ここは警察の出番でしょう?

ヤミ金は、もともと違法とされる貸金をしています。それを潰すということは、どんなことが出来るでしょうか?

摘発がベスト?

警察にこんなことで悪質な貸金をしていますと報告。その時には、人の噂だけどとか、おかしなホームページがあるということでは潰すことはできません。

最近、個人間融資をしていた方で逮捕者が出ています。ひととき融資では、お金を貸してほしいという女性に肉体関係を求めることです。また、Twitterでお金を貸します。その時に手数料として、2,000円ほど振込して下さい。2,000円振込したときに、その後の連続を絶ち2,000円を騙し取るという方法です。

このような個人間融資では逮捕されたのですが、この方たちの逮捕容疑は貸金業法違反でした。

わいせつ罪や詐欺罪じゃないの?

もともと貸金しますと違法な書き込みをしたことが原因です。

個人間融資とヤミ金の関係では、違法なキャッシングそのものがヤミ金です。ウシジマくんのような人たちだけがヤミ金なのではなく、こうした違法性が高い場合は、全てヤミ金になります。

要するに、この方たちは個人で勝手に個人間融資で貸金すると言って、違法貸金以外の罪も重ねたということです。

被害届が効力を発揮

要するに、個人間融資等、ヤミ金ホームページ等では貸金も違法な金利だけど、その他このような嫌な目に遭いましたということの被害届を出すことができます。この逮捕では、二度とヤミ金行為はしないでしょう。

よくヤミ金では、警察に届け出したとしても解決しないと言います。それが、実はヤミ金の言うなりの場合もありますが、一応個人間融資でもヤミ金サイトでも高い金利で請求を受けました。その際の携帯電話の履歴やサイト等を照会して下さい。

弁護士に相談するのも良いことですが、警察への被害届けも対応できます。

ひととき融資、詐欺は即届け出を

特にひととき融資では、心身共に傷つくことです。行為そのものだけではなく、ホテルに連れ込まれそうになったという場合でも被害届を出して下さい。そのことがきっかけでのヤミ金潰しができます。

また、詐欺でこうした個人間融資掲示板の書込みでこんなことを言われました。こんな詐欺に遭いましたという事実だけでも良いです。

被害届けとしては、最高のものであり、相談者が提出する被害届をきっかけにして、ヤミ金潰しが可能になります。逮捕というのが最大のきっかけであり、二度とヤミ金はしないという場合になるでしょう。

そうであってほしいのですが、現在もひととき融資、詐欺融資などは数が減っていないようです。黙っていようということなく、絶対に被害届は出してほしい。それがヤミ金潰しに繋がります。

ヤミ金口座をぶっ潰す

ヤミ金利用が、インターネット上であることが多いでしょう。

そこで、実際のお金のやり取りが口座振込になることが多いです。その時に、口座が大きなポイントになります。

自分がヤミ金と取引をしている

このことはとても怖い事実です。

銀行では、反社会的勢力、ヤミ金関係の方の口座開設ができないことになっています。それなのに、ヤミ金の口座振込とはどういうことなのでしょう?

ヤミ金は口座開設ができない。国内の金融機関の取引ができないはずです。ということで、私はヤミ金とこんな取引をしていますということを金融機関、警察に届け出ることです。

すでに犯罪に使用されている場合

このヤミ金の使っている口座では、金融機関が丹念に調べます。すでに犯罪に使用されている場合では、すぐに凍結した上で、多額の残高があるときには犯罪被害に遭っているときには、分配金が発生することがあります。被害届を出してありがとうということになります。

ヤミ金からの口座の取引があるときには、全て被害届を確認することで、ヤミ金の口座を潰すことができます。

逆恨みもある

このときに、ヤミ金に申し込みしたときには、取引口座で取引をします。事前に個人情報等を伝えていて、この警察や銀行口座凍結の事実で怒り狂うことになります。

逆恨みもありますし、嫌がらせ等もあるでしょう。それはとても不安なことですが、弁護士や司法書士に相談ができます。

実はヤミ金の借り入れをしてしまった。いろいろと嫌がらせをされているだけではなく、ヤミ金そのものが怖くなってきた。それだけでも良いのですが、警察の被害届け、銀行口座凍結までも依頼ができます。

