闇金トラブルの解決は、債務整理とは違う

お金を借りたときに、返済ができないときには法律事務所に相談ができます。弁護士や司法書士で債務問題を専門としている場合、返済の調整ができます。

どうして法律関係?

借金は、貸金業法や銀行法の法律に則っています。そこで、返済が正しく行うことができないときには、別の法律にしたがって減額したり調整ができます。それが債務整理になります。すべて法律上のことであり、弁護士や司法書士などの依頼が賢明な選択です。

ところが、最近では闇金についての相談もしている弁護士も存在しています。

闇金キャッシングの解決

ある時、お金を借りていて、とても高い金利だったり、取り立てが異常であり、弁護士などに相談をした。その時に、そこは消費者金融などではなく闇金ですね。申し訳ありませんが、闇金の案件の取り扱いはしていないと断られたとの口コミがあります。

その事務所の公式サイトには、闇金は取り扱いしないと明記がありましたが。法律の専門である弁護士が、闇金トラブルで困っているのに対応しない?これは、現状として闇金の借金問題には手を付けない弁護士や司法書士もいます。

専門分野が違うという言えばそれまでですが、闇金問題は特殊と言えば特殊です。

きちんと確認闇金対応

債務問題を得意とする専門家でも闇金までカバーしているかを確認するのは、申込者の責任になります。

はっきり言って、闇金は法律などを度外視したキャッシングです。問題解決と言っても、弁護士や司法書士でも口戦になります。そこで、最近では闇金最強の弁護士と言えば、多くの闇金解決実績があるところとになります。

債務整理とは違う

闇金のキャッシングの問題解決は、これ以上の取引はしないことです。借りてしまった人は、もう返さないし、闇金からの連絡もしないことを約束するものです。それを弁護士や司法書士などは説得という形で解決をするものです。

おとなしく従わないときには、怒鳴ることもあると言いますが、法律を重視して攻めていくことになるでしょう。具体的な手法は色々ですが、闇金にしてみれば多くの闇金対決している弁護士や司法書士は面倒な存在です。わかったわかった、もう連絡はしないよの言葉で解決になります。

法律外のトラブル

債務整理は、あくまでも正規の金融業者を相手に減額をするものです。法律の範囲内でキャッシングしているのですから、債務整理も法律の範囲内です。不服なときには、対抗もあります。互いに法律を厳守してのことです。

ところが、闇金では全てが法外です。闇金トラブルと言っても、金融関係というよりは、変なイチャモンを付けられるというトラブルになります。長く闇金担当をしている弁護士にとっては多くの情報があり、ああ言えばこう言うというノウハウを使って、闇金の抑え込みに入ることでしょう。

闇金で弁護士相談で最初に行うことと言えば

闇金の問題解決を得意とする弁護士や司法書士は存在しています。消費者金融などではなく、違法な貸金をしている闇金とトラブルになったときには、是非相談してみてください。こうした闇金対応の弁護士などは、闇金にしてみれば厄介な存在になります。

お金の取引ができなくなる

最近の闇金とのお金の貸し借りは、銀行口座を利用することが多いでしょう。自分の口座に振込をしてもらって借りる。返すときには、闇金の指定する口座に振込をする形です。直接手渡しはあまりないでしょう。

一応振込闇金の場合、弁護士などはすぐに口座凍結をします。その手続きをいち早く行うことになります。

どうしてそんなことをする?

銀行口座には何の罪もないと思っている方も多いことでしょう。ところが、現在銀行口座は身元がはっきりと証明できなければ開設ができません。

そこで、闇金行為をしているときは、場合によって金融機関の利用ができない。その危ない人達と取引している自分は同罪と認定されることがあります。そこで、一応闇金との縁切りとして口座凍結の手続きをします。金融機関としても弁護士が登場することで対応は早いです。

口座凍結の効果

できれば、その口座は解約がベストだと言われています。というのも、今回弁護士に闇金解決してもらって、電話番号も変えて、連絡も来なくなった。しかし、口座凍結していないと、また闇金から勝手に振込があり、一方的に返せとの取り立てが開始されることがあります。

