクザが関わっていることは未だに多いです。

歴史的に言えば、貸金というのはヤクザが関係して行うものが多いですが、ある意味グローバル化されたヤミ金業界では、様々な種類が増えています。ウシジマくんばかりではなく、普通の人たちが違法に貸していることが多いです。

キャッシングのための法律は、貸金業法です。貸金業者も審査を受けることになりますが、誰でもなれるものではありません。法律では正しいキャッシングをするだけではなく、経営者本人の信用情報等も確認されることになります。この時点で、ヤクザ等の反社会的勢力の方たちは貸金業者になることができません。

貸金業者になれない方が、貸金して高い金利で返済を迫る。それが昔語のヤミ金でしたが、最近では個人情報を盗む、嫌がらせをする等のヤミ金多様化が認められています。怖いウシジマくんだけではなく、犯罪化に暴走してしまうヤミ金も登場しています。

安心できないキャッシング

ヤミ金がダメというのは、高い金利の返済があるから。それは以前の話しです。嫌がらせなどでは、人生が狂わされる、個人情報が流出してしまうなどのトラブルがあります。

ヤミ金でも、金利が正規の金融業者よりも低い。お得な違法な貸金があるとしても、ヤミ金になります。要するに、日本では貸金業法の範囲内でのキャッシングしか認められていない。それ以外は全てヤミ金になっているということです。

どうしてヤミ金で借りたいのか? 

ヤミ金からお金を借りたい。信じられないことですが、口コミの投稿者などでは当然のように語られることがあります。

ヤミ金からしか借りられない

貸金業法の内容でキャッシングをしている消費者金融や金融業者では、申込者を選別します。これが審査になります。

貸金業法があるからというよりは、金融業者の経営のために、返せない人は貸さない。それが審査落ちになります。

ブラックリストなどでは、借りたいけれど審査に通らないときには、貸金業法を無視したヤミ金で借りたいことになります。質問掲示板などには、良いヤミ金が有りませんか?

ヤミ金のことをわかっていない

ヤミ金に関しては、違法なキャッシングであると言われています。最近堂々とソフトヤミ金としてホームページもありますが、ここも全てヤミ金です。

どうして違法なのに取締がないのか?なくならないのか?違法だと知っていて、お金貸しますとホームページで掲載をすると、申込者が絶えない。それがなくならない理由です。

ヤミ金では、情報で怖いといいながら、どこまで恐ろしいのかなどは様々です。少なくとも利息制限法以上の金利は当然のことですが、最悪のキャッシングになります。法律が介在しないキャッシングがいかに怖いということです。

金利が高いだけではない

最近のヤミ金では、キャッシングに関しては、高い金利設定になるのは当たり前です。審査もなしで適当にお金を貸すのですが、そのときにブラックリストなど消費者金融で審査落ちしてしまう人です。

そのような方は、どうしても現金がほしい。そのときに甘い言葉で勧誘した上で、キャッシングをさせる。そのときに個人情報をたくさん入手して、高い金利設定。個人情報は多くのヤミ金と共有する。

そのときに、この人は消費者金融で借入ができないと平気にヤミ金にくることがある。高い金利というのは、100%超です。それが、どういうことなのか。

利息制限法では年率で20%ですが、上記の金利は年率では1000%以上になります。そうしたことだけが怖いことですが、その上個人情報の流出では、ヤミ金に自分の情報が流出していくことになります。

ヤミ金はなくならない

ソフトヤミ金のホームページ、口コミでは消費者金融の審査落ちのブラックリストでもスペックがわかるから良い。

完済ができる、100%超の金利で。そんなソフトヤミ金は暗躍しているのではなく、堂々と公開されている。そこに借りに行くブラックリストがなくならない限り、ヤミ金は永遠に消えることはありません。

高い金利だけど、どうしても現金が欲しかったというブラックリストも消えない限り、ヤミ金は存在することができます。インターネット普及によって、この営業形態は変わらないでしょう。

ヤミ金を解決できるのは弁護士しかいない?

ある方がヤミ金からお金を借りました。それは消費者金融ではなく、違法業者とわかった上で、数万円のキャッシングをしたといいます。

5日で返済額が10万円超になった。取り立ての電話が鳴り止まない。ノイローゼになりかけて、弁護士に相談したといいます。

違法業者なのに弁護士に相談で良いの?

消費者センターでも大丈夫です。

どうして弁護士は、ヤミ金の問題が解決できるのでしょう。それは、弁護士の腕もありますが、インターネット上ではびこるヤミ金の営業を傍目でみているということが関係しています。

弁護士では、ヤミ金の解決ではあくでも法律で畳み掛けることになります。そのとき、今相談に来た人に対しての関係を断つ。それだけです。弁護士ができるところはそれだけです。そこで言うのは、裏社会を知っている弁護士の場合は、場合によっては貸金だけではなくヤクザたちに対して圧力をかけることができるからです。

いい加減にしろよという程度で、ヤミ金そのものは収束します。変な言い方では、ヤミ金被害では、弁護士の一声でもう関係がなくなると言っても良いでしょう。一晩でヤミ金からの連絡が来なくなったと言います。

弁護士が論破

すごいことをして解決かと思ったら、話し合い、交渉で解決してしまいます。ヤミ金とわかって借りたときに、完済ができるのなら、多少高い金利で仕方ないだろうと思います。

ただどうしても金利が高すぎるときには、弁護士に相談されることです。ヤミ金対応の弁護士や司法書士であれば、すぐに解決してしまいます。

ある弁護士の本音

弁護士が解決したヤミ金被害者ですが、数年後またヤミ金に借りていたと言います。

ヤミ金の高い金利は辛い、だから弁護士に解決してもらった。それなのに、また借りてしまうのは、永遠にブラックリストというスパイラルで、借りられない個人信用情報になっているということです。