そして、一番怖いのが逆恨み等がありますが、それも弁護士や司法書士、警察等が介入することで解決ができます。逆恨みは大変な内容ですが、とにかくこれからのヤミ金対応は全て解消ということが第一の目的です。弁護士等もここまでの対応ができます。

あなたの口座も毒される

ヤミ金では、美味しい話しとして、あなたの口座を高く買うと言われることがあります。これは、絶対にやってはならないことですが、最近ではホームページでの口座買取のサイトもあります。

この口座は、譲渡は禁止されています。それをしたことが分かれば、あなたも金融機関の利用ができなくなってしまうことになります。この事実は恐ろしいことです。

そのことも弁護士等に相談ができますが、どこまでの信用回復できるかが問題です。相手がヤミ金であり、騙されたとのことですが、完全なヤミ金潰しに自身の信用復活等も全て弁護士等に依頼ができます。ヤミ金と銀行口座というのはとても深い関係です。

ヤミ金を検挙してほしい

ヤミ金を潰すことの最終目的は、摘発や検挙です。要するに、営業停止に追い込むことになります。

ヤミ金は、必ずしも会社ではなく、一個人の場合もあります。個人であれば比較的簡単そうですが、会社単位であっても、潰すことは可能です。

こんなひどい借金

ヤミ金とは違法なキャッシングを言います。

消費者金融の審査に通らない。債務整理してしまった、すぐに借りたいけれど審査落ち。だから、審査がないヤミ金から借りた。

そうしたら高すぎる金利で困った、しかも取り立ても厳しすぎる、助けて。または、女性ではひととき融資で肉体関係を強要された。そんなことの証拠、ひどいキャッシングをしているという事実、証拠を集めることです。

その時に返せないと言ったときに取り立てなども全て記録していて、警察に被害届けを出すための証拠を収集します。

警察に行くときには

証拠の中には、携帯電話の音声録音。取引口座の記録だけではなく、こうしたヤミ金が携帯電話を持っていることも訴えることができます。

ヤミ金、ソフトヤミ金、まがいもの貸金業者では、携帯電話も銀行口座も持つことができません。なぜなら、ヤミ金そのものが犯罪になります。自分は犯罪の被害者であることを訴えることで、ヤミ金を一網打尽にすることができます。

弁護士、司法書士に相談

弁護士などに言った場合では、どうした内容になるのでしょうか?このときには、こうしたヤミ金からの借り入れで困っているとの時点からの相談ができます。

法律家では、もっと専門的なヤミ金の潰し方を知っています。今度はこんな資料をとか、アドバイスをもらうことができます。そして、法律家としては相談者を100%守ってくれることになります。

多重債務者、自己破産者などでキャッシングができなくて、ヤミ金で無理やりな返済の被害に遭っている。そのことの解決とともに、直接ヤミ金との対決もしてくれることになります。

本当に弁護士、司法書士の依頼をすることで、ヤミ金を潰すこと、営業ができなくなります。少なくとも、自分が被害になっていることがなくなることです。

ヤミ金の借り入れしたことは返済義務がないことが言われています。ただし、これは机上の空論の場合があります。

折り合いもあり

弁護士などでは、最小限度の被害としてヤミ金との交渉があります。ヤミ金潰しでは、警察に行くことで実現します。

ただし、弁護士などでは、内容によっては警察に行く前で解決してしまうことがあります。それだけでも良いとされる場合がありますが、徹底的に潰すのであれば、警察まで行くことが必要です。最終的には検挙、逮捕になります。

警察を上手に使うこと

ヤミ金を潰すことができるのは警察動員が不可欠です。

一番嫌がるのが、ヤミ金が高い金利でお金を引き出すことができないこと。それは、違法な貸金ができなくなってしまうことです。

警察に行ってもダメじゃない?