闇金と関連したものはすべて変更してしまうというのが選択肢としては必要なことです。弁護士などは闇金解決で最初に行うことになります。

もっと恐ろしいこともある

闇金が指定する銀行口座は、実はまったく関係のない人、闇金が口座買取をした方のものである可能性があります。

先に闇金の中には自ら口座開設ができない人がいると言いました。口座開設ができないのなら、他人のものを使う。その時に買取の形であれば、お金がほしい方にとっては喜んで行うでしょう。この行為も犯罪ですから、その口座を闇金のツールとして使っていること事態、悪いことです。

そして、その口座が犯罪に巻き込まれた場合、振込情報で自分の名前があるときには、ときには金融機関の締め出しを食らうことがあります。単に闇金からの借り入れで返済をしただけですが、犯罪に絡む口座の関係者として犯罪者になってしまうことがあります。

闇金からの入金を締め出す口座凍結と闇金の提示する銀行口座の使用はしない、全て縁を切るということがとても重要なことです。一切の手続きを弁護士は担当してくれるだけではなく、説明を受けることでしょう。

闇金が嫌がる弁護士

ある法律事務所の弁護士では、闇金たちが恐れていると言います。過去にたくさんの闇金が、この弁護士によって商売を邪魔されたと言います。

闇金被害と認識を

国内では、貸金業法などを厳守していないキャッシングはすべて闇金とされています。この闇金では、インターネット上でいかにも誰でも借りれるキャッシングのように宣伝をしています。

どうしてもお金を借りたい。カードローンで審査落ちになってしまうと、少し怖いけれど借りようと申込する方も少なくないです。TwitterやLINEなどでも簡単に借りれる闇金は多いです。そこで言われるのは高い金利です。仕方ないという範囲ではなく、とんでもない高いものです。

それだけでも被害ですが、いつの間にか個人情報を拡散されたり、取り立てに遭うことも。ここで、闇金から借りてしまったことは絶対に後悔してほしい。

弁護士の登場

大方取り立て電話が激しい、勤務先などにも取り立てが来るなどで、憔悴して弁護士などに相談をすることが多いです。こうした事情で申込をしてしまい、この電話番号である。具体的な取り立てなどはこうしたこと。

闇金対応の弁護士には正直に闇金キャッシングの顛末を話してください。そこで、弁護士としては、直接交渉をします。

あんたの営業は違反だよね?

闇金の営業は法律外であり、弁護士などは堂々と闇金に指摘ができます。

実はこの言葉だけでも闇金は嫌がります。警察に突き出すこともできますし、もう二度と闇金ができないようにもできます。様々な開示請求が可能な弁護士や司法書士では、闇金に嫌がる攻撃をします。

話し合いが解決なんて甘いものではない

たいてい闇金対応の弁護士が出てくると、闇金としてはもう何もしないから、電話もしてくるなという態度です。闇金の被害解決では、弁護士が闇金に忠告だったり、あんたらやばいんじゃない?の言葉で解決します。

ここで、いかに闇金の存在がいけないことを確認してください。そして、こうしたことを真っ向から言える弁護士こそ重要なのです。

闇金はいなくならない

闇金の行動としては、お金がほしいと借りてくる。高い金利で脅迫して返済を迫る。電話攻撃だったり、嫌がらせも適当にしていたら、弁護士が出てきた。こんな客は要らないと、他の申込者を待つということです。

闇金対応の弁護士の登場が厄介であり、解決には早道です。弁護士にとってみれば、闇金の存在はゴミみたいなものでしょう。闇金の嫌がる弁護士とは、多くの闇金解決の実績がある場合です。またあんたかい?という内容で1日で解決してしまうこともあると言います。

闇金申し込みだけでも解決を

闇金から借金をしてしまったときには、返済をしていないときも弁護士などに相談ができます。これは、普通の消費者金融だと思って申込したけれど、後でおかしいと思ったときです。

不本意な闇金利用

最近のキャッシング申込は、サイトの応募フォームを使うことが多いです。消費者金融などでは細かな個人情報も多いですが、闇金も同様です。勤務先はもちろんですが、家族の情報提供もあります。

消費者金融は個人情報保護をしていますが、闇金はザルです。この応募フォームの入力後、様々な闇金からの勧誘が来ます。ですから、間違って闇金の応募フォームに入力してしまったときには大変なことになります。

相談と言っても

こうしたトラブルSOSでは消費生活センターなども有効ですが、とにかくすぐに解決したいときには、弁護士や司法書士が有効です。しかも、闇金対応の場合です。申込だけしている状態ではまだ借りていない場合もあります。

口座番号などの情報があると、振込されてしまうこともありますが、とにかく素早く弁護士などに相談してください。

オタク、闇金だよね?