弁護士としては、相談があれば対応します。それで解決したとしたら、もう二度とヤミ金からは借りないという強い意思が必要です。ヤクザの場合もありますし、普通の人も場合もあります。貸金業法で逮捕劇もありますが、逮捕者が普通の市民だったり、女性の場合もあります。

全てヤミ金行為ですが、困った時には弁護士に行くことがベストです。たいていのヤミ金からの請求を止めることができるでしょう。ヤミ金に関しては、自身でしまったと思った時には、すぐに対応することが不可欠です。ヤミ金対応であれば、解決ができることになります。

個人間融資にもヤミ金が存在している

個人間融資掲示板サイトに関しては、ヤミ金がいると言われています。この個人で貸しますと書き込みしていますが、彼らはヤミ金ということです。

ヤミ金の定義

ヤクザや反社会的勢力の人たちばかりではなく、普通の人達が貸金しています。

消費者センターにも相談がありますが、書き込みして貸して下さいという方に高い金利で返せと言います。そのときに個人情報を提供していることで、強迫されることがあります。融資してあげるから高い金利でキャッシングを。返さないと脅すと言います。これが、女性相手では、肉体関係を迫るひととき融資もあります。

また、お金を貸すからと最初に手数料を徴収。その手数料を振込したときに、そのまま貸金もせずに逃げてしまう。こちらは詐欺です。これもヤミ金の手法です。

昨年こうした手数料の詐欺で逮捕者がでましたが、彼女はなんと19歳であり、200人以上からの手数料徴収していたと言います。逮捕は貸金業法違反です。これらは、全てヤミ金になります。


文字に書くとわかりやすい

個人間融資とヤミ金ですが、書き込みでは個人名での騙す内容です。しかし、掲示板でお金貸しますという行為そのものがヤミ金になります。

消費者金融にしても甘い街金でも届け出をしている金融業者になります。正規の金融業者では掲示板の営業ができないので、全て違反です。会社で貸金業を違反で行っていると逮捕されることになります。

個人間融資そのものがヤミ金という言い方もあります。法律的には、掲示板サイトでのキャッシングそのものが禁止です。

ヤミ金で借りたい

ところが、個人間融資にしても、ヤミ金、ソフトヤミ金では、借りたい人がいるのは確かです。

しかも、個人信用情報機関では金融事故があり、普通に申し込みができない人たちです。高い金利だからいいや。個人が相手だときちんと交渉してキャッシングができるかも?と思ってしまう場合もあります。

裏社会のヤクザや反社会的勢力の人たちが資金調達の手段です。資金調達は全て反社会的勢力のためのものです。と聞くと、個人間融資の利用はやめようと思ってほしいのですが。全てヤミ金に借入であり、ブラックリストで借入ができないときには、債務が多いときには債務整理しかないということです。

もし、個人間融資の利用してしまった。自分がヤミ金で借入したことに気がついたとしたら、すぐにヤミ金対応の弁護士や司法書士に相談されることです。きちんと指示を受けて行動することです。

ヤミ金はやっばり悪

ヤミ金のことは擁護できない存在です。その多くはサラ金業者だった方も多いです。審査もなくというのは、個人信用情報機関の確認をしないだけです。

審査について

消費者金融などできちんと個人信用情報機関、申込内容で考慮したいのは、きちんと返してもらえるか?です。

甘い審査の中小消費者金融では、返済能力があればブラックリストでも借りれるとされています。ところが、ヤミ金に関しては、完済ができるということは確認しなくても良いのです。金利も適当ですし、勝手に高い金利設定です。返せないとしたら、強迫して無理やり回収するだけです。

審査がない点では、ヤミ金ではこうしたいい加減な対応で、個人信用情報機関の確認ができないだけではなく、そんなものは関係ないからです。

元サラ金だから

案外と営業口調がサラサラとしている場合があります。

ヤミ金はヤクザが行っていて怖いというイメージですが、普通に女性が対応することがあります。10万円の貸付だと1週間で30%の金利です。もし返済できないと毎日30%の遅延損害金が加わります。

それで契約いたしますか?普通に説明されるのですが、その内容が驚くべき内容です。サラ金のときには、1ヶ月で30%なんて当たり前の金利でしたが、現在は20%以下です。そんな儲けがない商売はやってられないとサラ金からヤミ金に転身している場合もあります。

インターネットでの宣伝していない場合もありますが、1週間で30%という金利は馬鹿げた内容です。現在の相場となっていますが、どんなヤミ金でも高い金利であることはいわれていることです。

審査落ちでヤミ金に

絶対に行ってはならないことです。消費者金融の審査というのは、返せない方が落ちます。その時点で自身が借りられない身分であることは確認して下さい。消費者金融、キャッシングだけでもできることではないという時代です。

そこで、ヤミ金で適当に借りたいと言うのは、ヤミ金のことを知らない人たちです。情報では、ヤミ金に関しては善はゼロだとされています。法律を逸脱したキャッシングという部分だけではなく、個人情報を他のヤミ金に売買契約しているなどの情報もあります。

ヤミ金に縁してしまうのは、ブラックリストの自発的な行動になりますが、自己責任ということです。

ヤミ金に関しては

わかっています。ヤミ金は怖いとか、ダメということも。それでもどうしてもブラックリストでは、コソコソと数万円を借りたいと思う方もいます。

そこでスペック紹介のソフトヤミ金が良いとの口コミもあります。どうしてもお金がほしいというブラックリストでヤミ金に行くという事実があるのは現状です。

どうにかして、ヤミ金に行かない強い意思がほしいところです。頑張れ、ブラックリスト。借りるのではなく、債務整理をしよう。