警察では被害届が出ることが動くことになります。しかし、ヤミ金からの嫌がらせや日常生活ができないということであれば、何かしらの対応をしてくれます。

ヤミ金からの取り立てや迷惑行為を警察に訴えるのは、生活経済課に行くことになります。近所の交番でも良いのですが、その時に大切なことがあります。それは、ヤミ金からお金を借りて困っているだけではなく、こんな被害に遭ったということを報告することです。

単に高い金利の取り立てがあるだけではなく、24時間電話がかかってくる。勤務先への迷惑行為、脅迫、器物損壊などの事実を話すことになります。これでわかるように、ヤミ金からこんなことをされて困っているということを訴えることが必要です。

単にヤミ金から借り入れしてしまい、借金相談をしたい程度では警察動員は困難になります。

借金相談だけの場合

これは、弁護士、司法書士などの弁護士事務所、法律事務所になります。

ヤミ金対応であれば、借金の内容ではすでに多重債務者のことなどの話しもできます。多分債務整理を勧められることになりますが、それがブラックリスト対応としては正しいことです。その上で、ヤミ金対策も行うことになります。

弁護士や警察が動くことは、ヤミ金が最も恐ろしい、嫌なことです。面倒な奴がやってきたという内容です。

罪としては貸金業違反

違法金利の取り立てだけで警察の指導が入ります。被害があることで、やっと警察が動く事になっています。それで、どうしても困った事態になっていることで警察に被害届けでは、ヤミ金を潰すことができるでしょう。不安なら、弁護士などに相談をすることで、警察に行くことも可能です。

2019年もヤミ金での逮捕者が出ています。気になるのが、逮捕者では会社単位ではなく、個人が多いです。ヤミ金としては高い金利の上で、ひととき融資、詐欺などで警察が動き、二度と貸金ができないようになっています。

最近のヤミ金では会社組織ではなく、実は個人で普通に個人間融資でのキャッシングをしている人もいます。おかしなことがあれば、電話の会話を録音したり、自分が借りた返済した証拠を収集して、警察に行きましょう。

少なくとも、高い金利の部分は法律で決められている以上の返済も必要ない。もっと言うと、ヤミ金そのものの借金は全く返済しなくても良いとの報告もあります。

では、ヤミ金から借りて、全く返さないというのもありなのでしょうか?

ヤミ金潰しは難しい?

警察に被害届で取り立てなどが止まる。これでヤミ金を潰すことができるとも言いますが、被害が明らかな犯罪であることが必要です。高い金利で取り立てが凄い場合でもすぐに逮捕につながることが必要です。

被害とは?

身体的なことでしょう。取り立て電話が24時間続くことで困っているという場合は、警察は動かないでしょう。器物損壊だったり、誘拐まがいなこと、傷害罪などの事実が必要です。

暴力行為がある、ひととき融資などでは身体的な危害もありますが、すべて証拠が必要になります。その上で、金利が高いことでの電話の録音などがあれば、警察を動かすことができます。

ヤミ金は潰されるもの?

当然でしょう。貸金してはならないのに、高い金利設定。それだけではなく、違法な借り入れでは金利だけではなく、個人情報の拡散していくとか、嫌がらせをするなどでは、人間としても最低の行為になります。ブラックリストで困っている人に高い金利はとんでもないということでは、ヤミ金はやはり悪です。

ところが、です。ヤミ金の中では、多重債務者に対して、審査は適当でほんの少し高い金利でキャッシングをしている。任意整理、自己破産していることはわかっているけれど、甘い言葉で、そんなに取り立てが激しくないヤミ金も存在しています。

そんなヤミ金であれば、ブラックリストも借りたいという場合もあり、ヤミ金があって良かったとの口コミもあります。こうした人達が存在していることでは、ヤミ金がなんとなく必要という現状もあります。

ブラックリストであり、中小消費者金融で借り入れができないと、債務整理が妥当です。ところが、それをしないでソフトヤミ金などでは、普通にキャッシングができている場合があります。こちらも完全に違法ですが、ヤミ金に借りる人たちが存在している限り、潰されないことになります。

世の中にはびこるヤミ金ですが、日々借りに行く方がいる限りなくならない。きちんと返済する人には、どんどんと請求をしていく。いたちごっこといえるのですが、高い金利だけではなく、その他犯罪などがあるときには、進んで警察に被害届などを出していくべきです。

悪質業者の跋扈だけはどうしても許すことができないのですが、原則的には借りない。ヤミ金利用者が減少していくことが、ヤミ金を潰す最適な方法になります。

そう考えると、中小消費者金融審査落ちでは、債務整理をする。怪しい金融業者からは借りないということが最良ですが、ブラックリストの中にはヤミ金に行ってしまう方がいるということがガンでしょう。