弁護士が闇金に対しての一言ではこの言葉があります。要するに違法なことをしている指摘ですが、今申込した人は間違えだから、連絡はしないでという解決法です。

そんなことなら、申込者が言えると思うのですが、闇金がビビるのは弁護士などの法律の専門家だからです。適当に言えば良いという存在ではないので、とにかく闇金に申し込みしてしまったと自覚した時点で解決してください。

ときは既に遅し

応募フォームがザルと言いましたが、各闇金ネットワークで知られていることが多いです。

そこで、応募フォームの情報の変えられるものは変える。銀行口座は凍結、電話番号も変える。勤務先には事情を話すなどです。その上弁護士にも話しをしているので、この先闇金との連絡は受けない、無視することに徹底してください。

闇金は、自ら申し込みしてしまうことです。そのことを闇金では責めるのです。あんたから申し込みしてきたのにということですが、違法性が高い闇金であることを弁護士は責めることができます。それが弁護士では嫌がることで、解決法になります。

優良な闇金だから良いというものではなく、1つでも闇金の申し込みしてしまったときには、その事実は消すことが必要です。

怖い闇金

被害としては最近では暴力などは少なくなったといいます。

陰湿な嫌がらせや取り立てなどがありますが高い金利の返済は不要です。最初から間違った申し込みですが、闇金そのものも間違った存在になります。

利用しないことが第一ですが、どうしても故意に申し込みしてしまう、間違って申し込みしてしまう事例があります。

闇金解決の弁護士の存在はありがたい

闇金の情報は口コミなどでもあります。

確かに借りてはならないところであり、被害報告も悲惨です。高い金利だけではなく、取り立ての電話などでは大変なことになります。

しかし、ある弁護士がこう言いました。それでも借りてしまう人がいるんだよね。

闇金からの借金

やってはならない。法律外の借り入れであり、とてつもない高い金利になります。

消費者金融のような金融業者ではなく、単なる恐喝屋です。反社会的勢力の資金源となっている場合もあります。しかし、どんなブラックリストでも借り入れができます。

彼らは信用情報を確認することができないので、申込者が言った事実だけでの振込をしてきます。そして、これだけのお金を貸してやるのだからと高い金利の返済を迫ってきます。

しかも、取り立て電話では24時間対応というものです。ただし、かれらは違法行為であることを自覚していて、申込者に対しては脅しをかけるとおとなしく返済をすると思って攻撃をしてきます。

ですから、ここで最強弁護士

こうした闇金の問題解決では、闇金対応の弁護士が出てくると、闇金たちは退散します。

闇金の目的は、元金少しで多くの返済金額を巻き上げることです。申込者の目的は、ブラックリストで消費者金融などの借り入れができないけれど、闇金でコソコソと借りて、ほそぼそと返済できれば良いということ。

両者の心は違うのですが、ここで闇金の請求を断絶できる弁護士がいれば、この取引は解消します。

違法行為だよ、闇金

闇金に対してはこの一言です。文句あるのならでるところに出る?弁護士にしてみれば雑作ないことですが、闇金はこうしたことは嫌がります。

そして、申込者に対しては、契約したのに違反したというのですが、法律で違反ということでは、闇金はこれ以上何も言わないでしょう。話し合いというものではないのですが、闇金に関しては法律を出すことですべてが解決してしまいます。

闇金にはいかないこと

わかっていることとは言え、ブラックリストになって、まだ借りたいというときでも闇金にはいかないことです、

ちなみに、闇金解決では1件50,000円程度かかります。そのお金が惜しいからと闇金に高い返済をしている方もいます。そして仕方ないというのですが、ブラックリストになったのなら、この解決が必要だと思うのですが、闇金のいい加減なキャッシング、現金を差し出すことが良いとしてしまう方もいます。

ある弁護士の話し

一度闇金に手を出してしまうと二度と闇金とは関わらないという人は多いです。

しかし、中には、ブラックリストになった時に、闇金の誘惑にまけてしまう人もいると言います。ですから、闇金そのものがなくならないということでしょう。